FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「シルク」

<<   作成日時 : 2008/01/26 22:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 33 / コメント 4

先日、映画「シルク」を鑑賞しました。

この作品は日本・カナダ・イタリアの合同作品で19世紀のフランスと日本が舞台。
戦地から帰還した青年が一人の女性と出会いて、やがて結婚し、ある理由から日本へ渡来し、もう1つの運命的な出会いをする。
その運命的な出会いの中で得た物と失った物を綴ったストーリー。

当初は「スウィーニードット」とどっちを観ようか悩んだのですが、人殺しが主人公の映画を観る気になれずに「シルク」を選択しました(汗)

19世紀の日本はと言うと幕末の時代。
作品を鑑賞した限り、鎖国が解かれた後のようですね。
外国人に対して物珍しい顔で見つめる村人の表情を見ていて、実際の幕末もあんな感じだったのかなと想像しちゃったりしています。

映画の内容はというと、戦地から帰還したばかりの青年・エルヴェ(マイケル・ビット)はエレーヌ(キーラ・ナイトレイ)と言う名の女性と恋に落ち、やがて結婚する。
子供に恵まれないながらも幸せな生活を送っていた二人の間に、ある日、バルダビュー(アルフレッド・モリーナ)が訪れてきてエルヴェと二人で製糸工場を作る事に。

ところがアフリカで仕入れてきた蚕の疫病によって、アフリカの蚕よりも美しい絹糸を吐く蚕を求めて日本へ行く事となる。

長い旅の果てに日本へ到着し、そこで原十兵衛(役所広司)という男と謎めいた少女(芦名星)と出会う。
十兵衛の存在はと言うと、今の時代で言う所のブローカーみたいなものですかね。
その出会いをきっかけにエルヴェは3度日本を行き来する事になるが、その3度の行き来の間に日本の情勢も大きく変わってしまう。

これ以上のストーリーの詳細は、あえて書かない事としますが、この映画を鑑賞した全体的な感想としては、ちょっとイマイチな出来だったかな・・・。
当時のフランスと日本の世相が表現されていたのは評価出来るが、結局、主要人物それぞれの考えている事が鑑賞していた間は良く判らず、個人的には感情移入しづらかったです。

ただ、ラストの手紙に関してのエピソードは、感慨にふけてしまった(汗)
エレーヌのエルヴェに対する愛情を感じたし、そのエレーヌの愛情をエルヴェが理解した。
二人の愛の深さを感じるシーンであったかと思います。

中谷美紀が演じたマダム・ブランシュのインパクトは強かったですね。
劇中ではフランス人と結婚したと言う設定。
当時の情勢で国際結婚なんて出来るのだろうかと疑問に思ってしまった部分もあったが、流暢に英語を話すシーンやセレブ妻らしい振る舞いなど国際作品においても彼女の演技は光っていました。

幾つかの謎を残して映画は終わったが、それも「シルク」と言う作品の持ち味なのかもしれません。
この作品は国際作品なので海外でも公開されている筈ですが、「バベル」同様に「日本ってこんな国なのか?」なんて誤解を招きそうな気がしちゃいます(><)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(33件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「シルク」シルクロードを3度旅した先にみた真実の愛
「シルク」(PG-12指定)は19世紀後半のフランスと日本を舞台に製糸業を営む青年が上質の絹を求めて日本を3度行き来し、そこで出会う恋とフランスでの愛の結末を綴ったストーリーである。タイトル通りシルクロードを辿って日本まで危険を顧みず行き来するのだが、その旅で青... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2008/01/26 22:19
シルク
 『愛は運命に紡がれ、そして永遠となる』  コチラの「シルク」は、アレッサンドロ・バリッコの叙事詩的小説「絹」を国際色豊かに映画化したPG-12指定のエピック・ラブ・ロマンで、1/19公開となったので、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪  昨日の「スウィーニー・トッド... ...続きを見る
☆彡映画鑑賞日記☆彡
2008/01/27 00:17
「シルク」みた。
イタリア・カナダ・日本の合同制作であるこの作品。得てして、外国映画にジャンルされる作品内に登場する”日本の描写”は誤った解釈や認識によって違和感を持つものが多い。残念ながらこの作品も多分に漏れず、役所 ...続きを見る
たいむのひとりごと
2008/01/27 00:20
映画「シルク」
原題:SILK まるで絹の糸のように、繊細で幻想的な、これは一人の男の内に秘めたる迷い悩み憧れ、そして知る・・ゆり(Lily)の花言葉は純潔、貞操、無邪気、処女性・・ ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2008/01/27 00:25
シルク
イマイチ主役に興味をそそられないが・・・まぁ〜観てみようかな【story】1860年代のフランス。蚕の疫病が発生したため、軍人のエルヴェ(マイケル・ピット)は、美しい妻エレーヌ(キーラ・ナイトレイ)を残して日本へと旅立つ。幕末の日本に到着したエルヴェは、蚕業者の原(役所広司)が連れていた“絹”のように白い肌の少女(芦名星)と出会う。以来、エルヴェは少女が頭から離れなくなってしまう―     監督 : フランソワ・ジラール 『レッド・バイオリン』&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&n... ...続きを見る
★YUKAの気ままな有閑日記★
2008/01/27 00:47
シルク 31点(100点満点中)
非常階段の丸顔な方 公式サイト ...続きを見る
(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取ら...
2008/01/27 01:14
『シルク』
  『シルク』   愛は運命に紡がれ、そして永遠となる   ■19世紀のフランス。戦争帰りの青年エルヴェは美しいエレーヌと結婚し、幸せの只中にいた。その頃、彼の住む村では製糸工場が稼働するが、やがて蚕の疫病が発生してしまう。そこでエルヴェは、世界で最も美 ...続きを見る
唐揚げ大好き!
2008/01/27 05:44
「シルク」レビュー
映画「シルク」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:マイケル・ピット、キーラ・ナイトレイ、役所広司、芦名星、中谷美紀、アルフレッド・モリナ、國村隼、マーク・レンドール、ケネス・ウェルシュ、本郷奏多、カラム・キース・レニー、他 *監督:.. ...続きを見る
映画レビュー トラックバックセンター
2008/01/27 07:10
【映画】シルク
■動機 5ヶ国共同制作映画に何故か入っている「芦名星」 ■感想 台詞ないし・・・ ■満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ...続きを見る
新!やさぐれ日記
2008/01/27 09:04
シルク 2007年加伊仏英日
2008/01/24号 ...続きを見る
Movie heart beat
2008/01/27 09:38
シルク
滑り落ちた余韻は,絹の肌触りのよう・・・。 ...続きを見る
Akira's VOICE
2008/01/27 10:34
シルク/ SILK
日本、カナダ合作+イタリア。 トロント映画祭でも良い反応なかったようだしどうもダメそうな匂いがしてたから 全く期待せずに試写で鑑賞。 ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2008/01/27 10:53
「シルク」
「シルク」ブロガー試写会 ユナイテッドシネマ豊洲で鑑賞 ...続きを見る
てんびんthe LIFE
2008/01/27 10:56
シルク(映画館)
愛は運命に紡がれ、そして永遠となる ...続きを見る
ひるめし。
2008/01/27 12:33
シルク
「シルク」の試写会に行って来ました。 ...続きを見る
アートの片隅で
2008/01/27 21:26
シルク
ストーリーはイマイチでしたが・・・ ...続きを見る
ともみの言いたい放題♪
2008/01/27 21:41
映画 【シルク】
映画館にて「シルク」 ...続きを見る
ミチの雑記帳
2008/01/27 22:29
シルク
良質な卵を求めての極東への行程だから、シルクロードを通るのかと思ったら、とんでもないところを通って行ったものだ。 ...続きを見る
利用価値のない日々の雑学
2008/01/29 22:44
「  シルク/ SILK (2008) 」
【シルク】2008年1月19日(土)公開 監督 ・ 脚本  : フ&... ...続きを見る
MoonDreamWorks★Fc2
2008/01/29 23:06
シルク
異国の地で出会った少女に心引かれる蚕の貿易商の物語…って事ですかね。美しい映像と詩的な内容で魅せます。 ...続きを見る
八ちゃんの日常空間
2008/01/30 09:41
【2008-11】シルク(SILK)
人気ブログランキングの順位は? ...続きを見る
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!...
2008/01/30 22:10
シルク
海を越えてめぐり逢う、美しく官能に満ちた純愛。驚きの真実が語られる時、物語は涙の結末へ・・・愛は運命に紡がれ、そして永遠となる。 極東の地で、彼は何に出逢ったのか?・・・絹のように光る肌を持つ少女に魅せられた。 19世紀のフランス。若き軍人エルヴェ(マ... ...続きを見る
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
2008/01/30 22:56
シルク
よくわかりません。 ...続きを見る
ネタバレ映画館
2008/02/03 00:40
『シルク』2008・1・27に観ました
(C) 2006 Jacques-Yves Gucia/ Picturehouse Productions ...続きを見る
映画と秋葉原と日記
2008/02/03 13:04
????????2007????????
?????????? ?????????????????????????????? ?????????? ???????????Herv& Joncour ?Michael Pitt ?? H駘鈩e?Keira Knightley????????????????? ???????????? ?????????????????? ??????????????????? ????????????????? Herv&?????????????????? ?????????????? ?????H駘鈩... ...続きを見る
?????
2008/02/03 16:40
『シルク』
□作品オフィシャルサイト 「シルク」□監督 フランソワ・ジラール □原作 アレッサンドロ・バリッコ □脚本 フランソワ・ジラール、マイケル・ゴールディング □キャスト マイケル・ピット、キーラ・ナイトレイ、役所広司、芦名星、中谷美紀、アルフレッド・モリナ、國村隼、本郷奏多■鑑賞日 1月26日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> &nbsp;そもそもこの映画を観てみようと思った理由のひとつは、『海の上のピアニスト』と同じアレッサンドロ・バリッコの原作... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2008/02/03 20:14
『シネトレ』公認!映画ブロガー募集のおしらせ
シネトレのスタッフよりも、映画を熱く語れる方、大募集です。 ...続きを見る
映画情報なら「シネトレ」…リニューアル期...
2008/02/04 20:10
シルク を観ました。
試写会のチケットがあったのに、年末忙しくて観られなかった作品です。 ...続きを見る
My Favorite Things
2008/02/09 23:46
シルク
映画『シルク』を鑑賞した。 ...続きを見る
花のように
2008/02/10 09:10
映画『シルク』を観て
10.シルク■原題:Silk■製作年・国:2007年、日本・カナダ・イタリア■上映時間:109分■日本語字幕:松浦美奈■鑑賞日:1月21日、新宿グランドオデヲン座(歌舞伎町)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:フランソワ・ジラール□脚本:マイケ... ...続きを見る
KINTYRE’SDIARY
2008/02/29 22:36
「シルク」 水墨画と印象派
この映画を観た女性の方の感想が聞きたい。 女性にとってこの映画は、納得できるもの ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2008/06/28 19:11
mini review 08311「シルク」★★★☆☆☆☆☆☆☆
19世紀のフランスを舞台に、美しい妻と日本で出会った少女との間で純愛を紡ぐ軍人の心の旅を描くラブロマン。『海の上のピアニスト』の原作者アレッサンドロ・バリッコの同名傑作小説を、『レッド・バイオリン』のフランソワ・ジラール監督が映像化した。マイケル・ピット、キーラ・ナイトレイ、役所広司、中谷美紀、アルフレッド・モリナら国を越えた豪華キャストの迫真の演技、愛の巡り合わせを彩る坂本龍一の楽曲が胸に熱く迫る。[もっと詳しく] ...続きを見る
サーカスな日々
2008/07/13 04:01
【映画】シルク…コリンズ監督も観たのかなぁ?コレ??
{/kaeru_fine/} タイトルはコリンズ監督ですが、ソフトバンクの王監督も辞任表明しましたねぇ。 野球{/baseball/}が好きな訳ではないのですが、福岡県の経済への影響が心配なピロEKです{/face_gaan/} ...続きを見る
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
2008/09/29 23:02

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
もう少し感情移入できれば・・・と思うのですが、いかんせんトンデモ日本にドンビキ。
ノリ切れない作品でしたが、手紙にはやられましたね。
キーラの描写がもう少し欲しかったです。
たいむ
URL
2008/01/27 00:21
 >たいむさん
こんばんは。
何だか日本という国を誤解されそうなシーンがあったのは宜しくなかったです(><)
おっしゃる通り、エレーヌに対しての描写が少なかったですね。
「夫を待つ妻」の心情をもっと綴っても良かったかと思います。

FREE TIME
2008/01/27 00:28
こんばんは!
美しい音楽と映像は素晴らしかったのですが、肝心な物語がイマイチでしたね(汗)
神秘的な雰囲気だけで押し切ってしまって、登場人物の気持ちが伝わってこなかった気がします。
もう少しエルヴェとエレーヌの心情を丁寧に描けば、叙情的な素敵な作品になったかも・・・と思います。
由香
URL
2008/01/27 22:08
 >由香さん
こんばんは。
映像などは良かったけど、肝心のストーリーが今ひとつ伝わって来なかったです(><)
エルヴェとエレーヌの二人きりの時間をもっと割いてほしかった思いもあります。
FREE TIME
2008/01/27 23:59
映画「シルク」 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる