天王山初戦 ジャイアンツ先勝

プロ野球ペナントレースも終盤戦。
東京ドームでは首位・タイガースと2位・ジャイアンツの直接対決となる天王山3連戦。

自分も、今日の試合を東京ドームにて観戦。
金曜日で台風が近づいて来ていましたが、球場には多くのファンが詰め掛けていました。

先発はジャイアンツ・グライシンガー、タイガース・安藤の両先発。
ともに勝ち頭を初戦の先発に起用した事からしても、両チームとも、この試合に懸ける意気込みが伝わって来ます。

2回表にタイガースが二死三塁から8番・矢野選手がライトへ大きな飛球を放つが、ライトのグラブに収まって無得点。
対するジャイアンツは、その裏に二死一塁の場面で8番・坂本選手がレフトフェンスに当たるタイムリー三塁打で先制。
レフトとライトの違いはあれど、同じ感じの飛球でアウトとヒットの明暗が分かれた形に。
4回にもジャイアンツは二死から連続四球でチャンスを掴み、再び坂本選手がタイムリー二塁打を打って2点を追加して3-0とジャイアンツペース。

しかし、タイガースも5回に犠牲フライで1点をグライシンガー投手から奪うが、その裏に、鈴木尚広選手の予想外(?)のホームランが飛び出して再び突き放す。
しかし、タイガースも首位の意地を見せて、6回に連続タイムリーで2点を取って1点差へ。

ここからは継投勝負となる7回裏に勝敗の分かれ目の場面が。
二死二塁から3番・小笠原選手を迎えた所で、タイガースは左のウィリアムス投手を投入。
そのジェフvs小笠原の対決はカウント1-3からのストレートをタイガースファンが陣取る左中間スタンドへ放り込むダメ押し2ラン。
小笠原選手は、このホームランでプロ通算300本塁打を達成しました。
画像

タイガースも粘りを見せたものの、7回の失点が響いて試合終了。
天王山3連戦の初戦はジャイアンツが6-4で先勝。

実際に生観戦して観て、「首位攻防戦」とか「天王山」の名にふさわしく、両チームの意地と意地がぶつかり合った好ゲームでした。
両チームのファンの声援も熱かった。
結果的には7回の小笠原選手の2ランが勝敗を決めたと思います。
画像


タイガースの先発・安藤投手は制球が定まずボール先行の苦しい投球。
4回の連続四球からタイムリーを打たれ、この回でマウンドを降りましたが、あんな投球内容では早い時期に交代させられても仕方なし。

ジャイアンツの先発・グライシンガー投手も、本来の投球ではなかったように映りましたが、悪いなりに7回まで投げ抜けられた事で試合を優位に進められました。
伊達にセ・リーグで最多勝争いのトップに位置するだけの事はあります。

これで首位と2位の差は2ゲーム。
3連戦の残り2試合で、今の差が縮まっているのか?広がっているのか?
土日の試合も要注目です。(TV観戦ですが・・・)

画像

画像