山田直輝 A代表初選出

来月に南アフリカW杯の最終予選が再開しますが、日本代表・岡田監督が最終予選を戦うメンバー26人を選出しました。

選ばれたメンバー26人は以下の通り
GK:
楢崎正剛(名古屋)
都築龍太(浦和)
川島永嗣(川崎)

DF:
中澤佑二(横浜FM)
山口智(G大阪)
田中マルクス闘莉王(浦和)
駒野友一(磐田)
今野泰幸(FC東京)
長友佑都(FC東京)
槙野智章(広島)
内田篤人(鹿島)

MF:
中村俊輔(セルティック/スコットランド)
橋本英郎(G大阪)
遠藤保仁(G大阪)
中村憲剛(川崎)
松井大輔(サンテティエンヌ/フランス)
阿部勇樹(浦和)
長谷部誠(ボルフスブルク/ドイツ)
本田圭佑(VVV/オランダ)
香川真司(C大阪)
山田直輝(浦和)

FW:
玉田圭司(名古屋)
大久保嘉人(ボルフスブルク/ドイツ)
矢野貴章(新潟)
岡崎慎司(清水)
興梠慎三(鹿島)

ほとんどがお馴染みの顔ぶれですが、その中で注目したいのがMF・山田直輝選手。
今季から浦和レッズユースから昇格し、フィンケ監督の目に留まり常時スタメンで起用される選手にまでブレーク。
まだ18歳ながらA代表に選出されたのだから、岡田監督からも高く評価されている事でしょう。

浦和からは山田直輝選手の他に、闘莉王、都築、阿部の4名で元浦和の長谷部を入れると5名。
FWの田中達也選手がケガが長引いて代表選出から外されてしまいましたが、リーグ戦復帰の目処も立たないのだから致し方ない所。
坪井選手は代表引退しちゃったし(汗)

一方で鹿島からは内田、興梠の2名って少なくないか?
しかも興梠選手は故障したとか聞いたが(謎)

レッズ的に考えると、直輝が選ばれた事で、ナビスコ予選の戦いが不安に。
ポンテ選手は故障中で、更に都築、闘莉王、阿部とセンターラインの選手が抜けてしまうので、中盤が一気に弱くなりそう。
逆に、こういう時こそ、若い力が台頭するチャンスです。

選ばれたからには直輝も何かを掴んで帰ってきてほしいです。
特にマリノス復帰説が囁かれている中村俊輔選手から何かを学んでもらいたいですね。