ジャイアンツ 6年ぶり日本一へ王手

2008年日本シリーズ第5戦。
埼玉西武ライオンズvs読売ジャイアンツの対戦は、今日も西武ドームで行われました。

両チーム2勝2敗のタイで迎えた第4戦。
どちらが先に王手をかけて東京ドームへ乗り込むか?

先発はライオンズ・涌井、ジャイアンツ・上原の両投手。
シリーズ初戦の先発を務めた両投手が、ともに中4日での登板。
前回は抑えられた両チームの打線が、どうやって攻略していくか。

ジャイアンツは絶不調の李承燁選手をスタメンから外し、代わりの5番にDHの阿部選手を起用。
対するライオンズは昨日と同じ打順。

初回にライオンズは、先頭からの3連打で無死満塁と上原投手の立ち上がりを攻めて、一死後に、併殺崩れの間に1点を先制。
しかし、ジャイアンツは2回に5番・阿部選手がセンターオーバーのホームランを打って、すぐに同点に追いつく。

直ぐに同点に追いつかれたジャイアンツは3回にエラーからチャンスを掴み、5番・石井義人選手のタイムリーが出て再びリード。
ジャイアンツの先発・上原投手は、この回で降板し、ベンチは早くも継投策に出る。

上原とは対象的に、ライオンズの先発・涌井投手は、ホームラン以外は初戦同様にジャイアンツ打線を完璧に抑える好投。
1点リードを守ったまま、試合は終盤へ。

7回にジャイアンツは4番・ラミレス選手がニ遊間を抜けるヒットを打ち、それが二塁ベースに当たって打球の方向が変わりラミレスは全力疾走で二塁を陥れる。
4番の劇走に刺激を受けたかのように、阿部選手のタイムリーで同点。
押せ押せムードのジャイアンツは亀井選手も二塁打を打ち、一気に逆転のチャンス。
ここから脇谷・坂本両選手の連続タイムリー長打で一気に4点を奪い、涌井をKO。

9回にもダメ押しとなる2点を追加し、最後はクルーン投手がホームランを打たれたはしたが、リードを守ってジャイアンツが逃げ切り試合終了。
ジャイアンツが7-3で勝ち、6年ぶりの日本一へ王手をかけました。

7回表の逆転は見事な集中打。
ラミレス選手の激走が一気に流れを呼び込んだのではないかと思うような後続の集中打。
これまで完璧に抑えられていた涌井投手も勢いに呑まれてしまいましたね。

試合途中からキャッチャーが細川選手から銀ニ朗選手に代わった事もライオンズからすれば痛かったと思います。
実際に集中打を浴びた7回の涌井の投球は単調でしたからね。
リードが単調だったのはTVから観てもわかりましたw

ジャイアンツも調子の上がらない上原投手をわずか3回で交代させたり、不振の李承燁選手をスタメンから外して打順を組み替えるなどベンチの思い切った判断が光りました。
上原を早々に見切ったジャイアンツと、涌井を続投させたライオンズ。
短期決戦における投手交代の難しさを感じる試合でもありました。

明日1日休みを置いて週末に舞台を東京ドームに戻して第6戦が行われます。
ジャイアンツが一気に決めるか?ライオンズが逆王手をかけるか?
第6戦の試合は私も東京ドームで観戦予定。
日本シリーズの名にふさわしい好ゲームを期待したいです。


ユーザレビュー:
07年盤より遙かにマ ...
2年越しの…。自分は ...
メークレジェンド完結 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ