映画「崖の上のポニョ」

映画「崖の上のポニョ」を鑑賞しました。

この映画は、夏休みを機に現在公開中の作品で、大ヒットを記録した前作「ハウルの動く城」以来4年ぶりに宮崎駿監督が手掛けたファンタジー映画。
人間になりたいと願うさかなの子と5歳の男の子の友情と冒険を生き生きと描く。

5歳の少年・宗介は、海辺の小さな町の崖の上の一軒家で暮らしていた。
市街地から外れた彼の家の周囲には何も遮るものはなく、ただただ青く美しい海と空が広がっている。
仕事で留守になりがちな父親の不在を寂しく思っていた宗介だったが、ある日、浜でさかなの子ポニョと出会うことでその寂しさも忘れ、やがて2人は強い絆で結ばれていく。

予告CMの印象で今作は完全な子供向け作品なのか思っていたけど、全体的に見ると大人も子供も、その世界に入り込めるシーンもあり、ジブリらしさを前面に出していた印象。
今の映画はCG全盛であるのだが、そのCGを全く使わずに全て手書きの映像は、アニメの原点という拘りを持っているようで、実際に観ていても目が疲れない(^^;)

宗介は5歳とは思えない程、確りしている子でした。
自分が5歳の頃とは大違い(++)
その宗介の母であるリサは、見た目は大雑把な性格ながら宗介を心底愛しているのが行動からしても見て取れましたね。
今時と母親としては珍しい?
ただ、運転はちょっとw
何で、あんなカーブでスピード出すのか?

ポニョもかわいかったですね♪
宗介の優しさ触れて人間になりたいと願い、その宗介の血を舐めた事によって人間と化していくのだが、まだストーリーの中盤で人間になってしまうのだから、この後、どういう演出があるのか不安になっていましたが、そこは確りとストーリーを纏めていた所は流石でした。

一方で現代社会を風刺している場面も。
冒頭の部分の家出したばかりのポニョが瓶に顔が挟まってしまうシーンがありましたが、その時に映し出されていた海の中の大量のゴミは実際でもある事。
きれいな海が人間によって汚されてしまうのは、同じ人間として考える所がありました。


残念な部分があるとすれば、やはり一部の声優になってしまうか(汗)
宗介の父親役の耕一の長嶋一茂も、地声でやっていたし(爆)、フジモト役の所ジョージもどことなく台詞回しが良くなかった印象が自分の中にはありました。
まぁ、プロじゃないので、そこは大目に見ないといけないのかな?

最後は、あの歌で締め括られましたが、やはり耳に残るフレーズでしたよ♪
大人でも口ずさんでいる人がいるようですが、それもわかる気がしました。
子供だけなく大人も楽しめる作品に仕上がった「崖の上のポニョ」
やはり宮崎駿監督の作品は素晴らしいです(笑)


崖の上のポニョ
ヤマハミュージックコミュニケーションズ
2007-12-05
藤岡藤巻と大橋のぞみ
ユーザレビュー:
こればっかりは・・・ ...
音痴なんて関係ないだ ...
歌詞が良いですいつの ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ