映画「ワールド・オブ・ライズ」

映画「ワールド・オブ・ライズ」を鑑賞しました。

この映画は、CIAに雇われた元ジャーナリストの男が、ヨルダンで大規模なテロ組織を追跡する姿を描くサスペンス・ドラマ。
ワシントン・ポスト紙のコラムニストのデヴィッド・イグネイシャス氏の原作を映画化。
テロ組織に潜入する主人公をレオナルド・ディカプリオが演じ、ベテランCIA局員をラッセル・クロウが演じる。
敵も味方も入り乱れた情報合戦が主体のストーリー。

ストーリーは、ヨルダンを拠点に大規模なテロを計画する首謀者の手がかりを得たロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は組織に潜入しようと試みる。
そのためには狡猾なCIAのベテラン局員、エド・ホフマン(ラッセル・クロウ)らの協力が必要だった。
味方とはいえ過信ができない不安定な状態の中、潜入作戦実行の期限が迫っており、ロジャーも四苦八苦する毎日を送るが・・・。

ワシントン・ポスト紙のコラムニストの著作に基づくフィクションとして本編に入る前に字幕で紹介されていたのですが、現実でも、こういったケースは起こり得るのではないかと感じましたね。

上空からの無人監視機を利用して動向を探るCIA側に対して、テロリストは口頭で用件を伝えてCIAに情報を漏らさないようにする。
ストーリーのテンポも早く、瞬きも出来ない程。
最初から最後まで緊張感の連続でハラハラドキドキしまくりでした。

映画全体の感想としては、人が何人も殺されたり、騙されたりなど残虐なシーンがあまりにも多く、個人的には印象のいい映画ではありませんでした。
ブッシュが大統領にならなければ、このような映画も出来なかったのではないかとも思ったりもしました。
実際の中東もあんな感じなのでしょうか?

この映画のサブタイトルは「どっちの嘘が世界を救うのか」となっていましたが、映画を観ている限りだと、結局は世界は救われていないのではないかと疑心暗鬼になりました。
もっとも、戦略上の嘘なので、敵だけではなく、味方同士でも騙しあいが行われると言った複雑な駆け引きがありましたね。
いずれにしても、嘘が世界を救えるわけありません!

主演のロジャー・フェリスを演じたレオナルド・ディカプリオも随分と老けましたね。
これも時代かな(汗)


オリジナル・サウンドトラック『ワールド・オブ・ライズ』
Geneon =music=
2008-12-03
マーク・ストレイテンフェルド
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ