映画「鴨川ホルモー」

映画「鴨川ホルモー」を鑑賞。

この映画は、万城目学の同名ベストセラーを映画化した青春コメディー。
京都大学生の主人公がたまたま入部したサークルで「ホルモー」なる謎の競技に出会い、京都の大学との間で対抗戦を繰り広げられ、陰陽道に代表される、京都ならではの独特な雰囲気をオール京都ロケと、最先端VFXで映像化したビジュアルも見どころの作品。

ストーリーは、二浪の末に念願の京都大学に入学した安倍(山田孝之)は、一目ぼれした早良京子(芦名星)の存在が決め手となり「京大青竜会」というサークルに入部する。
安倍はここをレジャーサークルか何かだと思っていたが、実態は京都に千年伝わる競技、「ホルモー」のサークルだった。
当初はただのリクリエーションサークルと思われた青竜会だったが、やがて安倍たちは、自分達が京都を舞台に鬼や式神を使って争う謎の競技「ホルモー」で戦うために集められたことを知らされる。半信半疑の安倍たちであったが、吉田神社での儀式を終え、自らの目で「オニ」たちを見るに至り、否応なくホルモーの世界に引き込まれることとなる。

原作は未読なので先入観のない状態で鑑賞したのですが、思っていたよりストーリーが面白可笑しく構成されていて、楽しく観る事が出来ました。
一部で脱線した感のある演出もありましたが、VFXを駆使した映像は秀逸で、山田孝之ら出演者達の演技も二重丸。

この映画は、オール京都ロケ。
各所に京都の観光名所が登場し、京都の魅力をも伝わる作品でした。
自分も京都には何回か行った事がありますが、旅行本やTV番組などを見ても、まだ自分の訪れた事のない京都の観光名所があり、同じ観光名所でも四季によって景観も異なり、京都は何回行っても飽きないと思っています。

主演の安倍を演じた山田孝之ですが、先日に鑑賞した「クローズZERO II 」とは正反対の役柄。
性格も正反対であり、それでもコメディーにも充分に対応出来ていて、彼の演技の幅が広い事を認識する事が出来ました。

その他でも安倍達を「京都青竜会」に誘った会長を演じた荒川良々や、安倍と同期の役の栗山千明や濱田岳も光っていました。
栗山千明のコメディーも初めて見るような気がしますが、それを感じさせない程に楠木の役がハマっていました感があり。
織田信長もどきの高村演じる濱田岳も怪しさを存分に醸し出していて最高。
彼が劇中に語った「京都を救ってくれ」のセリフには、思わず吹きそうになりました。
仲間内での争いに、京都全体が巻き込まれているのかとw

この「ホルモー」にはオニ語なる言葉が存在するのだが、そのオニ語の一部を紹介すると以下の通り。
「ぐああいっぎうえぇ」(進め・攻撃の際の基本語)
「ふぎゅいっぱぐぁ」(止まれ)
「くぉんくぉんくぉんくぉん」(走れ走れ)
「バゴンチョリー」(取り囲め)
「ゲロンチョリー」(潰せ)
「ド・ゲロンチョリー」(ぶっ潰せ)
「ブリ・ド・ゲロンチョリー」(マジ、ぶっ潰せ)
「アガベー」(飛びかかれ)

最初は何言ってるかと思いながら観ていましたが、その言葉もストーリーが進むにつれてオニ語にもゼスチャーにも違和感がなくなりました。
出来ることなら、もう少しホルモーの戦いを見せても良かった気がします。

コメディーの中に大学生ならではの青春も交え、楽しむ事が出来た映画でした。
この映画を観て、また京都を訪れたくなりました♪


鴨川ホルモー (角川文庫)
角川グループパブリッシング
万城目 学
ユーザレビュー:
京都という独特の舞台 ...
やはり原作…映画化さ ...
青春は難解でオチもな ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ