市長選の日にさいたまダービー

Jリーグ第12節。
2位・浦和レッズは、アウェー・埼玉スタジアムにて大宮アルディージャとの「さいたまダービー」。(あくまでアウェー)

今日は、さいたま市長選の投票日なのですが、その中でダービーマッチ(爆)
自分は都合が悪く、今日の試合は不参戦。
さいたまダービーと言っても、鹿島戦や川崎戦に比べると個人的なモチベーションは落ちるのですが、それでもダービーで負けたくはないですね。

山田直輝選手が累積で出場停止。
ポンテ、田中達也と故障で欠く中で、山田直輝の出場停止は痛いですね。
FWはエジミウソン、高原の2TOP。

試合は前半に大宮アルディージャに、不運な形で先制ゴールを奪われる。
1点を追いかける立場に立ったレッズは大黒柱の闘莉王選手が負傷退場してしまうが、前半35分に細貝選手がミドルシュートを決めて同点に追いついて、1-1のタイスコアで後半へ折り返し。

後半になるとお互いに決め手を欠き、両チームとも勝ち越し点を奪えないまま1-1で試合終了。
大宮ホームのさいたまダービーは、1-1の引き分けで終わり、ともに勝ち点1を分け合う形。
首位・鹿島アントラーズがガンバ大阪に勝った関係で、首位・鹿島と2位・浦和の勝ち点差は「4」。
鹿島が1試合少ない事を考えると実質の勝ち点差は「7」。
鹿の尻尾が遠のいていきます(><)

試合内容は、よく観ていないので何とも言えないのですが、鹿島がガンバに勝っていた事を考えると、やはり勝ってほしかったです。
ポンテ、達也、直輝と攻撃的な選手を故障や累積で欠き、闘莉王まで負傷退場。
スタメンで起用された高原選手もいい所がなかったようだし、エジだってマークもきつくなっているしで、GWまでの快進撃も足踏み状態。
埼スタで3試合勝ち星なしも辛いです。

一方で明るい話題もあり、林選手がリーグ戦初出場。
出場時間は短いながらも、林選手にとっては貴重な体験になった筈。
補強をしないで臨んだシーズンなので、今シーズンいっぱいは補強をしないつもりでしょう。
そういう時こそ、直輝や原口に続く若手の台頭で戦力を底上げしていければ、チーム力も自ずと上がっていけるでしょう。

W杯最終予選が始まる関係で、リーグ戦は今節で中断。
その間、ナビスコ杯の予選リーグが3試合組まれていますが、レッズから代表に多くの選手を送り出す関係で厳しい戦いは必至。

週末には埼玉スタジアムでアルビレックス新潟との対戦が控えていますが、向こうで代表に選ばれたのは矢野選手一人なので、ほぼベストメンバーで挑んでくるでしょう。
残り試合が全てホームゲームなのがラッキーな部分。
何とかグループ2位以内を確保して決勝トーナメント進出してほしいですよ。

追伸
ドイツのブンデスリーガの優勝チームがボルフスブルクに決定しました。
元浦和の長谷部選手も先制点に絡む活躍で、優勝に大きく貢献!
おめでとう長谷部!


大宮アルディージャの反逆
出版芸術社
川本 梅花
ユーザレビュー:
大宮の本が出来ただけ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ