ソフトボール 北京五輪出場権獲得 

北京五輪まであと2年となっていますが、北京五輪関連で嬉しい話題が飛び込んできました(笑)

前回のアテネ五輪では銅メダルだった女子ソフトボール日本代表が五輪会場と同じ北京で行われている世界選手権に出場中。
今日から決勝トーナメントが行われていて開催国である中国相手に延長8回の末に1-0で勝利。
これで今大会の3位以内が確定し、開催国の中国を除く上位4チームに与えられる北京五輪の出場権を獲得。
オリンピックの出場権獲得は全競技を通じて国内初の五輪代表切符を掴んでくれました\(^o^)/

画像

夕方に日テレで中継されていたようですが、外出していたために見ていなく、先程のスポーツニュースで五輪切符を掴んだことを知りました。

アテネ五輪でノーヒットノーランを達成するなど大活躍した上野投手が今回のチームでも投手の柱。
世界でもトップクラスのスピードボールを投げると言われる彼女ですが、何でも金属バットを折ってしまったとか(驚)
その上野投手の投球を再び五輪で見ることが出来るので、TV観戦の楽しみにしておきたいですね(笑)

2012年のロンドン五輪では五輪種目から外されることが決定しているソフトボール。
自分も正式種目となったアトランタからソフトボールを見ていますが、野球とは違った面白みがソフトボールにはあります。
そんな面白い種目が北京五輪で終わってしまうのは寂しい限りではありますが、IOCの目を覚ましてやるためにも今度の北京五輪ではソフトボール選手が国の垣根を越えた名勝負を期待したいものです。

でも、日本の試合になると中国人の観客は2年前に中国で開催されたサッカーのアジアカップみたいな下衆なマネするんだろうな・・・。
出来ることなら、こんな恥じた行動を平気で出来る国でオリンピックやるなんて考え直した方がいいかもしれませんよ(汗)

ソフトの監督が変わっていましたね?
努力は裏切らない