映画「アイアンマン」

映画「アイアンマン」を鑑賞しました。

この映画は、自ら開発したハイテクの鎧を身にまとい、「アイアンマン」として悪と闘う男の活躍を描くアクション超大作。
同名の人気アメコミを原作であり、世界平和のため正義を貫くヒーロー映画を撮り上げた作品。豊富な資金と科学技術でアイアンマンに変身する。
繊細(せんさい)な精神も持ち合わせる人間味あふれるヒーロー像も見ものです。

アイアンマンは英語版では「IRON MAN」となっていますが、最初は「アイロンマン」と読んでしまう人が何人かいるんじゃないでしょうか?

億万長者で発明家の軍需産業会社の社長であるトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、視察に訪れた軍のキャンプでテロリストの奇襲に遭い、胸を負傷してしまう。
やがて自分の会社の兵器がテロリストに悪用されている衝撃の事実を知ったトニーは、自ら戦闘用のスーツを作り「アイアンマン」となってテロリストに闘いを挑む。

アメリカでは大ヒットしている映画のようですが、何だかわかる気がするくらい、面白く構成されていて、特撮に興味がない自分でも魅入って観てしまう程でした。
アメリカのコミックが原作と聞いて、最初はくだらないんじゃないかと思っていましたが、そんな事は全くありませんでしたよ。

トニーは中東でテロリストに襲われてしまうわけですが、そのテロリストが使っていた兵器が、自分の会社で製造している兵器と知り、ショックを受けるのは当然ですね。
自分の会社で製造した兵器で殺される所だったし、悪用されていると知った以上は社長として兵器製造を中止するのは妥当な判断でしょう。
もっとも、兵器そのものを製造する必要はないと思うのですが、我々のような日本人ではアメリカの考え方はわからないかもしれません(><)

パワードスーツを纏ってアイアンマンに変身する姿は、笑えましたね。
テロリストを相手にするシーンでは、細かい所にウケ狙いを意識したシーンが盛り込まれていたのがツボでした。
単に敵を倒すだけでは、普通の特撮ヒーローと変わりませんからね(笑)
ただ、力を誇示する相手に対して力で捻じ伏せるって言うのは、兵器を製造するのと、あまり大差ないような気がするんですけど・・・。
これはこれは複雑です。

アイアンマンになったトニーは、空を飛んだりするわけですが、あそこまで高く飛んで酸欠にならないのかとか、Gの衝撃にどこまで耐えられるのかとか思ったし。
大抵の正義の味方は、自分の正体を隠すものなのですが、恋人や友人にアイアンマンである事を堂々と見せびらかしたり、最後の記者会見のシーンでも「俺がアイアンマンだ!」と堂々と言い放ったり。
色々とツッコミどころ満載の映画でした。

エンドロールの終わりの映像は、何だか続編を匂わせるようなシーンでした。
果たして続編はやるのかな?

これが原作?

Iron Man (輸入版:北米)
Sega Of America, Inc.
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ