映画「HACHI 約束の犬」

映画「HACHI 約束の犬」を鑑賞しました。

この映画は、渋谷駅で毎日仕事帰りの主人を迎え、亡くなってからも待ち続けるハチという名の実在した犬の物語を舞台を日本からアメリカに移し映画化へ。
一人の大学教授と彼に育てられた飼い犬の心温まる愛ときずなを描く作品。

ストーリーは、アメリカ郊外のベッドリッジ駅。
寒い冬の夜に、迷い犬になった秋田犬の子犬を保護したパーカー・ウィルソン教授(リチャード・ギア)は、妻ケイト(ジョーン・アレン)の反対を押し切って子犬を飼うことに。
首輪のタグに刻まれていた漢字から、ハチと名づけられた子犬は、パーカーの愛情を受けてすくすくと成長していく。

日本の作品をハリウッド版としてリメイクした作品という事で、鑑賞前は、変にハリウッドに染まっていなければいいのだがという気持ちだったのですが、環境がアメリカに変わっただけで、基本的には日本と同じ。
ハチと大学教授が出会ってから、かけがえのない時間を過ごす部分と、教授が亡くなってからハチが毎日駅で待っている部分も、うまくリメイクされていました。
アメリカは車社会なので、駅で待っていると言うのは、あまり想像できないのですが、アメリカでも電車で通勤通学している人はいるんですね(汗)

何で山梨県のお寺から、空輸でアメリカまで運ばれたのかが、未だによくわからないのですが、まさにハチとパーカーは「一期一会」の出会いだったと言えます。
そのパーカーを演じたのが、リチャード・ギア。
随分と歳をとった印象を受けましたが、父親としても大学教授としても、そして飼い犬にご主人としてもハマリ役だったと思います。

ハチ目線で捕らえたカメラワークも良かったですね。
あくまで主役はハチですから(笑)

ただ、上映時間が短かったのが残念。
後半はちょっと端折ったかのように駆け足で進んでしまった感もあったし、もう少しハチとパーカーの貴重な時間を割いても良かったような気がしました。

それでも、わかりやすい内容で、絆の強さが伝わったし、たとえ離れ離れになっても絆は永遠である事を伝えてくれる内容の作品でした。
最後に本物のハチ公と渋谷駅のハチ公像を取り上げたのも粋な演出だったと思います。
でも、フジテレビの開局50周年記念って事は、この映画は邦画にあたるのでしょうか?


ユーザレビュー:
これは、泣けない人は ...
やっぱりやっぱり泣い ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ