映画「おくりびと」

先日、映画「おくりびと」を鑑賞しました。

この映画は、ひょんなことから遺体を棺に納める「納棺師」となった男が、仕事を通して触れた人間模様や上司の影響を受けながら成長していく姿を描いた作品。
偏見的な目で見られやすそうな職業である納棺師に焦点を当てて、重くなりがちなテーマを笑いを交えて軽快に描いていく演出は秀逸もの。

オーケストラ楽団の解散でチェロ奏者の夢を諦めて、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は偶然にも好条件の求人広告を見つける。
その会社の面接に向かうや社長である佐々木(山崎努)に即採用される。
いきなり破格の給与を支払うと聞いて、驚きを隠せない大悟。
その業務内容とは遺体を棺に収める仕事。
当初は戸惑っていた大悟だったが、さまざまな境遇の別れと向き合ううちに、納棺師の仕事に誇りを見いだしてゆく。

この映画で「納棺師」という仕事がある事を初めて知りました。
冒頭の遺体を死に装束に着替えさせて、化粧をさせるシーン。
そこに無駄な間が全くなく、スクリーンで観ている自分ですら緊張感に張り詰めたような気分になってしまいました。
重苦しい雰囲気の中にオチを入れてしまう演出にも感服。

求人広告に好条件の求人を見つけて、NKエージェントへ面接に赴き、社長の佐々木が大悟の顔を見るや「採用!」
不本意ながらも就職先が見つかったわけだが、遺体を取り扱う仕事という事もあって、妻の美香(広末涼子)にも本当の事を言えずに毎日を過ごしていく。

NKエージェントでの初仕事がよりによって、死後2週間経過した老人の死体処理。
暑い時期だった事も重なって腐乱が激しく、初仕事の大悟は嘔吐してしまう。
実際の納棺師の仕事も儲かるのかもしれないが、自分では、この仕事は多分務まらないな。
遺体を目の当たりにしても平常心を貫かねばならないし、身内ならともかく、他人の遺体に触れるとなると抵抗感を感じてしまうでしょう。

実際に大悟が就いている仕事が美香や友人の山下(杉本哲太)にも知られてしまい差別的な白い目で見られてしまう。
山下は大悟に挨拶する妻子に対して、「こんな奴に挨拶しなくていい」と言い放ち、美香も大悟が触ろうとすると「汚らわしい」とさえ言われてしまう。
実際に「死」に関わっている仕事に就いている人達も、差別的な目で見られているのだろうか?
「死」に関わる仕事は医者も同じなんですけどね・・・。
何だか考えさせられる場面でした。

最近では葬式を運営する会社が増えていて、葬儀も寺や教会でなく、葬祭場なる施設も最近では多く見かけます。
自分も身内を亡くした経験がありますが、その時に葬儀を執り行ってくれた会社には感謝しましたし・・・。
実際に美香も山下も大悟の仕事ぶりを見ていて見直していた。
その心境の変化も確りと描いていた部分の演出の素晴らしさも見逃す事が出来ません♪

この作品全体を見てみて、遺族の死者への見送り方にも様々な見送り方があるという事を認識しました。
育て方を巡っての醜い責任のなすり合い、幼い娘を残して亡くなった母への娘のメッセージ、顔中キスマークでいっぱいになった老人などなど。
それらの人達の死に直面しながら大悟は、納棺師という仕事に誇りを持っていく。

「死」と言う重苦しいテーマを取り扱った作品でしたが、その中に絶妙のタイミングでユーモアを交えていく演出が、この映画の素晴らしさを引き出していると思います。
肉を食べるシーンが多かったのも印象的でした(汗)

この映画は、モントリオール映画祭でグランプリを獲得。
更に今年度の日本映画作品としてアカデミー賞の候補作品にもノミネートされるとか。
海外の映画祭でグランプリを獲得したのも頷ける程の秀逸作。
多くの人達に観て頂きたい作品であります。


ユーザレビュー:
映画の方が断然、面白 ...
涙が心の底から溢れ出 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

この記事へのトラックバック

  • 映画 【おくりびと】

    Excerpt: 映画館にて「おくりびと」 滝田洋二郎監督作品。第32回モントリオール世界映画祭グランプリ受賞作品。 おはなし:楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は好条件の.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2008-09-25 21:34
  • 『おくりびと』

    Excerpt: 第32回モントリオール国際映画祭グランプリ受賞に続き、本年度アカデミー賞日本代表にまで選ばれたこの作品。納棺師という日本独特のものを描いていながら、決して職業説明だけに留まらず、宗教や国境を越えて全世.. Weblog: めでぃあみっくす racked: 2008-09-25 21:52
  • 『おくりびと』

    Excerpt: ----この映画って、9月の公開だよね。 いま、話すの少し早くニャい? 「いやいやどうして。 この映画に関しては 内覧試写の案内がなんと2月から電話やファックスで…。 それだけ松竹としては自信作なんだ.. Weblog: ラムの大通り racked: 2008-09-25 22:01
  • おくりびと

    Excerpt: 何気にカレンダーの印が気になった。 Weblog: ネタバレ映画館 racked: 2008-09-25 22:14
  • 『おくりびと』 (2008) / 日本

    Excerpt: 監督:滝田洋二郎脚本:小山薫堂音楽:久石譲出演:本木雅弘、広末涼子、余貴美子、吉行和子、笹野高史、山崎努試写会場 : よみうりホール公式サイトはこちら。<Story>求人広告を手にNKエージェントを訪.. Weblog: NiceOne!! racked: 2008-09-25 23:51
  • 「おくりびと」

    Excerpt: ~キレイになって 逝ってらっしゃい~予告編で、チェロの音に惹かれ、行ってきました。2008年 日本 松竹配給 (08.9.13公開)モントリオール世界映画祭グランプリ受賞作品[監督]滝田洋二郎[脚本].. Weblog: NAOのピアノレッスン日記 racked: 2008-09-26 00:21
  • おくりびと

    Excerpt:  『人生最高の旅立ちのお手伝い致します。』  コチラの「おくりびと」は、第32回モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞し、さらにはアカデミー賞外国語映画賞の出品作品に決定するなど、にわかに話.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2008-09-26 00:32
  • いってらっしゃい

    Excerpt: 最盛期が嘘だったかのように一時期はその消息がつかめなかった広末涼子だが、最近はドラマに映画にCMにと、活動の場を広く求めているようだ。女性は離婚後に仕事に走ると島田紳助が云っていたなあ。「おくりびと」.. Weblog: MESCALINE DRIVE racked: 2008-09-26 00:43
  • 「おくりびと」で感動(;θ;)

    Excerpt: 映画「おくりびと」を観てきました。 人の死や職業観、家族を大切にする気持ちなどいろんなメッセージが詰まっていて、考えさせられつつも最後は涙があふれてきました(;θ;) こんな内容の映画です.. Weblog: Thanksgiving Day racked: 2008-09-26 00:49
  • おくりびと

    Excerpt: 監督は『壬生義士伝』の滝田洋二郎。 納棺師…こういう仕事はあまり 今まで聞いたことがありません。 この作品はモントリオール世界映画祭で グランプリに輝いたということです。 米アカデミー賞の、 .. Weblog: 花ごよみ racked: 2008-09-26 01:14
  • 「おくりびと」

    Excerpt: 映画 「おくりびと」 観ました         監督: 滝田洋二郎  2008年 日本 泣くとは聞いておりましたが、はい泣きました~歳とると涙腺ゆるむってホントだね~(苦笑) 大型ショッピングモ.. Weblog: cocowacoco racked: 2008-09-26 01:59
  • おくりびと

    Excerpt: おくりびと(2008 日本) 英語題  Departures 監督   滝田洋二郎   脚本   小山薫堂       撮影   浜田毅                   音楽   久.. Weblog: 映画のメモ帳+α racked: 2008-09-26 02:26
  • おくりびと

    Excerpt: ダブルヘッダーの2戦目? 23:45上映開始の「おくりびと」を鑑賞。 ほんとは、重そうな気がして見る気はなかったんだけど^^; モントリオール映画祭でグランプリを取ったりしたもんだから、ちょっとミーハ.. Weblog: いい加減社長の映画日記 racked: 2008-09-26 04:59
  • 映画「おくりびと」を観ました!!(2008-13)

    Excerpt: 映画「おくりびと」を観ました!!2008年の第13作目です。 Weblog: 馬球1964 racked: 2008-09-26 06:01
  • 「おくりびと」

    Excerpt: (2008年・松竹/監督:滝田 洋二郎) “納棺師”という珍しい職業を題材に、人間の喜び、悲しみを丁寧に描いて心温まる、本年屈指の感動の傑作。 チェロ奏者の大悟(本木雅弘)は、所属 Weblog: お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 racked: 2008-09-26 06:35
  • おくりびと

    Excerpt: ヒューマン=ブラック・ボックス - 映画のご紹介 (383) おくりびと(ネタバレ編) -ぼろぼろ泣ける。しかし泣けるだけではない。 .. Weblog: ヒューマン=ブラック・ボックス racked: 2008-09-26 06:56
  • 「おくりびと」反則ぎりぎりの泣かせ技

    Excerpt: 監督 滝田洋二郎すこしあらすじ ようやくチェロ奏者になったものの楽団の解散で失業した大悟(本木雅弘)は妻の美香(広末涼子)をつれて故郷の山形に帰った。 そこで大悟は好条件の求人広告を見つける。面接に向.. Weblog: ももたろうサブライ racked: 2008-09-26 07:07
  • 『おくりびと』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「おくりびと」□監督 滝田洋二郎 □脚本 小山薫堂 □キャスト 本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、杉本哲太、吉行和子、笹野高史、峰岸徹、山田辰夫 ■鑑賞日 9月14日.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2008-09-26 08:03
  • おくりびと

    Excerpt: 公式サイト。滝田洋二郎監督、本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、杉本哲太、吉行和子、笹野高史、峰岸徹、山田辰夫。遺体を「葬る」(ほうむる)ことと遺体を「頬張る」(ほおばる)こととは、実は一対じゃない.. Weblog: 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン racked: 2008-09-26 08:04
  • おくりびと

    Excerpt: 御当地です。 Weblog: 迷宮映画館 racked: 2008-09-26 08:19
  • おくりびと

    Excerpt:  人の尊厳と、日本の所作の様式美。そして、清しさ。 Weblog: 悠雅的生活 racked: 2008-09-26 08:39
  • [映画『おくりびと』を観た]

    Excerpt: ☆私は、この作品を、滝田洋二郎監督や脚本家の小山薫堂が、文芸作品を狙った作品かと思っていたのだが、かなりのパーセンテージでコメディ要素があり、私は今は痛快なものを見たい気分でこの作品を避けていたのだが.. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 racked: 2008-09-26 08:49
  • おくりびと

    Excerpt: JUGEMテーマ:映画 2008年9月13日 公開 いってらっしゃい  また、逢いましょう 1ヶ月フリーパスポートで7本目 もっ最高っでした!!! とにかくす.. Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ racked: 2008-09-26 09:07
  • おくりびと/本木雅弘、広末涼子

    Excerpt: 『夜の上海』の舞台挨拶でモックンが言ってた「今はまだ言えない次回出演作」ってコレだったんですね。モックン自身が物語の発案をしたという話だけど、たぶんモントリオール映画祭でグランプリを受賞しなかったら日.. Weblog: カノンな日々 racked: 2008-09-26 09:14
  • 「おくりびと」

    Excerpt: 納棺の際の死化粧と納棺の儀式を行なう「納棺師」という人の死にまつわる職業に焦点を当て、ともすれば美化しすぎたりネガティヴになりがちな題材を、ユーモアを交えつつ普遍的に描いた滝田洋二郎監督作品。 まず.. Weblog: 俺の明日はどっちだ racked: 2008-09-26 09:23
  • 映画レビュー「おくりびと」

    Excerpt: 「おくりびと」オリジナルサウンドトラック◆プチレビュー◆納棺師になった青年の成長を通して生と死の意味を問う秀作。納棺の所作と山形の自然が美しい。 【75点】  失業したチェロ奏者の大悟は、ひょんなこ.. Weblog: 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 racked: 2008-09-26 09:26
  • 偏見とは愚かな思い込みなのかも・・・。『おくりびと』

    Excerpt: 遺体を棺に納める仕事をする納棺師になったひとりの男性の物語です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2008-09-26 11:13
  • おくりびと(映画館)

    Excerpt: キレイになって、逝ってらっしゃい。 Weblog: ひるめし。 racked: 2008-09-26 11:28
  • おくりびと

    Excerpt: キレイになって、 逝ってらっしゃい。 製作年度 2008年 上映時間 130分 脚本 小山薫堂 監督 滝田洋二郎 音楽 久石譲 出演 本木雅弘/広末涼子/山崎努/余貴美子/吉行和子/笹野高史/杉.. Weblog: to Heart racked: 2008-09-26 13:01
  • 映画「おくりびと」を試写会で鑑賞

    Excerpt:  「おくりびと」@ヤクルトホール 試写会の主権はニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」だ。映画上映前にパーソナリティーの増田みのりさんの舞台挨拶があり上映だ。客入りは若干空席のある9割ほどで年齢.. Weblog: masalaの辛口映画館 racked: 2008-09-26 13:18
  • 「おくりびと」湯灌の儀

    Excerpt: 例によって、長い長い前ふりがあります。ほんの五ヶ月前に父親の葬式をしたときに、初めて納棺師なる職業があることを知った。前の身内の葬式は17年前で、そのときにはそういう方は来なかったと思う。そのときは私.. Weblog: 再出発日記 racked: 2008-09-26 14:02
  • おくりびと (試写会にて)

    Excerpt: 納棺師__それは悲しいはずのお別れを、やさしい愛情で満たしてくれる人。 あなたは大切な人を、どう“おくり”ますか?_そしてどう“おくられ”たいですか?   物語:「あぁこの広告、誤植.. Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2008-09-26 16:47
  • 「おくりびと」みた。

    Excerpt: 全てをナチュラルなものとして捉えたい、そんな作品だから言葉にするとひどく嘘っぽく聞こえてしまいそうで、蘊蓄はあまり語りたくないし、聞きたくない。きっと誰もが観るだけで心に沁み入るものがあると思う。素晴.. Weblog: たいむのひとりごと racked: 2008-09-26 18:29
  • おくりびと

    Excerpt: 珍しく試写会に当たったんですよ~。試写会ってやっぱり年齢を書かせるけど、年齢を見て選んでいるのね(笑)試写会の年齢層は高かったですもん。と思ったんだけど、よく考えると試写会の応募した人の年齢が高かった.. Weblog: ぷち てんてん racked: 2008-09-26 19:26
  • 「おくりびと」:福神橋バス停付近の会話

    Excerpt: {/hiyo_en2/}やっぱり、あれよねえ。死ぬときくらい美しい姿で死にたいわよねえ。 {/kaeru_en4/}なんだよ、いきなり。あと100年はピンピンしていそうな体格して。 {/hiyo_e.. Weblog: 【映画がはねたら、都バスに乗って】 racked: 2008-09-26 21:38
  • おくりびと(2008年)

    Excerpt: 2008年モントリオール世界映画祭グランプリ受賞作品。ベネチア国際映画祭に、北野武(『アキレスと亀』)、押井守(『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』)、宮崎駿(『崖の上のポニョ』)の3.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2008-09-26 21:49
  • 「おくりびと」

    Excerpt: 「おくりびと」試写会 丸の内ピカデリー2で鑑賞 原作は何かということも知らなければ納棺師という仕事も知りませんでした。 葬儀屋の話だとずっと思っていました。 納棺師そういう仕事あるんですね。.. Weblog: てんびんthe LIFE racked: 2008-09-26 21:56
  • 【おくりびと】

    Excerpt: 【監督】 滝田洋二郎  【脚本】 小山薫堂   【音楽】 久世譲   【公開】 2008/09/13  【上映時間】 2時間10分  【配給】 松竹 ... Weblog: +++ Candy Cinema +++ racked: 2008-09-26 23:03
  • 「おくりびと」

    Excerpt: 汚らわしいなどとんでもない、門をくぐる人たちの崇高な儀式。モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞したということで、にわかに話題性が高まった本作。レイトショーにもかかわらず、140人の収容人員の小屋.. Weblog: ☆ EL JARDIN SECRETO ☆ racked: 2008-09-26 23:18
  • 「おくりびと」仕事を理解してわかった故人をおくりだす素晴らしい旅のお手伝い

    Excerpt: 「おくりびと」はチェロ奏者の主人公がオーケストラの解散で職を失って故郷の山形へ帰郷した先で就職活動をしていたが、ひょんな事から納棺師の仕事に就職する事になり最初は戸惑いながらも次第に納棺師としての仕事.. Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2008-09-26 23:19
  • おくりびと

    Excerpt: 監督 滝田洋二郎 音楽 久石 譲 キャスト 本木雅弘 広末涼子 山崎 努       余貴美子 吉行和子 笹野高史 峰岸 徹  とても美しい映画です。最後の方では不覚にも止めどなく涙が溢れていました.. Weblog: You got a movie racked: 2008-09-27 00:27
  • 「おくりびと」 安らかな旅立ちのお手伝い

    Excerpt: 幸いなことに両親はまだ健在なので、納棺に立ち会ったことがありません。 葬儀屋とは Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2008-09-27 09:08
  • 【おくりびと】旅立ちの門に立つ崇高な儀式

    Excerpt: おくりびと 監督: 滝田洋二郎 出演:  本木雅弘、山崎努、広末涼子、余貴美子、吉行和子 公開: 2008年9月 モントリオール世界映画祭グ�... Weblog: 映画@見取り八段 racked: 2008-09-27 23:56
  • 「おくりびと」 なぜ脱がん!

    Excerpt: 広末涼子、脱ぐべきやったんと違いますか? 八の字眉毛状態を保つモックンは、銭湯での入浴シーンをはじめ、“おむつ”ヌードまで披露してくれます。 ダブル主演(こう表記するのはサンケイスポーツくらいですが).. Weblog: 『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記 racked: 2008-09-28 21:24
  • 【2008-212】おくりびと

    Excerpt: 人気ブログランキングの順位は? 人は誰でも、いつか おくりびと、おくられびと。 キレイになって、 逝ってらっしゃい。 Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! racked: 2008-09-29 01:16
  • おくりびと

    Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★★★  『生』を慈しみ、『死』を尊ぶ   Weblog: カリスマ映画論 racked: 2008-09-30 09:50
  • 映画「おくりびと」を観に行った

    Excerpt: 話題の映画を見に行きました。 Weblog: 多数に埋もれる日記 racked: 2008-10-02 06:34
  • おくりびと 2008-55

    Excerpt: 「おくりびと」を観てきました~♪ 楽団のチョロ奏者、小林大悟(本木雅弘)は、突然楽団が解散したことから、チェロを棄て故郷の山形に帰る決心をした。新聞で見つけた求人募集の広告を読み面接に向かった。.. Weblog: 観たよ~ん~ racked: 2008-10-02 07:11
  • 「おくりびと」さよならをするために

    Excerpt: 「おくりびと」★★★★☆オススメ 本木雅弘 、広末涼子 、山崎努 主演 滝田洋二郎 監督、2008年、130分 高校生のときにボランティアで 老人ホームへお手伝いをしに行っていて、.. Weblog: soramove racked: 2008-10-02 23:31
  • 本木雅弘してやったりの主演映画は興収25億円

    Excerpt: 本木雅弘(42)はおそらくガッツポーズしているだろう。先月、公開された主演映画「おくりびと」が大ヒットを記録しているのだ。 公開前にモントリオール世界映画祭グランプリを受賞したことで弾みがつき、興収.. Weblog: ねぎ坊@ニュース racked: 2008-10-06 06:39
  • おくりびと

    Excerpt: 私の弟は葬儀会社に勤務しておりまして、1級葬祭ディレクターという厚労省認定資格ホルダーでもあります。だからこの映画、「笑って泣ける」と大評判になる前から気になってはいたものの、なかなか観に行く時間があ.. Weblog: 音次郎の夏炉冬扇 racked: 2008-10-13 11:58
  • おくりびと

    Excerpt: 試写会に行く予定だったのですが 仕事が入ったので妹に行ってもらいました。 観てきた彼女は大絶賛!! じゃあ、映画館で観ておく? というわけで映画館へ。 楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきら.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2008-10-23 15:47
  • 【映画】おくりびと

    Excerpt: ▼動機 連れてってと言われたので ▼感想 美しき日本の様式美 ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅.. Weblog: 新!やさぐれ日記 racked: 2008-10-24 22:04
  • ★「おくりびと」

    Excerpt: 今週の平日休みは・・・ TOHOシネマズの1ケ月フリーパスの期限が迫ってるので、 まとめて3本見ちゃいました。 その1本目。 第32回モントリオール世界映画祭グランプリ受賞とか、 アカデミー.. Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ racked: 2008-11-08 01:21
  • 映画:おくりびと 観てきました。

    Excerpt:  Goo映画では88点(記事作成時)という、高評価な映画、おくりびとを観てきました。 Weblog: よしなしごと racked: 2008-11-18 01:44
  • 「おくりびと」(日本 2008年)

    Excerpt: 夢を諦め故郷に戻ったチェロ奏者は、 遺体を棺に納める『納棺師』になった。 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2008-12-30 22:09
  • 観ました、「おくりびと」

    Excerpt: 滝田洋二郎監督の作品って初めて観ました。 山崎務さんは本当に素敵な俳優さんですね Weblog: オヨメ千感ヤマト racked: 2009-02-10 09:51
  • おくりびと

    Excerpt: こちらずっと気になっていた作品なかなか見ることが出来なかったんですがやっと映画館で見ることができました予備知識はアカデミーをとったことと納棺師のお話ということぐらいだったんですが思わず泣いてしまいまし.. Weblog: にき☆ろぐ racked: 2009-03-02 20:03
  • おくりびと (本木雅弘さん)

    Excerpt: ◆本木雅弘さん(のつもり)本木雅弘さんは、映画『おくりびと』に小林大悟 役で出演しています。第81回アカデミー賞外国語映画賞、および第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品ということで、先日、遅れ.. Weblog: yanajunのイラスト・まんが道 racked: 2009-03-03 23:37
  • おくりびと

    Excerpt: いのち芽吹く物語。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2009-03-04 10:28
  • おくりびと

    Excerpt: 2008 日本 邦画 ドラマ 作品のイメージ:感動、泣ける、笑える、ほのぼの、ためになる 出演:本木雅弘、広末涼子、笹野高史、余貴美子、山崎努 第 32回モントリオール世界映画祭でグランプリ.. Weblog: あず沙の映画レビュー・ノート racked: 2009-03-16 14:30
  • ~『おくりびと』~ ※ネタバレ有

    Excerpt: 2008年:日本映画、滝田洋二郎監督、小山薫堂脚本、本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、峰岸徹、笹野高史共演。第81回アカデミー賞外国映画賞をはじめ国内外の数多くの映画賞を受賞した作品。 ≪DVD鑑.. Weblog: ~青いそよ風が吹く街角~ racked: 2009-03-29 20:27
  • おくりびと-★★★-

    Excerpt:     (C) 2008 映画「おくりびと」製作委員会 製作年: 2008年 製作国: 日本 日本公開: 2008年9月13日 上映時間: 2時間10分 配給: 松竹 カラー/ビス.. Weblog: not simple. racked: 2009-05-19 00:27
  • おくりびと

    Excerpt: キレイになって、逝ってらっしゃい。 Weblog: Addict allcinema 映画レビュー racked: 2009-06-06 14:32
  • 『おくりびと』'08・日

    Excerpt: あらすじ所属する東京のオーケストラが解散し職を失ったチェロ奏者の大悟は演奏家を続けることを諦め妻の美香を連れて故郷の山形に戻ってくる。早速、求人広告で見つけたNKエージェントに面接に出かけ、その場で採.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2009-08-20 23:41
  • 映画「おくりびと」

    Excerpt: 監督:滝田洋二郎(あれ? 俺とっちゃたよ) 出演:本木雅弘(いいだしっぺ)広末涼子 山崎努(いぶし銀) 出演:余貴美子 笹野高史 峰岸徹 吉行和子 杉本哲太   「安らかな旅立ちのお.. Weblog: おそらく見聞録 racked: 2009-09-15 14:58
  • おくりびと

    Excerpt: TVで鑑賞―【story】楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は、好条件の求人広告を見つける。面接に向かうと社長の佐々木(山崎努)に即採用されるが、業務内容は遺.. Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★ racked: 2009-10-06 22:21
  • おくりびと

    Excerpt: [おくりびと] ブログ村キーワード 評価:7.5/10点満点 2009年20本目(18作品)です。 2009年に入ってまだ2ヶ月ですが、早くも20本目に突入しました。 ちなみに、昨年の20本.. Weblog: 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー! racked: 2009-10-12 17:37