バーレーンにリベンジ グループリーグ1位で最終予選進出 

2010年南アフリカW杯のアジア3次予選は最終戦。
既に最終予選を決めている日本はホーム・埼玉スタジアムでバーレーンとの対戦。

バーレーンとは3月にアウェーで敗れている相手。
勝って最終予選へ弾みをつけておきたい試合。

スタメンは以下の通り
GK:楢崎
DF:中澤、闘莉王、安田、内田
MF:中村俊、遠藤、中村憲、本田
FW:玉田、佐藤

FWは玉田・佐藤の2TOP。
足を痛めている中村俊輔選手も強行出場で、本田選手はA代表初出場。
この日の埼玉は大雨。
試合も雨の中での難しい戦いだったようです。

試合は後半ロスタイムに内田選手の空中戦で競り勝ったヘディングが、そのままゴールとなるラッキーな1点で日本が1-0で勝利。
この試合は外出中でリアルタイムで観ていなかったので、スポーツニュースで確認した程度の知識だったのですが、内田のゴールは本当にラッキーなゴールでしたね。
まぁ運を味方につけただけでも良しですね。

ただ、その前に何度か得点のチャンスがあったみたいですね。
本田選手のFK、遠藤選手のFK、そして中村俊輔選手のPKとことごとくゴールにならなかったようで。
特にPKを外すとは・・・。

逆にバーレーンに攻め込まれる場面もありましたが、そこはGK・楢崎選手がファインセーブで防いでいましたね。
最終予選もGKは楢崎で回す事になるでしょう。

これでグループリーグ1位通過で最終予選へ進む事になりましたが、まだまだ課題は山積みですね。
最終予選では更なる難敵が待ち受けています。
岡田監督がどのようなチームを仕上げて来るのか静観する事にしましょう。

スポーツニュースで観たが、椅子男の掌返したかのような岡田監督擁護発言には呆れさせてくれます。
自ら解任論を唱えておきながら、ずっと支持しているとは、どういう思考回路なのでしょうか?

それと日本サッカー界で変な出来事ばかり増えてきています。
自分も観戦した埼スタでの暴動を引き起こした脚サポの永久追放とか、今年移籍したばかりなのにスタメンで使われないからと言って契約を残しているのに他チームへ移籍する選手が出たりとか・・・。

今度の土曜日からJリーグも再開します。
リーグ戦が今から待ち遠しいですね。

FIFA 2002 ワールドカップ オフィシャルビデオ 日本 VS チュニジア
FIFA 2002 ワールドカップ オフィシャルビデオ 日本 VS チュニジア [VHS]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0