9回ニ死から同点もドロー

今夜は仕事帰りに東京ドームにて北海道日本ハムファイターズvs東北楽天ゴールデンイーグルスの試合を観戦して来ました。

イーグルス・野村監督は、今日の試合で監督通算3000試合。
監督として、そこまで務められるとは、流石ですね。
画像

先発はファイターズ・スウィーニー、イーグルス・長谷部の両投手。
監督の節目となる試合で長谷部投手がどのような投球を見せるか?

自分は球場入りした時には、3回裏の攻撃中でスコアを見てみると3-1でイーグルスがリード。
それそれ両外国人のホームランで取った得点との事です。

4回にイーグルスがタイムリーで1点を返して突き放すが、ファイターズは5回と6回にそれぞれ1点ずつ取って1点差に。
押せ押せのファイターズは7回にも相手の守備の乱れなどから一死ニ、三塁とするが1・2番が凡退し同点のチャンスをモノに出来ず。

そして、4-3でイーグルスリードのまま迎えた9回裏のファイターズの攻撃もあっさり2アウト。
追い詰められたファイターズは8番・鶴岡選手の代打として、この試合スタメンから外れていた稲葉選手が登場。
稲葉登場で東京ドームのボルテージも最高潮に達し、稲葉ジャンプも沸き起こるが、札幌と違って東京ドームは揺れません。

その稲葉選手はニ遊間を抜けるヒット。
この代打ヒットで稲葉選手は通算1,500試合出場と1,500本安打を達成。
節目の記録をWで達成しました。
画像

このヒットで勢いに乗ったファイターズは続く代打・小田選手もヒットで続きニ死一、三塁。
このチャンスでこれまで4打席凡退の1番・森本選手が一、二塁間を抜けるタイムリー二塁打で同点に。
交流戦では観られなかったヒチョリの活躍を観れて良かったです♪
尚もサヨナラのチャンスを迎えるが同点止まりのまま延長へ

結局、延長戦でも決着がつかず4-4のドローに終わりました。
それぞれに節目の記録を達成した試合でしたが、痛み分けと言った所でしょうか?
最後まで観戦しましたが、10時過ぎまで続いたのは堪えましたね。
明日も仕事が待っているわけですから(涙)
画像

個人的にはイーグルスの継投に疑問を感じました。
8回・小山、9回・川岸のリレーでしたが、球威などを考えたら順番は逆だと思いましたが?
連敗中だけに上手く行かない時は、何をやっても上手く行かないものですね。

北海道に移転後、東京ドーム開催のファイターズ戦は毎年観戦していますが、やはり札幌のようには行かないですね。
それでも東京のファンの声援も暑かったです。
マリーンズも上がってきて混戦模様の様相を呈してきたパ・リーグ。
これからも目が離せない戦いが続きそうです。


ユーザレビュー:
知恵の人、野村監督  ...
野村監督の生き方がわ ...
野村氏の印象が変わっ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ