ダルビッシュ 13奪三振の快投!

今日から日本シリーズが開幕。
今カードも昨年と同じく北海道日本ハムファイターズvs中日ドラゴンズの「日中対決」
札幌ドームで第1戦が行われました。

先発はファイターズ・ダルビッシュ、ドラゴンズ・川上の両投手。
昨年の第1戦と全く同じですね(笑)

試合は初回から動く。
ホームのファイターズが相手投手が与えた四球の走者を二人出して、4番・セギノール選手がライトスタンドに飛び込む3ランホームランでいきなり先制。

その後は両投手が持ち味を十分に発揮した投手戦へ。
ファイターズの先発・ダルビッシュ投手はドラゴンズ打線から三振の山を築けば、対するドラゴンズ・川上投手も2回以降は一人の走者も出さない完璧な投球。

5回までゼロ行進だったドラゴンズだったが6回に反撃。
荒木・井端の連打で一、三塁として犠牲フライで1点を返す。

しかし、ドラゴンズの見せ場はこの回の攻撃のみ。
ダルビッシュはドラゴンズ相手にシリーズタイ記録となる13奪三振の快投で完投勝利。
日本シリーズの初戦はファイターズが3-1で勝利。

この試合における両投手の投げ合いは見応えがありましたね。
共に一人で投げ抜く投手戦。
それでも、やはり投げ勝ったダルビッシュ投手の投球は圧巻でした。
まさに相手に手も足も出させない投球内容。
この試合を観戦していた婚約者のサエコにも、カッコいい所を魅せられましたね(笑)
画像

それにしても、やたらとサエコを映すテレ朝の中継も変でしたね(ーー;)
サエコを映すなとは言わないまでも、何だかワイドショーじみた中継に感じて、ちょっと気持ちが冷めてしまったな(汗)
しかも、ヒルマン監督の勝利監督インタビュー中に、途中で放送は打ち切るはで「何考えているんだ!」とムカつきました。

ドラゴンズも敗れたけど、持ち味は十分に出ていたと思います。
昨年の札幌では、全くいい所なく3連敗してしまいましたが、今年は昨年とは違うぞという部分をファイターズに見せられたのでは?

まだシリーズは始まったばかり。
2戦目の結果如何では、まだまだどうなるかわからないでしょう。
ただ、2戦目もファイターズが勝つようだと、名古屋でシリーズが終わってしまうような気がします。

サエコ大百科 (JUNON VISUAL BOOK)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0