北京オリンピック8日目

北京オリンピックは8日目。
今日も日本人金メダリストが誕生しました♪

柔道
柔道も今日で最終日。
男女とも最重量級の試合ですが、勝って最後を締め括れるか?

男子100キロ超級では石井慧選手が登場。
内柴選手の金メダル以外はメダルなしの男子柔道陣。
国際試合での強さを重視されてだ代表に選ばれた選手だけに、どこまでオリンピックという独特の舞台で自分の力を出せるか?

その石井は初戦から準々決勝まで1本勝ちし、準決勝でも終了間際に抑え込み1本勝ちと、準決勝まで全て1本勝ちで勝ち上がり決勝進出。
決勝戦はウズベキスタンのタングリエフ選手と対戦し、積極的に攻めポイントを重ねて優勢勝ちし、五輪初出場で金メダルを獲得しました。

金メダルを獲得した石井選手。
初戦から決勝まで文句なしの試合内容でした。

しかしながら、終わり良ければ全て良しとは言えないくらい、男子柔道陣の成績は全体的に芳しくなかったです。
金メダルを獲得した2選手以外は早々に敗退し、敗者復活戦にすら進めない選手もチラホラ。
そろそろ国際試合用の柔道を身に着けないと、ますます日本は取り残されていってしまいますよ。

女子78キロ超級ではアテネ五輪金メダリストの塚田真希選手が登場。
谷本・上野両選手に続くオリンピック連覇なるか?

塚田選手も初戦から準決勝まで順当に勝ち上がり、アテネに続き決勝戦へ。
決勝戦の相手は世界選手権2連覇の中国の選手。
やはりホスト国の選手が出る決勝戦だけに、館内は完全アウェーのムードでしたね。

試合は塚田選手がポイントでリードし、試合終了まで、あとわずかと迫った残り11秒に一本背負いをかけられてしまい、逆転の1本負け。
アテネ五輪に続く金メダルは目前に逃げてしまう結果となりました。

敗れてしまったとはいえ、最後まで攻めの柔道に徹した塚田選手の戦いぶりは見事でした。
それにしても、勝った中国の選手。
あの巨体で素早い一本背負いをかけられるなんて・・・。
ありゃ「怪物」ですな(汗)

野球
野球予選リーグは3戦目。
日本はオランダとの対戦。

先発は杉内投手で、阿部捕手とのバッテリー。
内野手は一塁手・新井、二塁手・西岡、三塁手・村田、遊撃手・中島。
外野手は左翼手・森野、中堅手・青木、右翼手・稲葉でDH・GG佐藤。
先発投手以外は守備陣・打順と同じw

初回に日本は、2試合ノーヒットだった3番・森野、4番・新井両選手の連続タイムリーと5番・稲葉選手の犠牲フライで幸先良く4点を先制。
コールド勝ちするのではないかと思わせるような立ち上がりだったのですが、その後は、オランダ相手に追加点を奪えないヤキモキするような展開。

一方で先発・杉内投手はオランダ打線を相手に好投。
コントロールも良く、球にもキレを感じて、見ていて安心出来る投球内容。
杉内投手は7回を投げて無失点と先発投手の役割を果たして、リリーフ陣に託す。

8回に登板した2番手・田中投手は制球が乱れがちになり、走者を二人背負ったものの、要所を締めて、こちらも役割を果たしました。

スミ4のままの打線は、8回ウラに当たっていないGG佐藤選手が泳いだ体勢ながら、力でレフトスタンドまで持って行くホームランで待望の追加点。
その後も1点を奪い、最後の守りも3番手・川上投手がきっちり3人で抑えて日本が6-0でオランダに勝利!
これで通算成績を2勝1敗としました。

さて、勝つには勝ちましたが、相手国の力量を考えても、もう少し楽な展開に出来なかったものなのかなと思いながら見ていました。
もっとも、相手も五輪に出場する程の国なのだから、楽に勝てるような相手ではないのはわかっているんですけどね。
当たりの出ていなかった新井・森野・GG佐藤に当たりが出たのは収穫。
GG佐藤は、ユニの背中を見る限り、オリンピックでも登録名がGG佐藤なんですね(笑)

次の相手は韓国。
予選突破を確実なものにする為には負けられない相手。
和田投手の先発が予想されますが、チームメイトの杉内投手の好投に刺激を受けた筈なので、快心の投球をしてくれる事でしょう!

サッカー
女子サッカーも決勝トーナメントへ。
日本の相手は開催国・中国。

試合は日本がボールを支配し、中国陣内に攻め込み、前半15分にCKからのボールを澤選手が頭で合わせて先制ゴール!
その後も縦パスを駆使して中国陣内を攻めるが、追加点を奪えずに、終盤には中国に攻められる場面もあったが、1-0の日本リードで前半終了!

後半早々に日本が負傷退場者を出してしまうアクシデントがあったが、前半と同じような感じで中国陣内で攻めあがる場面も。
一方の中国は早めの選手交代で同点ゴールを狙ってきたが、後半35分に日本がカウンターでチャンスを掴み、ゴール前の混戦から永里選手が左足で豪快に蹴りこみ、ダメ押しとなる追加点。

日本が中国相手に2-0で勝利しベスト4へ進出!
女子代表としては五輪・ワールドカップを通じて初のベスト4入りを果たしました。
18日に行われる準決勝では決勝進出をかけて、予選リーグで負けたアメリカと対戦します。

試合を観ていて、力的には日本の方が上と言った印象がありましたが、それでも開催国の中国相手に勝利してくれたのは気分がいいですね。
日本に負けた事で中国人サポーターのフラストレーションは相当に溜まってしまったのではないか?
今頃、スタジアムの外で暴動なんかやらかしてそうな気がする(爆)


ユーザレビュー:
操作がシビアゲームを ...
映像についてセガとい ...
グラフィックは圧巻で ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ