映画「犬と私と10の約束」

映画「犬と私と10の約束」を鑑賞して来ました。

この映画は、北海道の函館市が舞台で、少女と犬の10年間を綴ったストーリー。
個人的な話ながら、動物が絡んだ映画は、どうしても気になって観てしまいます(汗)

冒頭のストーリーは、14歳の少女あかり(福田麻由子)の家の庭に、ある日、前足の片方だけが靴下を履いたように白いゴールデン・レトリバーの子犬が迷い込んでくる。
その子犬に“ソックス”と名前をつけたあかりに、母(高島礼子)は犬を飼うときは犬と「10の約束」をしなければならないと教える。

犬との10の約束は以下の通り(公式HPより引用)
1.私と気長につきあってください。
2.私を信じてください。それだけで私は幸せです。
3.私にも心があることを忘れないでください。
4.言うことを聞かないときは、理由があります。
5.私にたくさん話しかけてください。
  人の言葉は話せないけれど、わかっています。
6.私をたたかないで。本気になったら私のほうが
  強いことを忘れないでください。
7.私が年を取っても、仲良くしてください。
8.あなたには学校もあるし友達もいます。
  でも、私にはあなたしかいません。
9.私は10年くらいしか生きられません。だから、できるだけ私と一緒にいてください。
10.私が死ぬとき、お願いです。そばにいてください。
  そして、どうか覚えていてください。私がずっとあなたを愛していたことを。

この映画を鑑賞して感じた事は、犬はペットである一方で、家族の一員であるという事。
これは犬に限らず動物を飼っている人、もしくは飼った経験のある人なら誰もが感じた事があると思います。

劇中内でのあかりは14歳の時に母を亡くして、父(豊川悦司)も医者であるが故に忙しい日々。
兄弟もいないあかりにとって、ソックスはかけがえのない存在。

あかりがソックスと過ごした年月の間に様々な出来事が待ち受ける。
父の転勤で、一度は離れ離れになるものの、再び一緒に暮らす事に。
劇中内であかり(田中麗奈)が「10年って、こんなに短いとは思わなかった。」というセリフがありましたが、本当に10年ってあっという間。
でも、その10年間の中身が濃かった事は、人間よりも動物の方が強く感じているんじゃないでしょうか?

ソックスが息を引き取るシーンは、流石に劇場内からすすり泣く声がアチコチから聞かれました。
動物を飼っている以上は、避けて通れない道とはいえ、あかりが号泣する場面は他人事には見えなかった。
でも犬の寿命が10年って、ちょっと短いような気がしますがね(汗)

現実に目を向けると、犬は必ずしもソックスのように飼い主に可愛がられている犬ばかりではありません。
虐待を受けたり、物のように捨てられたりといった不幸な犬が実際にいる事も忘れてはいけません。勿論、犬だけでなく猫や他の動物でも・・・。
この作品は、動物にも命があり心があるという事を人間に教えているような映画なのかもしれません。
そういう意味では、多くの人に観て貰いたい映画です♪

犬と私の10の約束