映画「ザ・マジックアワー」

話題の映画「ザ・マジックアワー」を鑑賞しました。

この作品は三谷幸喜が脚本と監督を務め、暗黒界のボスの愛人に手を出した男が、命を助けてもらう代償に伝説の殺し屋を探し出すコメディータッチの映画。
映画監督のふりをして無名の俳優を幻の殺し屋に仕立て上げようとする、しがないギャングの苦肉の策を描く。
撮影と思い込み殺し屋に成り切る俳優と、その俳優を騙す男を中心とした言葉の遣り取りが絶妙で、上映中は館内からも笑いが絶えなかったです(笑)

ちなみにマジックアワーとは、陽が沈んだ直後の僅かな時間帯を意味する言葉。
光源が無いため影が生まれない現象をマジックアワーと言うそうです。

ストーリーは、暗黒界の顔役・天塩幸之助(西田敏行)の愛人・高千穂マリ(深津絵里)に手を出してしまった手下の備後登(妻夫木聡)は、命の代償に伝説の殺し屋であるデラ富樫を探し出すハメに。
期限の5日が迫ってもデラを見つけ出せない備後は無名の三流役者・村田大樹(佐藤浩市)を雇い、殺し屋に仕立てあげるという苦肉の策を思いつく。

まぁ、感想を端的に述べれば笑わせてくれた映画でした。
映画撮影と現実の世界を一緒にしてしまうというありえない展開ながら、見事なまでに会話になっていてストーリーにも辻褄が合っていました。

主役の村田を演じた佐藤浩市の演技も見事。
今まで二枚目役が多かった彼ですが、今回のようなコメディも演じる事が出来たのは、正直意外でした。
村田は騙す側にいながら、本当は騙されている微妙なポジションに立っており、村田自身は映画撮影だと思い込んでいる為に、本当は危ない世界に足を踏み入れている事を認識していない。
海外マフィアとの銃撃戦でも一人だけ映画撮影の1シーンと思い込んでいるので、銃撃戦を楽しんでいた表情が余計に笑えました。
実際にはありえない話ですが(汗)

デラ富樫になりきった村田が天塩の前で「オレがデラ富樫だ」などと言ってペーパーナイフを舐めたりしゃぶったりするシーンが3回程合ったのだが、あの場面では西田敏行の俳優としての貫禄を感じましたね。
もし、自分が天塩役を演じていたら、目の前であの場面を見せられたら笑いを堪えるのに必死か、もしくは笑いを堪えきれずにいたと思うのですが、それを顔色一つ変えずに「そんなに好きかね」とか「そんなに美味しいかね」と真顔でツッコミを入れる様は、完全にギャングのボスになりきっている姿を魅せられました。

勿論、その他の共演者達も芸達者で持ち味を発揮していましたが、この映画は佐藤浩市と西田敏行の2人の演技と存在感によって成り立っている映画なのかもしれません。

この映画の面白さは、備後に騙されている村田とギャング達の遣り取りでしょう。
映画撮影と思い込んでいる村田と、その村田を本物のデラ富樫と思い込んでいる天塩商会の連中。
しかしながら、騙されている内容が違うので、普通は噛み合うわけがない会話が、お互いの考え方とは違う意味ながらも噛み合ってしまい、お互いに勘違いしたままなのに流れだけは何事もなく円滑に運んでしまう。
勿論、現実の世界ではありえない展開ですが、言葉の不思議さを感じる映画でした。

上映時間も終わりに近づいた時に、本物のデラ富樫の存在が気になったのですが、最後の最後で登場させるあたりにも心憎い演出。
ただ、伝説の殺し屋にしては「殺し屋」の雰囲気を醸していなかったのが残念。

天海祐希や中井貴一をチョイ役で使われていましたが、彼らのような役者をそういう役回しが出来るのも三谷幸喜ならでは?
今季は邦画が全体的にイマイチですが、久しぶりに笑える邦画を堪能出来ました。
でもリピートで観ることはないかな(汗)

「ザ・マジックアワー」 オフィシャルブック (ぴあMOOK)