4番の一振りでドラゴンズが東京キップ獲得

セ・リーグのクライマックスシリーズ第1ステージは3戦目。
阪神タイガースvs中日ドラセ・リーグゴンズ戦が京セラドーム行われました。

先発はタイガース・岩田、ドラゴンズ・吉見の両先発。
ともに落とせない戦いだけに、ドラゴンズは山本昌投手を先発するかと思われましたが、予想に反して吉見投手を先発。
この起用が吉と出るか凶と出るか?

試合はスコアレスの投手戦。
両投手がともに持ち味を発揮して、0-0の均衡が破れない膠着状態。

先に動いたのはタイガース。
8回裏に、これまで好投していた岩田投手に代打を出して勝負に出る。
代打で登場した桧山選手は三振に倒れたものの、1番・赤星選手が一塁線を破る二塁打。
これに相手の中継ミスも重なって赤星は一気に三塁に進んで先制点のチャンスを迎えるが、後続が凡退し先制点のチャンスを逃す。

9回からタイガースは守護神・藤川投手を起用。
しかし、先頭打者の立浪選手にヒットを許し、送りバントとバッテリーミスで走者を三塁に進めてしまう。
二死後、4番・ウッズ選手に対し、0-3からストライクを2つ取ってフルカウントとして、5球目の150キロのストレートを捕らえてレフトスタンドへ飛び込む先制2ランで、ドラゴンズが待望の先制点。

その裏をドラゴンズの守護神・岩瀬投手が、タイガースのクリーンアップを三者凡退に抑えて試合終了。
ドラゴンズが2-0でタイガースに勝利し、これで第2ステージ進出が決定!
東京ドームでセ・リーグの覇者・ジャイアンツと戦います。

今年ブレークした投手同士の投げ合いは見応えありました。
岩田投手は8回投げて1安打無失点と最高の投球をして、吉見投手も8回を投げて4安打無失点と、コチラも最高の投球を大事な試合で見せてくれました。

9回に守護神・藤川投手を投入して敗れてしまったタイガース。
自分は8回一死で岩田投手に打席に回ってきた時に、そのまま打席に立たせても良かったのではないかと思いました。
それだけ球児に絶対の信頼を寄せているのだろうけど、今日の球児はボールが来ていなかったように映りました。
ウッズ選手との勝負にしても0-3から2ストライクに追い込んだのは良かったけど、何で最後もストライクで勝負に行ったのか?
高めにボール球になるストレートを投げれば手を出したと思うのですが・・・。

まぁ、1戦目でリードされているにも関わらず9回にマウンドに上がったり、レギュラーシーズンでも8回から投げさせたりと無茶な使い方をさせられていただけに、今日のようにボールに勢いがなくなっても仕方がないかな。

今日の試合で岡田監督がユニフォームを脱ぐ事になりました。
在任5年間で優勝監督になったりと好成績は残しました。
JFKという3枚ストッパーを確立し、2軍暮らしが長かった藤川投手を球界を代表する投手に育て上げるなど、監督としてタイガースに充分な功績は残していました。
最後は藤川投手が打たれて終戦したと言うのも、何だか皮肉ですね(汗)

勝ったドラゴンズは中1日おいて東京ドームでジャイアンツと対戦します。
第2ステージ進出をかけた大事な試合に山本昌投手を先発させなかったのは、おそらく東京ドームの初戦を見込んでの事。
落合監督の賭けは今日の試合では当たりましたが、明後日の試合でも賭けは的中するでしょうか?

既に1勝のアドバンテージを与えられているジャイアンツですが、シーズン中の戦いが出来れば、対戦成績で負け越してしまったドラゴンズ相手でも先に4勝するかと思います。
ただ、10ゲーム以上も離されていたのだから2勝分のアドバンテージを与えないと割が合わない気がしますね。


藤川球児 ストレートという名の魔球
ワニブックス
松下 雄一郎
ユーザレビュー:
非凡さとは忘れないこ ...
ファンだったら読め藤 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ