15秒ルール

プロ野球界で、試合時間短縮の為に今季から導入される「15秒ルール」。
投手の間から異議を唱える声が続出し、波紋を広げそうです。

事の発端はファイターズの名護キャンプ。
ダルビッシュ投手が一昨日、シート打撃に登板しましたが、投球動作に入るまで15秒以上経過したとしてボールを宣告。
この15秒ルールに対して、ダルビッシュ投手は反発。
シート打撃終了後に怒りが爆発し、「セットに入ってから15秒なら対応できるが、ボールを受けて15秒じゃ話にならない。ロジンつけて、その次に(味方の守備位置など)周りも見る。セットに入ったらあとは3秒ぐらいしかない。これではサインを1回で決めなきゃいけない。」と投手心理を含めて、投手はただ投げるだけではない事を強調するコメントを残しています。

そんなダルビッシュに同調するかのごとく、斉藤和巳投手や岩隈投手といった球界を代表する投手や、イーグルス・野村監督も異論を唱えるなど、混乱は他球団にも飛び火しそうですね。

果たして、この15秒ルールが本当に試合時間短縮に役立つのか?
私はそうは思いませんね。

ここ数年、試合時間短縮を図るべく、様々な試みを行っていますが、どれも試合短縮に効果的とは言えないものばかり。
まぁ、昔に比べたら短縮されているけどね。
仮に投手が15秒ルールに従って投球したとしても、打者のペースにはまってしまえば大味な打撃戦になってしまうし、そうなると投手交代も増えてしまう。
そう考えると、15秒ルールは投手に不利に働き、試合時間も今までと変わらなくなると見ています。

ただ、他競技に目を向けると時間のルールが適用されている競技があります。
昨年、北京五輪で金メダルを獲得したソフトボールでも何秒以内か忘れたが、指定された時間以内に投げないといけないというルールがあり、上野投手も北京五輪で、何度か時間内に投げなかった事でボールを宣告された事があったし、バスケットボールにしてもボールを持ってから30秒以内にシュートを撃たければいけないとか、フリースローは5秒以内に撃たないといけないというルールがある。

ダルビッシュ投手が言うように、野球は「考える競技」なのであるが、その考え方次第では15秒ルールなんてなくても早いテンポで投げられるのではないかとも思います。

それでも15秒ルールは、やはり浸透しないでしょう。
例えば打者が打席を外したらどうするのかとか、走者がいる時に牽制球を投げたらどうするのかとか、そういう細かい部分までは、全く目が行き届いていないような感じです。

むしろ審判のレベル向上を優先的にやってほしいと思うのだが(汗)
そっちの方が試合時間短縮に役立つと思いますよ♪