6度目の正直で5割到達

交流戦も4カード目。
西日本では雨が降っていた地域もありましたが、無事3試合行われました。

勝率5割まで、あと1勝のジャイアンツは東京ドームにてイーグルスと対戦。
過去5回も勝率5割に挑みながら、いずれも失敗し、次の試合にも負けて借金3へ戻ってしまう悪循環に陥っているだけに6度目の正直なるか?

先発はジャイアンツ・内海、イーグルス・長谷部の両左腕投手。
長谷部投手は初先発。初物に弱いとされるジャイアンツ打線を相手にどのような投球をするか?

試合は2回にイーグルスが中島選手のプロ入り初ホームランで先制するが、その裏にジャイアンツが谷選手がセンターバックスクリーンに飛び込む、今季1号であっさり逆転。
3回にも長谷部投手が四死球で走者を貯めてしまい、阿部選手が3ランを放ち、新人左腕に厳しいプロの洗礼を浴びせる攻撃。

結局、長谷部投手は4回を投げて5失点とプロ入り初先発は不本意な内容。
野村監督の奇襲も失敗に終わりました。
もっとも、ジャイアンツの今のメンバーでは右が来ようと左が来ようと同じなんですが(汗)

長谷部投手とは対象的に内海投手は快調な投球。
3回以降は1安打、8回まで毎回奪三振に抑える好投で9回を投げ抜き、4安打11奪三振無四球の内容でチーム打率が12球団1のイーグルス打線を寄せ付けずに完投勝利。
この試合に勝利したジャイアンツが51試合目にして、ようやく勝率を5割に到達しました。

亀井離脱、ゴンザレス問題など痛い話題ばかりだったジャイアンツですが、試合となると話は別。
TV観戦でしたが、内海投手は速球・変化球ともにキレを感じました。
事実、見逃し三振も多かったですしね。

前回の登板ではあと1アウトで勝利投手の権利を得られたにも関わらず無念の降板。
この試合では期するものがあったと思います。

試合後の野村監督のボヤキもイマイチ冴えがなかったですね。
次の試合では、どんなボヤキが聞かれることやら(笑)

交流戦その他の話題
甲子園では雨の中、タイガースとマリーンズが対戦。
マリーンズの先発はルーキー・唐川投手でしたが、3回を投げて4失点と不本意な内容。
前回に続きプロの厳しさを思い知らされた形となりました。

しかし、試合は4点リードされたマリーンズが中盤でひっくり返し、2番手・久保投手の好投もあって1点差を守り切り。セ・リーグの首位・タイガース相手に先勝。

VTRで見ただけですが、唐川はストレートが極端にシュート回転しましたね。
あれでは打たれても仕方ありません。
一方で2番手・久保投手の好投が光りましたね。
個人的には久保を後ろに回した方がいいような気がします。

この試合をBSで観戦していましたが、里崎選手の打席の時にバックネット裏の席でコマネチをやっていたタイガースファンがいましたね(汗)
そんなに全国に恥をさらしたい?

この人、最近よく本を出しますね
野村の「眼」―弱者の戦い

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0