映画「ハリー・ポッターと謎のプリンス」

話題の映画「ハリー・ポッターと謎のプリンス」を鑑賞しました。

この映画は、世界的ベストセラー小説「ハリー・ポッター」シリーズの映画版の第6シリーズ。
主人公ハリー・ポッターと仲間たちが、邪悪なヴォルデモート卿との最終決戦に向け、彼の弱点や過去を探る。
最終章に向けて続々と明らかになる謎や新たな展開に注目すべき作品。

ストーリーは、ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)の支配力が強大になっていくなか、ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)とダンブルドア校長(マイケル・ガンボン)は、ヴォルデモートの防御を解く手がかりを探るため、極めて重要な情報を握っているダンブルドアの旧友で元同僚ホラス・スラグホーン(ジム・ブロードベント)を学校に迎え入れる。

前作の「不死鳥の騎士団」から2年。
公開延期などもありましたが、ようやく最新作を鑑賞する事が出来ました。
昨晩、地上波で放送されていた前作を観てから、今日、劇場鑑賞をしたわけですが、ハリー・ポッターも魔法学校の仲間達も2年前と、あまり変わっていなかったですね。
もう、成長が止まったのかな?

いきなり橋げたが崩落したシーンから始まったのには、思わず呆気に取られてしまったが、その後も予想外の連続。
お年頃ならではの恋愛話なども登場し、明るい話題もあれば、ハリーにとってはショックとも言える残酷な話題も出て来て、一瞬足りとも見逃せない展開ばかりでした。
特に、ハリーの友人でもあるロン・ウィズリー(ルパート・グリント)のデレデレぶりが凄かったですね。
薬の効果だけでなかったのでは?

ストーリーの詳細は、劇場で鑑賞する事をお薦めしますが、今回のクライマックスシーンと言ったら、やはり、ハリーにとって、かけがえのない人が死んでしまうシーンでしょう。
しかし、本当に死んだのかなと疑問にも思いました。
魔法を使って、何とか生き延びたって事はないのでしょうか?

それとサブタイトルにもなっている「謎のプリンス」って、どこが謎のプリンスだったのかが謎です(爆)
何かとありえないシーンも登場しましたが、全体的には、やはり見応えのある映画に仕上がっていました。
私自身、原作は未読なのですが、原作を読んだ人には、今回の映画をどのように感じたのでしょうか?
勿論、人それぞれでしょうがw

第6シリーズが公開し、残るは完結編と言われている「死の秘宝」。
次回作は、何でも二部に分けられるようです。
その分け方も2010年と2011年の中1年(だったかな?)
こちらも、どのような内容に仕上がるのか、今から待ち遠しいです。


ユーザレビュー:
まあまあ見ての通り二 ...
全7巻中の最高作品タ ...
ハリーの勇気と知性こ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ