映画「ラストゲーム 最後の早慶戦」

映画「ラストゲーム 最後の早慶戦」を鑑賞しました。

この映画は太平洋戦争を境に敵国・アメリカのスポーツである野球を禁じられていた最中で、野球を続けていた早稲田大学と慶応義塾大学との間で非公式で行われた試合を描いた作品。

今でも「伝統の一戦」と言われる東京六大学の早慶戦ですが、当時はプロ野球より人気が高かったらしいです。
良い伝統というのは、代々受け継いでいかなければなりません(笑)

昭和18年。戦争が激化する中、野球の練習に励む早稲田大学野球部。
東京六大学野球はすでに解散が決定しており、来るべき学徒出陣に備えるように圧力がかけられていた。
そんな中、早稲田大学野球部顧問である飛田(柄本明)のもと選手達は、出陣のその日まで野球を続けると誓っていた。
部員の戸田順治(渡辺大)は父親から厳しく詰られながらも、兵隊に志願した兄の言葉を胸に、合宿生活を続けていた。
そんなある日、慶応大学塾長である小泉(石坂浩ニ)が飛田のもとに早慶戦を申し込みにやってくる。

自分は戦争を知らない世代ですが、この映画を観ていると切なくなるし、辛くなります。
戦地へ赴く若者達は、どのような気持ちで戦地へ向かったのか?
その若者達を見送る親や教師は、どのような気持ちで見送ったのか?
戦争は失うものばかりである事を再認識させられる作品でもあります。

慶大側の提案で、学徒出陣前に早慶戦を行う事になったのだが、その試合が行われる前に様々な困難が立ちはだかる。
早大の学長が、早慶戦を行う事に首をタテにふってくれない。
しかし、飛田の熱意が学長に伝わり、ようやく早大の練習場である戸塚球場で早慶戦を開催へ。

試合は慶大の練習不足で一方的なスコアになってしまいましたが、早大も最後までベストメンバーで戦い、慶大も最後まで試合をやり抜いた。
非公式の試合とは言え、それだけこの試合が両大学にとって、特別な一戦だったと言えるでしょう。
試合終了後、お互いに歌いあうシーンがとても感動的でした。

主役の戸田順治役を演じた渡辺大は渡辺謙の息子。
確かに父親にソックリですね(笑)
その戸田の両親役だった山本圭と富司純子の演技も素晴らしかったです。
当時の学徒動員に出征させられた子を持つ親の心境を垣間見た思いがしました。

最後は希望のない結末で終わってしまったわけですが、史実に基づいている以上は、あのような結末になってしまうのは必然。
やはり戦争は悲劇しか生まないのです。

タイトルこそ「最後の早慶戦」でしたが、今でも神宮球場で早慶戦は行われています。
大学野球の人気も当時と比べると、下降気味ではありますが、これからも「伝統の早慶戦」として、多くのドラマを生む事でしょう。
戦争に散った野球が好きだった学生達の為にも、これからも早慶戦は受け継いでいってほしいです。

ちなみに慶大では早慶戦の事を「慶早戦」と呼んでいます。
この作品も慶大の関係者にとって「最後の慶早戦」と言っているのかな?


最後の早慶戦
ベースボール・マガジン社
笠原和夫
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ