韓国にリベンジ! 準決勝はアメリカに決定

WBC第2ラウンド1位決定戦。
昨日、キューバに勝って準決勝進出を決めた日本はグループ1位をかけて韓国との対戦。

これで韓国とは今大会4回目の対戦。
過去3戦は日本の1勝2敗。
既に準決勝進出が決まっているので無理して勝つ必要のない試合なのだが、相手が韓国ともなると勝って決勝ラウンドに向けて弾みをつけておきたい試合。

先発は日本・内海、韓国・チャン・ウォンサムの両左腕。
WBC初登板の内海投手が、韓国相手にどこまで自分の投球が出来るかがカギ。
打順もキューバ戦といじり、4番にDHで城島選手、スタメン捕手に阿部選手を起用。

内海投手の不安定な立ち上がりを韓国に捕らえて、いきなり先制点を奪われる展開。
しかし、2回表に日本が5番・内川選手のホームランですぐに同点に追いつき、更に9番・片岡選手のラッキーなポテンヒットであっさり逆転。

1点リードした日本は、3回途中で内海投手から、同じくWBC初登板の小松投手にスイッチ。
小松投手はWBC初登板ながら韓国打線相手に好投。
6回途中で田中投手にマウンドを譲ったが、準決勝以降に使える目処が立つ好投でした。

投手陣が踏ん張っている間に、追加点を奪いたい日本だが、あと1本が出ず、7回表には無死一、二塁のチャンスを併殺で潰す嫌な展開。
その嫌なムードを引きずったかのように7回裏に韓国にホームランで同点に追いつかれる。
追いつかれた後に、守備が乱れて韓国へ流れが傾くが山口ー涌井の継投策で逆転を許さずに、試合は後半へ。

再びリードを奪いたい日本は、8回表に先頭の青木選手がバントヒット。
4番・城島選手の代打・稲葉選手がライト前ヒットを放ち、無死一、三塁の勝ち越しのチャンスに、内川選手の代打で小笠原選手を起用。

日本の代打策に韓国も左腕の金広鉉投手を投入。
過去、金広鉉に2打席2三振の小笠原選手が、2ストライクと追い込まれながらも内野の頭上を超えるヒットで勝ち越し。
更に岩村選手の2点タイムリーが出て、一気に3点リード。
9回にも1点を取った日本は、8回・馬原、9回・藤川の必勝リレーで韓国に6-3で勝利♪
一昨日のリベンジを果たしました。

これで日本のグループ1位が決定!
準決勝の対戦相手は主催国のアメリカです。

既に準決勝進出を決めているとは言え、相手は韓国。
このまま負けっぱなしでは終われません。
一昨日の試合で受けた屈辱を見事に晴らしてくれました。

WBC初登板の内海、小松両投手の投球に注目していたのですが、内海投手は変化球に抜け球が多く本来の出来ではなかったですね。
3回に相手の頭に死球を与えた時なんてやばいなと思っていたし・・・。

逆に小松投手はナイスピッチング。
ストレート、変化球とも制球が良く、実戦から遠ざかっていたとは思えないマウンドさばき。
正反対の出来でしたが、内海投手も随所にいいボールを投げていたし、二人とも準決勝以降の試合でも使える目処が立ったと思います。

8回の4番と5番に代打を送ったのには驚きましたが、代打で起用された二人とも結果を出してくれた事で、チームの結束力が準決勝へ向けて高まった筈。
北京五輪とは比べ物にならない日本のチーム状態の良さを感じます。

ただ、試合中に故障で村田選手を欠いたのは痛い。
調子も悪くなく、チームでも数少ない長距離砲なだけに、準決勝以降の打順や守備位置にも大きく影響しそうです。
緊急招集で栗原選手をロサンゼルスへ呼ぶようですが、この時期の召集だと戦力としてアテになるかどうかは未知数。
これまで故障者を出していなかっただけに、やはり海外での連戦は体に堪えるものなのでしょうか?

準決勝の相手はアメリカに決定。
日本時間の23日朝に試合が行われるようです。
日程面を考えると、2位通過の方が良かったような気がする・・・。

アメリカもギリギリの状態で勝ち残ったとは言えホスト国。
球場は完全アウェーのムードに包まれるでしょうし、前回大会のように審判まで敵に回して戦う事になるかもしれません(汗)
アメリカ戦の先発は、おそらく松坂投手。
今や「世界の敵」とも言えるアメリカ相手にスカッとする試合を見せてほしいです。