2008年 セ・パ交流戦開幕

今日からセ・パ交流戦が開幕。
今年で4年目を迎える交流戦ですが、一体、どのようなドラマが待ち受けているのでしょうか?

北海道日本ハム6-3横浜
昨年の交流戦覇者・ファイターズが地元・札幌で交流戦開幕。
相手は過去3年全て負け越しているベイスターズ(汗)

先発はファイターズ・グリン、ベイスターズ・那須野の両投手。

試合は序盤からファイターズペース。
2回に3連打と押し出し四球で2点を先制し、4回にも那須野投手の制球の乱れに乗じて2点を追加し、ベイスターズの先発・那須野をKO。

7~8回にベイスターズが反撃して、一時は2点差に詰め寄るものの、ファイターズが序盤のリードを守り切って交流戦連覇に向けて白星スタート。
昨年の交流戦MVP・グリン投手も昨年に続いて交流戦開幕勝利投手。

東北楽天6-1中日
野村監督vs落合監督の采配勝負も見物な同カード。
先発はイーグルス・永井、ドラゴンズ・小笠原の両投手。

試合は投手戦。
2回にイーグルスが先制し、先発・永井投手もドラゴンズ打線を0点に抑える好投を見せるが、6回にウッズ選手にホームランを打たれ同点。
ウッズらしい右方向へのホームランでしたが、かなり振り遅れていたように見えましたが・・・。

1-1のまま迎えた8回ウラ。
イーグルスは塩川選手の二盗・三盗でチャンスを掴み、フェルナンデス選手のタイムリーで勝ち越すと、一気に畳み掛ける攻撃で一挙5点を奪い、イーグルスがドラゴンズに勝利。
これでドラゴンズは4年連続交流戦黒星発進。

巨人12-11千葉ロッテ
午前中は大荒れに荒れた幕張方面。
雨が止んだとはいえ強風中止になるかと思っていましたが、試合は無事決行。

先発はマリーンズ・唐川、ジャイアンツ・高橋尚成の両投手。
初登板から3連勝中の高卒ルーキー・唐川投手が、セ・リーグ相手にどのような投球が出来るかが、この試合の焦点。

試合は午前中の東京湾並みに荒れたゲーム展開。
2回に両チーム2点ずつ取り合い、3回にマリーンズが大量6点を奪い、高橋尚成投手をKO!
しかし、唐川投手の方もピリッとせず、ジャイアンツ打線に13安打6失点を浴び、勝利投手まであと1人としながら無念の降板。

7回表にジャイアンツが同点に追いつくが、そのウラにマリーンズが2点を返し再び突き放す。
しかし、それでも試合が落ち着く事なく、8回にジャイアンツがマリーンズの継投の代わりバナを捕らえてラミレス選手の逆転3ランで勝ち越し。

2点のリードを奪ったジャイアンツは、8回・豊田、9回・クルーンのリレーで辛くも逃げ切り。
一時は6点差をつけられながらの逆転勝利。
マリーンズは5月になってから投手陣が不安定ですが、この試合でも2ケタ失点。
やはり里崎・橋本両捕手の故障離脱、YFKの抜けた穴はあまりにも大きいです。
それにしてもラミレス選手の終盤での勝負強い打撃はケタ違いですなぁ・・・。

オリックス4-3阪神
関西ダービーとなる同カード。
京セラドームには3万人集まったようですが、果たしてホームのファンは何割?

先発はバファローズ・近藤、タイガース・下柳の両投手。

タイガースは初回に4番・金本選手のタイムリーで先制。
5回にも新井・金本選手の連続タイムリーで2点を追加し、優位に試合を進める。

タイガースの勝ちパターンのイニングに入った7回ウラにバファローズが反撃。
7回二死になった所でタイガースは下柳投手から2番手・渡辺投手にスイッチするが、北川選手がタイムリーで1点を返し、4番・ローズ選手を迎えた所で、3番手にウィリアムス投手にスイッチ。
しかし、制球の定まらないジェフから一気に3点を奪い、バファローズが逆転に成功。

この1点を守り切って関西ダービーの初戦はバファローズが先勝。
タイガースとしては、7回二死からの継投が大失敗に終わり、新井選手が打点を挙げたら勝つと言う「新井神話」も崩壊しました。
タイガースは今季も交流戦専用のユニを着用しましたが、暗黒時代の90年代を髣髴させるようなユニでしたね。

福岡ソフトバンク4-3広島
今日、5月20日は王監督68歳の誕生日。
その王監督の誕生日を白星で飾るか?

先発はホークス・和田、カープ・大竹の両投手。

試合はカープが2回に1点を先制するが、ホークスは4回に一死一、二塁から小久保選手が3ランを放ち逆転に成功!
2点を追いかけるカープは5回に3番・アレックス選手の2ランで同点に追いつくが、そのウラにホークスが1点を返して再び勝ち越し。

6回以降は両チーム共に点を取る事なく、試合はホークスが4-3で逃げ切り、王監督の誕生日を白星で飾りました。
カープは明日の5月21日に25歳の誕生日を迎える大竹投手が1人で投げ切る好投をしたものの、中盤に乱れてしまい敗戦投手。
1日早いバースデーセルフプレゼントは夢と消えました。

埼玉西武ライオンズvs東京ヤクルトスワローズは今日は試合なく、1日遅れでスタート。(何故に1日遅れ?)
ライオンズの交流戦開幕投手は、昨年までスワローズに在籍していた石井一久投手の先発が予想されるだけに古巣相手に、どんな投球するか楽しみです。

今日の5試合は千葉を除けば、全てパ・リーグの勝利。
パ・リーグの主催試合からのスタートというのも考慮したとしても、今年もパ高セ低になるのでしょうか?
パ・リーグで唯一敗れたマリーンズは、これでリーグ最下位に転落。
最近のマリーンズの投手リレーは本当にメチャクチャで、最下位転落も当たり前と言えば当たり前ですね。

今年の交流戦は、どのようなドラマが待っているのか?
生観戦も何試合か予定しているので、是非ともいい試合を観戦したいです。

プロ野球カラー名鑑 (2008) (B.B.MOOK―スポーツシリーズ (537))

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0