セ・リーグのマジックは水性マジック

3連休も2日目。
プロ野球は今日も6試合行われました。

セ・リーグで唯一デーゲームで行われたのは東京ドームのジャイアンツvsスワローズ。
ジャイアンツの2連勝で迎えた3戦目。
ジャイアンツの3タテか?あるいはスワローズが一矢報いるか?

先発はジャイアンツ・高橋尚成、スワローズ・由規の両投手。
前回、神宮の同カードでプロ初勝利を飾った由規投手が前回同様の投球が出来るか?

試合は2回裏にジャイアンツが1軍登録されたばかりの李承燁選手が左中間スタンドにライナーで突き刺さるホームランで先制。
3回にも小笠原・ラミレス両選手の連続タイムリーで2点を追加。
TV中継で観戦しておりましたが、解説の人が言うように前回と比べてストレートの走りがイマイチでしたね。

しかし、4回以降は由規投手が立ち直り、ジャイアンツ打線を無失点に抑える好投。
由規投手の好投に応えたいスワローズ打線は、5回に由規自ら犠牲フライを打って1点を返し、7回には川島慶三選手がソロホームランを放ち1点差。
9回にも死球とエラーで無死一、三塁と同点のチャンスを作るものの、昨日同様に、あと1本が出ず。

試合はジャイアンツが3-2で勝利し、同一カード3連勝。
由規投手に神宮のリベンジを果たしました。

ナイターでは2試合。
甲子園球場ではタイガースvsカープの3戦目。

先発はタイガース・金村暁、カープ・青木高広の両投手。
今季未勝利の金村投手の投球が焦点。

試合は初回にタイガースが金本選手の犠牲フライで先制。
対するカープも反撃し、3回に東出選手が同点タイムリー、4回にも一死満塁から梵選手のタイムリーと金村投手の暴投で2点を奪い逆転。

カープは小刻みな継投でタイガース打線の反撃を許さずに、最後は守護神・永川投手が締めてカープが3-1で勝利。
このカードはカープが2勝1敗で勝ち越し。
CS進出へ向けて、まだまだ踏みとどまっています。

これで首位・タイガースと2位・ジャイアンツのゲーム差は4。
タイガースの優勝マジック消滅は6度目。
今年のセ・リーグのマジックは水性マジック?それとも「消える」事から手品のマジック?

19日からの東京ドームでの直接対決までにゲーム差は縮まっているのか?或いは広がっているのか?
ゲーム差如何によっては、本当の天王山になりそうです。

パ・リーグはライオンズが首位を快走していますが、バファローズが猛追し、CS進出を含めて大混戦模様と化しています。
今月に入ってから勝ち星が伸びないライオンズは、最下位・イーグルス相手に逆転負け。

札幌ドームでは3位・ファイターズと2位・バファローズの直接対決でしたが、ファイターズが高橋信二選手の活躍で4点のビハインドを跳ね返し、昨日に続いて連勝。
2番手・坂元投手の好投も逆転勝ちと呼び水となりましたね。
明日は、ダルビッシュ投手が先発予定なので、3タテの可能性大です。

千葉マリンでは4位・マリーンズと5位・ホークスの対戦。
CS進出する為にも、後がない両チームの対戦でしたが、前日の続いての点の取り合い。
マリーンズが長打攻勢でホークス投手陣を粉砕し連勝しました。

この試合もNHKでBS中継されていたので、観ていたのですが、ホークスはかなり調子が悪いですね。
故障者続出した上に、頼みの和田投手まで打たれては・・・。

やはり勝敗を決めたのは、7回裏の水田投入でしたね。
先週の福岡での試合で今江選手に死球をぶつけてしまい、今季絶望に追い込んでしまった水田投手。
予想通り、水田の名前がコールされた途端に、マリンスタジアムは大ブーイングw

しかも第1球が打者の顔面付近を通過するボールを投げた事で、ここでも大ブーイング。
水田投入した事によって、球場の雰囲気までも変えてしまい、マリーンズ打線の餌食に。
1点ビハインドの場面なので、投入自体は間違いないのだが、投入せざるを得ない状況を作ってしまった分、ホークスに負けにフラグが立ってしまいましたね。

明日も6試合。
西日本では天気が崩れるようですが、3連休最後の1日なので、6試合とも無事に行われてほしいですよ。