ライオンズが投打に圧倒しタイに戻す

2008年日本シリーズ第4戦。
読売ジャイアンツvs埼玉西武ライオンズの対戦は、今日も西武ドームで行われました。

ジャイアンツの2勝1敗で迎えた第4戦。
ジャイアンツが勝って王手をかけるか?それともライオンズが勝ってタイに持ち込むか?

先発はライオンズ、岸、ジャイアンツ・グライシンガーの両投手。
ともにチーム勝ち頭同士。
交流戦でライオンズ打線に打ち込まれたグライシンガー投手が、日本シリーズでは、どのような投球が出来るのかがカギ。

試合は昨日同様に初回から動く展開。
先頭打者の片岡選手がヒットで出塁して、すかさず二塁へ盗塁。
続く栗山選手の一塁線を抜けるタイムリーで、ライオンズが今シリーズ初めて先取点を奪う。

2~3回と両チーム無得点で迎えた4回にライオンズは先頭の中島選手が死球。
ここで、中島選手とグライシンガー投手が口論となり、球場内は一触即発のムードが漂う。
そんな異様な雰囲気の中で4番・中村選手がレフトポール際ギリギリに入る2ランホームランでライオンズが2点を追加して、その中村選手は6回にも2打席連続となる2ランを打って差を5点に広げて、グライシンガーをKO。

交流戦同様にライオンズ打線を抑えられなかったグライシンガーとは対象的に、ライオンズの岸投手は速球と変化球のキレが素晴らしく、ジャイアンツ打線を完璧に抑え込む投球。
岸投手は最後まで一人で投げ抜き、ジャイアンツ打線を4安打10奪三振に抑える好投で完封。
ライオンズが5-0で完勝し、対戦成績を2勝2敗の五分に戻しました。

第4戦はライオンズが投打に圧倒したゲームとなりました。
今日の試合は、やはり岸投手の好投に尽きます。
縦に大きく割れるカーブが効果的でした。
小笠原・ラミレス両選手をノーヒットに抑えたのだから、いいボールを投げていたのでしょう。

シリーズで不振だった中村選手が2本のホームランを打ったのも大きい。
苦手とされた内角のボールをホームランにした事で、今後の相手バッテリーの攻め方も変えざるを得ないでしょう。
ライオンズも本来の形が出来つつある事を感じた第4戦の戦いぶりでした。

ジャイアンツとしては、タイにされましたが、2番手以降の投手はライオンズ打線に追加点を与えなかったのが好材料。
シリーズ初登板の山口・東野・豊田の3投手が使える目処が立てた感じでした。

打線は岸投手に抑えられていい所なし。
中軸がノーヒットでは点の取り様がありませんが、5番・李承燁選手は、あまりにも酷い内容。
ストライクを簡単に見逃してボール球に手を出して三振を繰り返す悪循環。
5戦以降は打順を下げる事を考えた方がチームの為になるでしょう。

明日も西武ドームで第5戦。
シリーズ初戦で投げ合った上原・涌井両投手が先発してくるかと思いますが、どちらが王手をかけるのか。
個人的には、6戦以降のチケットが手元にあるので、とりあえずは6戦まで試合が出来るようになったのは良かったですw


熱闘!日本シリーズ 1987 西武-巨人
東北新社
2001-11-21
スポーツ
ユーザレビュー:
KK対決など話題満載 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ