福田首相が辞任 日本の政治は混迷を極めるばかり

福田首相が辞任表明を行いました。
あまりに突然の発表で、自分も驚いています。

福田康夫首相は1日午後9時半から首相官邸で緊急記者会見し「新しい布陣の下、政策実現を図らねばならないと判断し、辞任することにした」と述べ、退陣を表明した。求心力低下が指摘される中、12日召集予定の臨時国会を乗り切るのは困難と見て、自らの退陣により、事態の打開を図る必要があると判断した。
首相は8月1日に内閣改造を断行、人気のある麻生太郎氏を自民党の幹事長に起用したが、低迷する内閣支持率に大きな変化はなく、党内からは「福田首相では次期衆院選は戦えない」との声も漏れていた。また、臨時国会の日程や懸案の新テロ対策特別措置法の延長などをめぐり、公明党との関係もぎくしゃくしていた。一方、民主党は、臨時国会で福田首相を衆院解散に追い込むことを目指し、徹底対決する姿勢を鮮明にしていた。
自民党は、福田首相の辞意表明を受け、速やかに総裁選を行い、後継総裁を選出する見通し。麻生氏を軸に後継選びが展開されることになりそうだ。(時事通信) 

昨年も9月に当時の首相・安倍晋三が突然の辞任表明をして、国民を唖然とさせましたが、後任の福田首相までもが同じ9月の突然の辞任を発表するとは。
今回の辞任劇には自分も「なぜ」という気持ちと、「やっぱり」という気持ちが入り混じっているのですが、早かれ遅かれ辞める運命を辿っていたと思うので、正直どうでもいいです。
しかし、こういう事ばかりやっていて日本の政治は大丈夫なのでしょうか?

国会が始まってからでは混乱してしまうから、国会が始まる前に辞めるとか、新しい布陣の元で政策を行っていかないといけないとか、結局は自分の立場の事しか考えていなかったのではないか。
それに辞任するより解散するのが首相としての任務でしょう。
これ以上、自民党中心の政治は無理なのだから・・・。

先週も太田農水相が事務所費問題を物議を醸したり、姫井議員が民主党離党を土壇場で翻したなど与野党ともに混迷続きの政界。
その上、今回の福田首相の辞任表明と来たら、国民の政治離れは確実に進むでしょう。
仮に解散総選挙を行ったとしても、自分は投票所に足を運ぶ気になれません。」

辞任は先週末に決断したと記者会見で話していましたが、先週末に決めたのだったら昼間に発表してくれと思った人が多い筈。
21時30分なんて中途半端な時間に記者会見なんか行うから、帰宅後、或いは帰宅途中に呼び出された政治部担当記者もいるだろうし、TV番組を見ている途中に記者会見に切り替えられてムカついた人もいたかと思います。
ちなみに自分はTBSで「嫌われ松子に一生」を見ていました(汗)

首相に就任以降、いろいろと過去の政治問題が山積みになってしまったのは大変だったとは思いますが、やはり後任の首相が決まってから辞めるべきです。
父親は立派な首相だったようですが、息子は父親のようにはなれなかったと言う事ですね。
次の首相は誰になるのでしょうか?
誰がなるにしても、もう期待しない方がいいでしょう。

今回の件で、何故か読売新聞の主筆が騒いでいるようですが、いっその事、このお方に人事権を与えてみてはどうなのだろうか?
WBCの監督の人事権も持っているみたいだし(爆)


真空国会―福田「漂流政権」の深層
新潮社
読売新聞政治部
ユーザレビュー:
官僚の弊害とジャーナ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ