勝敗を決めた終盤の4番勝負

全国的に雨で6試合中4試合が中止になったプロ野球。
東京も雨でしたが、雨の影響がない東京ドームでは予定通り試合が行われました。

ジャイアンツvsドラゴンズ3連戦の2戦目。
自分も東京ドームまで観戦して来ました。
今季初の東京ドーム観戦になります♪(一塁側1階席です)
画像

昼はサッカー観戦、夜は野球観戦を敢行。
ちょうど南北線一本で通えるので5時30分前には球場入り出来ました。

先発はジャイアンツ・野間口、ドラゴンズ・吉見の両投手。
ドラゴンズが前日に続き連勝するか?ジャイアンツが勝ってタイにするか?

試合は初回にジャイアンツが坂本選手のホームランで先制し、2回には脇谷選手が、4回には亀井選手がそれぞれタイムリーを放つなど若手の活躍でジャイアンツが序盤で4点を取り主導権を握る。
ドラゴンズの先発・吉見投手が制球が定まらない所を捕まり4回で降板の憂き目に。

対象的にジャイアンツの先発・野間口投手は快調な投球。
6回にウッズ選手に抜け球をレフトスタンドへ運ばれてしまう失敗があったものの、6回を投げて3失点と先発投手としての役割を果たす。

同点に追いつきたいドラゴンズは8回に代打・テラロザ選手がジャイアンツの3番手・山口投手からホームランを放ち同点に。
この代打ホームランは夢でも見ているかのような出来事でした(汗)

一気に勝ち越したいドラゴンズは二死三塁と勝ち越しのチャンスに4番・ウッズ選手が打席に。
山口投手がウッズに真っ向勝負を挑み内野ゴロに抑えてピンチを脱出。

同点に追いつかれたジャイアンツは、そのウラに二死三塁と勝ち越しのチャンスに迎える打者は4番・ラミレス選手。
ラミレスは初球を三遊間に抜けるタイムリーヒットを放ち勝ち越し。

9回にクルーン投手が二死から連打でピンチを演出するものの、最後の打者を三振に仕留めて試合終了。
ジャイアンツが苦しみながらもドラゴンズに競り勝ちました。

この試合の勝敗の分かれ目は、8回の攻防における4番打者との勝負でした。
1番・四球、2番・送りバント、3番・内野ゴロの進塁打。
4番を迎えるシチュエーションが全く同じだったのですが、大きな違いは4番が凡打に倒れたかタイムリーを打ったか。
個人的にはウッズ勝負は正解、ラミレス勝負は間違いですね。
両チームの5番打者を考えると、ウッズより和田選手の方が状態が良く、ラミレスより阿部選手の方が状態が良くない。
自分も観ていてラミレス敬遠・阿部勝負と思っていましたから。

でも、安打数やチャンスの数だけを見れば、こんな接戦になるとは思いませんでした。
チャンスであと1本が出ないジャイアンツの状態は、まだ上向きとは言えず、逆にドラゴンズは少ないチャンスを活かせる術を知っているなと感じてしまいます。

おまけに試合が終わるのも遅かった。
ドラゴンズの猫の目継投のせいもあるのだが、やはり試合時間は少しでも短くしてほしいのが本音です。
画像

                 東京ドームの豚キムチ丼♪ 

プロ野球 昭和の名選手
プロ野球 昭和の名選手 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0