映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」

昨日、現在上映中の映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」を鑑賞してきました。

この映画は石原慎太郎東京都知事が指揮を執った映画で、太平洋戦争期に特攻基地の近くで食堂を営み、当時の真実の目撃者である島濱トメさんの視点で描かれた作品。
戦争関連の映画は、あまり好きではないので、最初は観る気が起きなかったのだが、真実を基にした映画でもあったので鑑賞して観ることに(笑)

映画は岸恵子演じる鳥濱トメさんを中心にして描いただけあって、女性の立場から見た戦争の価値感を訴えていたような感じでした。
特攻へと向かう若い隊員を気遣い温かく接して、時には違反である事を知りながらも隊員の為に行動する。
実際の鳥濱トメさんも慕われていたのでしょう。

登場人物が多かったために、全ての人に感情移入出来なかったけれど、それぞれの立場の人がそれぞれの苦悩や葛藤をしっかり描写されていました。
特攻に向かう者は、死への恐怖と立ち向かわねばならず、もちろん死ぬのは怖いが、それでも特攻へ向かっていく。
特攻を命じる者は、無謀な作戦である事をわかっていながら「御国の為」の名目で無理な命令を若い隊員達に下す。
特攻に送り出す者は、身内・恋人・慕ってくれた人が、これから死ににいく人をあえて気丈に振舞って送り出さなければならない。
後半部分に出て来た特攻して死ねなかった者は、何で自分だけ生き残ってしまったのかという罪悪感に苛まれる。
戦時中の日本、そして終戦直後の日本の世相がどのようなものだったのかを私のような戦争を知らない世代に伝えようとしていたのかもしれません。

この映画に関しては出来の良し悪しは論外として、戦争がいかに醜く何も得るものがないという事を教えてくれた作品でもあります。
この映画は上映当初、「戦争を美化するような作品」と揶揄していた人がいたけれど、少なくとも自分にはそうは映りませんでした。

冷静に考えれば特攻なんて攻撃は無謀すぎるし、人が次々と死んでしまうことで戦力はその都度に落ちる。
ましてや片道すら満足に飛べないようなボロ航空機に加えて、操縦する人の腕も整備する人の腕も未熟とあっては、何も出来ずにやられてしまうことくらい上層部の人間はわかっていただろうし、現に劇中でも無理な事は理解していた。
それでも、特攻を命じた。

いずれにしても、当時の日本が敵国に追い詰められていた事は確かで、それでも負けを認めようとしなかったから、多くの若い命が戦火に散り、終には原爆投下の悲劇まで生むハメになってしまった。
太平洋戦争での敗戦があったからこそ、今の日本があるのかもしれないが、戦時中に命を落とした若い人の中には、将来に大物になれる可能性をもっていた人もいたかもしれない。
そんなことを考えると、やはり戦争の悲劇は二度と繰り返すわけにはいかないと思いました。

エンドロールでB’zの「永遠の翼」をバックに、当時の特攻隊員の写真が次々と映し出されていたけど、この写真を見ていると居た堪れない気持ちになりましたね。
歌詞も映画の内容とマッチしていたので余計に感慨深げになりましたよ(涙)

永遠の翼
永遠の翼

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 「俺は、君のためにこそ死ににいく」死ぬしか守れなかった無念と見守る事しかできなかった特攻隊の母の平和への願い

    Excerpt: 「俺は、君のためにこそ死ににいく」は太平洋戦争で敗戦濃厚だった日本帝国軍が行った飛行機特攻で命を散らした若者たちとそれを見守る事しかできなかった鳥濱トメさんの生涯が描かれている。石原東京都知事総指揮の.. Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2007-05-21 22:53
  • 俺は、君のためにこそ死ににいく

    Excerpt: 知覧特攻平和会館に 行ったのはもう10年前くらいか。周囲は茶畑。この知覧の特攻基地に絡む映画としては高倉健の「ホタル」以来。今度は鳥濱トメさんを菩薩と仰った都知事さん総指揮・脚本、実はこれが石原慎太.. Weblog: 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン racked: 2007-05-21 23:12
  • 俺は、君のためにこそ死ににいく

    Excerpt: 河合の惣ちゃん、かわいそう・・・ってギャグですか。 Weblog: ネタバレ映画館 racked: 2007-05-22 00:11
  • 俺は、君のためにこそ死ににいくを観て

    Excerpt: さっそく・・・・・ ゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン ホンダラさん さっそくコメント感謝です Weblog: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! racked: 2007-05-22 00:12
  • 映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」

    Excerpt: 今となっては現職の東京都知事から、美しい日本と美しかった日本の若者達を取り戻すために書いた脚本といわれると、いささか政治的な匂いがしてしまう・・・ 1941年12月日本軍はハワイ真珠.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2007-05-22 00:59
  • 「俺は、君のためにこそ死ににいく」レビュー

    Excerpt: 映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:徳重聡、窪塚洋介、筒井道隆、岸惠子、他 *監督:新城卓 *製作総指揮・脚本:石原慎太郎 感想・評価・.. Weblog: 映画レビュー トラックバックセンター racked: 2007-05-22 06:09
  • 「俺は、君のためにこそ死ににいく」みた。

    Excerpt: 真実の物語だと言う。けれど、リアリティが感じられないのは何故だろうか?なんだかとっても明るい隊員たち。実際、この物語に登場する隊員達はとても若いのだから、馬鹿騒ぎして盛り上がる年頃なのかもしれないの.. Weblog: たいむのひとりごと racked: 2007-05-22 08:06
  • 俺は、君のためにこそ死ににいく

    Excerpt: 昨日までこの映画を観たいとは微塵も思ってなかったが、 映画を観に行こうと思いたち予告編を観まくった結果、 どうしてもこの映画.. Weblog: 映画君の毎日 racked: 2007-05-22 13:07
  • 俺は、君のためにこそ死にに行く [映画]

    Excerpt: http://www.chiran1945.jp/ 「俺は、君のためにこそ死に Weblog: mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々 racked: 2007-05-23 23:39
  • 『俺は、君のためにこそ死ににいく』、長っ!

    Excerpt:   『死ににいく』一枚ください。  大阪梅田のブルク7では、次回上映予定の映画の予告を、待合ロビーのモニターで常時流している。この映画を知ったのは、そのモニターを観てなのだが、『へぇーかなりレベ.. Weblog: TATSUYAのシネマコンプレックス racked: 2007-05-24 12:25
  • 『 俺は、君のためにこそ死ににいく 』

    Excerpt: 映画 『  俺は、君のためにこそ死ににいく  』[試写会鑑賞] 2007年:日本 【2007年5月12日公開】[ 上映劇場  ] 監督:新城卓 脚本:石原慎太郎 【キャスト】 岸惠.. Weblog: やっぱり邦画好き… racked: 2007-05-26 14:37
  • 「俺は、君のためにこそ死ににいく」

    Excerpt: **************************** 太平洋戦争末期の1944年秋、連合軍の圧倒的な戦力を前に敗戦に次ぐ敗戦を喫した日本軍は、戦闘機に爆弾を搭載して敵艦に体当たりする特別攻撃隊、所.. Weblog: ば○こう○ちの納得いかないコーナー racked: 2007-06-02 01:48