サムライジャパン ロス切符獲得! 

WBC第2ラウンド。
昨日、韓国に敗れた日本は、敗者復活戦にてキューバと再戦。

勝てばロサンゼルスで行われる準決勝へコマを進める大事な試合。
負ければ、そこで終わりなだけに、サムライジャパンには何としても勝ってほしいし、夢を見させてほしい(笑)

先発は日本・岩隈、キューバ・ラソの両投手。
東京での韓国戦で好投し、第2R初戦のキューバ戦でも1イニングながら、いい投球をした岩隈投手。
松坂投手に続く事が出来るか?

悪天候の中で行われた試合は、序盤は投手戦の展開。
両投手ともに危なげのない投球で投手戦の様相。

両チーム無得点で迎えた4回表。
日本は青木、稲葉両選手の連打でニ、三塁のチャンスを掴んで、6番・小笠原選手のセンターへの大きな飛球をキューバのセンターが落球して、日本がラッキーな形で2点を先制。
靄がかかっていたとはいえ、小笠原選手の打球も思ったより伸びがありましたね。
最初は何でもないセンターフライかと思っていたけど、相手センターが必死に背走していましたから。
何はともあれ日本にとっては幸運で、キューバにとっては悪夢の展開w

5回にも青木選手のタイムリーでリードを3点に広げる。
イチロー選手のバント失敗を挽回する青木のタイムリー。
やはり日本はチーム一丸となって戦わないと(爆)

先発・岩隈投手は、終始落ち着いた投球。
低めに球を集め、キューバ打線の早打ちにも助けられる省エネ投球でキューバ打線を無得点に抑える好投。
岩隈は6回を投げて5安打無失点。
投球数も69球と理想の内容で先発の役割を果たす。

日本は、7回と9回にも1点ずつ取って、リードを5点に広げて、7回から登板した2番手・杉内投手も3イニングをパーフェクトに抑える危なげない投球。
準決勝進出を決める大事な一戦は、日本が5-0でキューバに完勝し準決勝進出が決定。
明日の1位決定戦で、再び韓国と対戦します。(もういいよ・・・)

負けたら終戦と言うプレッシャーのかかる試合で、自分達の野球を見せて準決勝進出を決めたサムライジャパン。
青木選手が「技術より気持ち」とコメントしたように、今日の試合では勝ちたいという気持ちがプレーにも表情にも強く出ていました。

最大の勝因は、やはり岩隈投手。
強打のキューバ打線に臆することなく、自分の持ち味を遺憾なく発揮してくれました。
シュートとスライダーを巧く使い分けていたのがキューバには効果的だったかも。
流石は、昨年の沢村賞投手です♪

2番手の杉内投手も完璧な投球。
正直、7回に好投の岩隈投手に代えて杉内投手が出てきた時は、打ち込まれるのではないかと思っていたのですが、そんな不安を一掃させる見事な投球。
今日の試合を2人で乗り切れた事は、準決勝の事を考えても大きいと思います。

打線は一部テコ入れをしましたが、韓国戦よりは繋がりがありました。
打の立役者は、何と言っても青木選手。
5打数4安打2打点で先制のホームを踏むなど、ノーヒットに抑えられた前日の憂さを晴らすかのような大当たり。

そして、第2Rに入ってからノーヒットだったイチロー選手にもヒットが2本。
9回にはセンターオーバーの三塁打。
やはり、彼が打つと打たないとでは日本の得点力にも大きく影響します。
まだまだ本来の出来には程遠いと思いますが、出塁率を上げていってほしいです。

明日の1位決定戦は、再び韓国と。
これで韓国とは4度目の対戦。前回のWBCを含めると7度目の対戦。
何だか、今大会の日本は韓国とキューバばかりと試合している。
キューバのカストロ元議長がキューバが日本と韓国と同じグループに入ったのはアメリカの陰謀だ」とか言っていましたが、本当にその通りだと思いますよ。

同じ国と3回も4回も激突するなんて、他のスポーツの国際大会では考えられない事。
日本と韓国は第1Rで同組だったのだから、第2Rは別組にするのが普通なんですけどね。

1位決定戦の勝敗よりも準決勝の事を考えて、出来る事なら明日の韓国戦は、今まで出番の少ない投手や野手を中心とした起用法をすべきだと思うのですが、相手が韓国ともなるとそうも行かないでしょうね。
ましてや、昨日の試合後の韓国の愚行を見せられては、首脳陣も選手も「韓国憎し」の気持ちが相当に高まった筈・・・。
下手したら警告試合にまで発展するほどに(爆)

予告先発は発表され、日本・内海、韓国・チャン・ウォンサム。
明日の韓国戦をどのように戦うのかわかりませんが、とりあえず準決勝進出は決まったのだから、ケガだけはしないように戦ってほしいです。
まだまだ彼等に夢を見させてほしいから(笑)

打倒・韓国の気持ちが強い方に、この一冊♪

ユーザレビュー:
韓国の情報テロ行為を ...
満足 前2巻と比べる ...
韓国に興味を持つきっ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ