オビスポ劇場で伝統の一戦最終戦勝利

プロ野球も大詰め。
今季最後の伝統の一戦、巨人vs阪神戦を東京ドームにて観戦して来ました。

今カードはタイガースの2連勝で、既に5カード連続の勝ち越しを決めて、対戦成績もタイガースが1勝リード。
タイガースが3タテするか、ジャイアンツが一矢報いて、対戦成績を五分に戻すとともに、優勝マジックを1ケタの9に減らせるか?
画像

先発はジャイアンツ・オビスポ、タイガース・久保の両投手。
ヒジを痛めたグライシンガー投手に代わって1軍昇格したオビスポ投手は約2ヶ月ぶり、タイガースは、マリーンズから移籍した久保投手でしたが、マリンスタジアムで投げる久保投手を観た事があるだけに、タイガースのユニには、今でも違和感を感じる。

球場入りしたのは、3回表のタイガースの攻撃中。
その時点で、スコアはジャイアンツが2-0でリードしていましたが、オビスポ投手がタイガース打線に捕まり、押し出しと犠牲フライで同点にされて、またしても苦しい展開に。

同点に追いつかれたジャイアンツは、その裏に4番・ラミレス選手が右中間スタンドに飛び込むホームランで再び勝ち越し。
6回にも谷選手のホームランが飛び出して2点のリード。

ジャイアンツの先発・オビスポ投手は、6回には1イニング4奪三振の珍記録を作るなど、力のあるストレート主体の投球で好調のタイガース打線を7回を投げて4安打2失点7奪三振の好投。
8回は山口、9回はクルーンと万全の継投で2点のリードを守って試合終了。
画像

今シーズンの伝統の一戦最終戦はジャイアンツが4-2でタイガースに勝利して、対戦成績は11勝11敗2分けで終了。
前半はジャイアンツが圧倒していましたが、終わってみたらタイガースが5カード連続勝ち越しを決めて、通算対戦成績はタイ。
首位チームとの対戦が終了した事で、タイガースがCS争いに有利に立ったような気もします。

久しぶりに1軍マウンドに立ったオビスポ投手でしたが、久しぶりとは思えないような安定した投球内容。
タイガースとしては先発としては初対戦となる相手でしたが、やはり対戦経験が少ない分、やりにくい投手だったかと思います。

それにしても、平日ながら伝統の一戦だというのに、随分と空席がアチコチに見られましたね。
観客数も4万人ちょっと。
昨年の今頃の両チームの盛り上がりを考えると、ちょっと寂しく映った光景でした。
画像

伝統の一戦最終戦に勝利して、優勝へのマジックを9に減らしたジャイアンツ。
そろそろ優勝を意識する数字になりましたが、昨年の事もあるので、最後まで何が起こるかはわかりません。
CSの事を考えると、ダントツVよりは競り合ってに優勝の方が面白いのですがね(汗)