タイで札幌へ

日本シリーズ「日中対決」第2戦。
この日もナゴヤドームにてプレーボール。

先発はドラゴンズ・山本昌、ファイターズ・八木の両左腕。
二人の年齢差は実に19だとか・・・ってことは八木投手が生まれた時は山本昌投手はプロに入っていたってことになるのかな?

第1戦は両先発投手が制球を乱して四死球が多かったが、この日は両投手ともに四死球を出さない安定した投球。
初回に両チームとも1点ずつ取り合い、4回にはドラゴンズが福留選手が今シリーズ初安打となるホームランをライトにぶち込み1点勝ち越し。

山本昌投手の出来からして、このままドラゴンズが逃げ切るかと思ったが、7回にファイターズが反撃。
エラーと新庄選手のヒットなどで二死二、三塁となって8番・金子選手がセンター返しのタイムリーヒットを打って逆転し山本昌投手をKO!

これで形勢が完全に逆転し、8回にはセギノール選手がダメ押しとなる2ランホームランを放ち3点差をつけて勝負あり。
9回はパ・リーグのセーブ王・マイケル投手がきっちり締めて5-2で試合終了。
これで対戦成績をタイとし、1日空けて舞台を札幌の地に移します。

この試合の勝敗の分かれ目もミスでした。
ドラゴンズは7回に谷繁選手のエラーをきっかけに逆転されたが、あの当たりは普通に投げても間に合わなかったと思うし、エラーにするのは気の毒だったかなと思います。
むしろドラゴンズの敗因となったミスは相次ぐバントミス。

5回の山本昌さんのバントミスは八木の好フィールディングなので責めることは出来ないが、残りのバントミスは弁解の余地なし。
フライを上げていてはバントする意味がありません。
ドラゴンズには川相選手というバントの名人がいるのにね・・・。
送りバントを全て成功させたファイターズとは対象的。
1・2戦とミスした方が負ける典型的な試合となりました。

対するファイターズもタイにしたとはいえ、セ・リーグの球場での試合だと打線が見劣りしてしまう感は否めませんね。
ヒルマン監督としても選手としても熱狂的ファンの声援が後押ししてくれる札幌で決めたいという思いが強いでしょう。

一方のドラゴンズ・落合監督は山本昌降板した後は、中継ぎ投手をフルに起用。
敗色濃厚ながらも今後のことを考えて中継ぎ陣を出し惜しみせずに起用したことは落合監督なりに考えているなと感心させられますね。
JFKを出し惜しみした昨年の岡田監督とは一味違うかな?

3~5戦の札幌ドームでは、どのような試合になるのでしょうか?
自分も札幌ドームの熱気を生で感じてみたいですね(笑)

新庄のコトバ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0