コリンズ監督がシーズン途中で電撃辞任

交流戦に突入したプロ野球界に突然の知らせが飛び込みました。

オリックス・バファローズのコリンズ監督が、シーズン途中に突然の辞任を発表。
後任は大石大二郎ヘッドコーチが監督代行として、指揮を執る事になります。
プロ野球のオリックス・バファローズは21日、成績不振を理由に、テリー・コリンズ監督(58)が辞任すると発表した。
大石大二郎ヘッドコーチ(49)が監督代行として、23日の広島戦(京セラドーム大阪)から指揮を執る。
コリンズ監督は、球団が業務提携を結ぶ米大リーグ・ドジャースの育成部長から一昨年秋に就任、昨年は62勝77敗5分けで、3年ぶりのリーグ最下位に終わった。
3年契約の2年目となる今季は、ローズ、ラロッカ、カブレラの外国人選手トリオを軸に強力打線を組んだが、投打の歯車がかみ合わず、21日現在で21勝28敗の5位と低迷していた。
コリンズ監督は、米大リーグのアストロズとエンゼルスで計6年間監督を務め、5年連続で地区2位に導いた実績も買われて、チームの再建を任されたが、果たせなかった。
21日、神戸市のスカイマークスタジアムで行われた交流戦の阪神戦後に行われた記者会見で、コリンズ監督は「監督というのは強い情熱を持っていないといけない。しかし、メラメラと燃えるものがなくなった」と話した。
辞任の意思は16日に、中村勝広球団本部長に伝えたという。(読売新聞)

最初、聞いた時は耳を疑いましたが、この球団だったらやりかねないなと瞬時に思ってしまいましたね。
2003年にも当時の石毛宏典監督を4月に解任させた過去がありましたから。
本当に、ここの球団はまともな話題を提供しません(呆)

見出しでは「電撃辞任」となっているが、実際には「解任」ではないのかとの見方もあるかと思います。
もしかしたら親会社やフロントと何らかの確執があったのではないでしょうか?
でも「メラメラと燃えるものがなくなった」から辞めるって・・・。
そんな適当な気持ちで監督をやっていたのでしょうか?
もし、そうだとしたら選手が気の毒です。(メラメラって英語で何て言うんだろう?)

監督としてメジャー通算444勝の実績を誇ったコリンズ監督でしたが、日本では結果を残す事は出来ませんでした。
でも、この監督は日本の野球に順応しようと言う気持ちが全くなかったように感じます。
2軍の情報には無関心だったらしいし、起用する選手にしたって大味なプレーをするタイプ選手ばかり。
ここが日本の野球に順応出来たバレンタイン監督やヒルマン監督との大きな違いだったのではないでしょうか?
そういう意味ではカープ・ブラウン監督もコリンズ監督に考え方が似ています(汗)

フロントもバレンタイン・ヒルマンと外国人監督が続けて日本一になったから、外国人監督を起用しようと考えたのでしょう。
もし、そうだとしたら、あまりにも考え方が浅はかです(呆)

後任で指揮を執る大石大二郎ヘッドコーチ。
サーパス(2軍)で指揮を執った経験もあるらしいが、監督としては未知数。
かつて仰木さんの下でプレーした事もあるだけに、どのような采配をするのかも、今後の交流戦の焦点になっていくでしょう。
個人的には、中村GMが現場復帰してくれた方がネタ的にも良かったのですが(中村勝カレーの復活とか・・・)

やはり、シルクと一緒に帰国するんですかね(笑)
もしかして、こっちの方でメラメラしているんじゃw

BBM オリックス・バファローズ 2008
BBMオリックスバファローズ2008トレーディングカード (BOX)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0