ライオンズ逆王手 決着は第7戦へ

2008年日本シリーズ第6戦。
読売ジャイアンツvs埼玉西武ライオンズの対戦は、2戦以来となる東京ドームで行われました。

ジャイアンツが王手をかけて迎えた第6戦。
ジャイアンツがそのまま日本一を決めるか?
それともライオンズが逆王手をかけて最終戦までもつれるか?
私も東京ドームまで足を運びました。
画像

先発はジャイアンツ・高橋尚成、ライオンズ・帆足の両サウスポー。
第2戦と同じ先発投手。

初回にライオンズは立ち上がりの制球が定まらない高橋尚成投手から満塁のチャンスを作り、この試合、6番に起用された平尾選手が満塁走者一掃となるタイムリー二塁打を打ち、ライオンズが早くも3点を先制。

いきなり3点のビハインドを背負ったジャイアンツも2回に3連打で1点を返し、尚も無死ニ、三塁と一打同点のチャンスを作るが、後続が凡退して1点止まり。
4回にも不安定な帆足投手から一死一、三塁のチャンスを掴み、ここでライオンズベンチは調子の上がらない帆足投手を諦めて2番手に第4戦で完封勝利した岸投手を2番手として起用。
この岸投入が的中して、ジャイアンツ打線を無得点に抑え、ライオンズがピンチを脱出。

ピンチを脱出したライオンズは5回に平尾選手が2試合連続となるホームランを打ち、再びリードを3点に広げる活躍。
岸投手は、最後まで投げ抜いてジャイアンツ打線を前回に続く無失点に抑える好投で、ライオンズが4-1で第6戦を制しました。
これで対戦成績が3勝3敗となり、全ての決着は第7戦で決まる事になりました。
画像

両先発投手が不安定な出来でしたが、ライオンズの2番手・岸投手の好救援が光りました。
140球以上も投げて中2日での登板でしたが、前回同様に緩急が効いていて、ボールのキレも良かったと思います。

ジャイアンツは先発・高橋尚成投手が大誤算。
立ち上がりは逃げの投球で四球を連発してしまい、2回も制球が不安定で、このイニングでマウンドを下ろされるお粗末な内容。

あと2番に寺内選手を起用したのも疑問でした。
木村拓也選手は決して不調ではないので、今まで通り、木村選手を使うべきだったのではないでしょうか?

日本シリーズが第7戦までもつれたのは、2004年の西武ライオンズvs中日ドラゴンズ以来4年ぶり。
巨人vs西武としては、日本シリーズ史上に残る名勝負と言われた1983年以来25年ぶりの第7戦決着。
今年と25年前に共通しているのは、第6戦までの勝敗。
LGGLGLと25年前と全く一緒。
25年前の第7戦はライオンズが勝って日本一になりましたが今年はどうか?

泣いても笑っても、明日の試合で全てが決まります。
ジャイアンツもライオンズも持てる最大限の力を発揮して、どちらが勝っても日本一にふさわしいと言われるような戦いを見たいですね。


埼玉西武ライオンズ 2008優勝記念DVD
ポニーキャニオン
2008-12-26
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ