ドラマ「佐々木夫妻の仁義なき戦い」

TBS系列でOAされたドラマ「佐々木夫妻の仁義なき戦い」を見ました。

ドラマの内容はというと、ともに弁護士の佐々木法倫(稲垣吾郎)と宇野律子(小雪)が突然の出会いに機に交際し、結婚して夫婦で弁護士事務所を構える。
しかし、実際に結婚生活に入ると、大らかな性格だと思われていた新婦の律子が、実は単にだらしない性格だという事が一緒に生活していく事に明らかに・・・。
年を経る毎に家の中はメチャクチャに・・・。

まぁ、実際に結婚したら交際していた時には気付かなかった事に気付いてギクシャクしていってしまって、最後には離婚ってパターンって多いようですね。
自分は独身なので、よくわからないけど・・・。
自分の場合は法倫ほど几帳面でもなければ、律子ほどだらしなくもない。
でも、もし結婚するならだらしない人は嫌ですね(笑)

そんな中、小鹿(小堺一機)という男が事務所へ依頼にやってくる。
その依頼の内容は小鹿の家の前がゴミ集積所となっており、ゴミが散らかっていても小鹿家の人が片付ける日々。
ゴミの中で暮らしているような毎日に我慢出来ない小鹿はゴミ集積所を移転出来る方法はないかと法倫に話を持ちかける。

ゴミだらけの家で暮らしている佐々木夫妻の下にゴミの問題に悩む依頼人が訪れるなんてタイムリーな話題。
本来なら断るような依頼でも他人事に思えない法倫は引き受ける事に(爆)

法倫の努力で住民説明会を行うまでにこぎつけたが、その肝心の法倫が倒れて救急車で運ばれてしまう。
その法倫の代役として律子がイヤイヤながらも住民説明会で熱弁する事になるのだが、住民達と議論している内に法倫の気持ちに気付いていくという流れの設定は上手く出来ていたと思います。
仕事と家庭の話題をリンクさせる展開は面白く感じさせられましたよ♪

病院から駆けつけた法倫の提案で、なんとか話が収まったのだが、やはり最近の近所付き合いと言うのは身近でも考えさせられる事は多いですね。
ゴミの当番制なんて自分の自治体では当たり前だけど、自治体によっては近所の顔すら知らないなんて所もあるでしょうね。特に新興住宅地なんかは・・・。
近所付き合いも最近は希薄になっているような気がします。

最後は、律子が事務所のメンバーと一緒に部屋を片付けるというベタな展開で終わっていくわけですが、これからも離婚危機に陥る度に仲直りするっていう展開が続いていきそうですね。

初回を見た感想としては、正反対の性格の二人だが同じ職業という事から考え方は共通しているという奇妙な設定がツボにはまります。
でも、連続ドラマとして、このようなコメディタッチを10回以上も続けていくのは難しそうな気がするんですよね。
その難題をどこまでクリア出来るかが、このドラマのカギになりそうです。

タイトルの「仁義なき戦い」ですが、初回を見るだけでは「仁義なき戦い」というよりは「子供のケンカ」って感じ。
そもそも法律家が「仁義なき戦い」をするっていうのもおかしくないでしょうか?

岩波コンパクト六法 平成20年版 (2008)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0