2008年交流戦も前半戦を終了

今日の交流戦は1試合。
千葉マリンスタジアムで千葉ロッテマリーンズvs中日ドラゴンズの2戦目が行われました。

3日の試合が中止になって予備日での試合。
昨日はマリーンズが勝ちましたが、前日に続いての連勝なるか?

先発はマリーンズ・唐川、ドラゴンズ・小笠原の両投手。
ともに千葉県出身という事で、千葉マリンは絶好の舞台。

交流戦になってから2試合連続KOの唐川投手は、1~2回を0点に抑えるが、3回に連打と四球で満塁としてしまい、4番・和田選手に先制点となる犠牲フライで先制点を献上。
続く中村紀洋選手に高めに浮いたストレートをライトスタンドまで運ばれる3ランを浴びてしまい、この回だけで4失点を喫してしまう。

しかし、4回以降はカーブを有効に使いドラゴンズ打線に追加点を与えず、7回を投げて7安打4失点と、とりあえずは先発投手としての役目を果たす。
そんな唐川を援護したい打線ですが、小笠原投手の前に再三のように塁上に走者を出すものの、得点は5回の南選手のソロホームラン1本のみ。

7回には満塁のチャンスを作って勝負強い里崎選手を打席に。
その里崎が左中間方向に抜ければ長打となる当たりを放つものの、和田選手のファインプレーが飛び出して無得点。

試合はドラゴンズが4-1で逃げ切って前日のリベンジ。
交流戦下位チーム同士の対決となった同カードは1勝1敗。
唐川投手はプロ入り初の敗戦投手となってしまいました。

昨日の試合では、事実上の決勝点となってしまったランニングホームランをアシストしてしまい、打っても最終回に一打同点の場面で併殺に倒れてしまい、攻守に足を引っ張ってしまった和田選手。
今日の試合では、先制打に同点のピンチを防いだファインプレーと、前日のリベンジを果たした形となりました。
良くも悪くも和田選手が目立ってしまった2連戦でした(笑)

敗戦投手となってしまった唐川投手ですが、前の2試合よりと違ってゲームを作れた分、敗戦投手になってしまったとは言え、先発投手としての役割は果たせたと思います。
それよりも打つ方ですね。
10安打を放ちながら1点しか取れないとは・・・。

これで交流戦は前半戦を終了。
ここまではパ・リーグの41勝31敗とパが圧倒しています。
交流戦首位がパの3チーム(F、E、Sh)である事からしてもパ・リーグ優位である事は否めないでしょう。

明日より後半戦を迎えます。
後半戦はセ・リーグチームの主催試合が多くなるので、セのチームとしては、ここから巻き返そうと思っている事でしょう。
自分も交流戦を何試合か観戦予定となっていますが、リーグの垣根を越えた熱い戦いを最後まで展開してほしいです。

ドアラの休日 げんじつとうひ、してみました。
ドアラの休日 げんじつとうひ、してみました。 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0