多村-寺原の仰天トレード

ホークスとベイスターズの間でトレードが成立しました。
ホークスからは寺原投手が、ベイスターズからは多村選手が来季は新天地へ移籍することになります。

多村選手のトレードは以前から噂されていたので別に驚きませんが、まさかホークスへ移籍することになるのは予想GUY外であります。
一部ではファイターズの金村投手とのトレード話があったものだし、ファイターズも小笠原・新庄・セギノールと主力が一気に抜けるから多村選手はファイターズへトレードに出されるのではないかと思っていましたよ。

今季、ホークスは城島・バティスタと抜けて得点力が大幅に低下し小久保選手が復帰してもズレータ選手が退団してしまった関係で強打の選手を獲得することが急務だったのでしょう。
対するベイスターズも今季は投壊現象で最下位に沈み、アゴ倉門倉投手の退団も濃厚となってきているので先発を任せられる投手の獲得が急務であったことからもお互いの思惑が一致したトレードと言えそうです。

さて両選手に対するイメージですが、多村選手はシーズン40本を打ったこともある強打者で守備範囲も広い選手。
WBCでも活躍したのですが、いかんせん毎年ケガが多い。
今季も度重なるケガの連続で全く戦力として機能していませんでした。

寺原投手はというと、5年前の甲子園で150キロ台を連発して脚光を浴びましたが、観ていた私としては「150キロの棒球」に映っていました。
球速の割には空振りが取れず、結構パカスカ打たれていたせいかも(汗)
それに、プロに入ってからも変化球ばかり多投する軟投派投手に成り下がっていた感がありましたしね。

今回のトレードは両チームにとってプラスとなるかマイナスとなるかわかりませんが、両選手にとって有意義なトレードになればいいかなと思います。
横浜高校出身の多村と九州出身の寺原。
新しい土地の環境にいかに早く慣れるかによって成績にも影響するでしょう。
特に多村選手はWBCでお世話になった王監督の下でプレーできるのだから。

PS:「報道ステーション」で契約更改の模様を見ていたのですが、田中幸雄選手は6000万円から2000万円に大幅ダウンでしたが、それ以上に七五三みたいな髪型を見て驚いてしまいました。
それと清原選手が現状維持の2億5000万・・・
ナゼだ?あんなに休んでばかりいたのに(謎)


BBM横浜ベイスターズ 2006 (2006)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0