2006高校生ドラフト

今年も行われた高校生ドラフト。
注目の高校生を指名した球団も決まり、まずは一段落と言ったところでしょうか。

1巡目に指名された選手は以下の通り。
横   浜:北 篤史(小松工)
楽   天:田中 将大(駒大苫小牧)
広   島:前田 健太(PL学園)
オリックス:延江 大輔(瀬戸内)
巨   人:坂本 勇人(光星学院)
ロ  ッ テ大嶺 祐太(八重山商工)
ヤ ク ル ト:増渕 竜義(鷲宮)
ソフトバンク:福田 秀平(多摩大聖ヶ丘)
阪   神:野原 将志(長崎日大)
西   武:木村 文和(埼玉栄)
中   日:堂上 直倫(愛工大名電)
日本 ハム:吉川 光夫(広陵)

今年の夏の甲子園準優勝投手の駒大苫小牧・田中君には横浜・楽天・合併球団・日本ハムの4球団。
愛工大名電・堂上君には巨人・阪神・中日の3球団。
鷲宮・増渕君にはヤクルト・西武の2球団。
そしてソフトバンクの単独指名が濃厚とされていた八重山商工・大嶺君にはロッテも参戦し、競合選手は4人に。
この4人がプロから認められている証拠であるけど、ウラを返せば昨年と違って全体的に選手が小粒になっているってことでもあったりします。

田中君の抽選には誰も手を挙げずに、また今年もトラブルかよと思ったのですが、特に大したトラブルもなく楽天が交渉権を獲得。
昨年の片山投手に続いて2年連続で当たりクジを引き当てました(驚)
それにしても、あの球団社長は当たりクジ引き当てたのに愛想がないですね。
いかにも楽天の社員って感じ・・・。

堂上君は父と兄のいる中日へ。
落合監督が抽選に参加しなかったのは残念だった。でも、原監督と岡田監督は一緒に並んでいると、失礼な言い方になるけど、とても1つ違いには見えないですね(岡田監督の方が1つ年上)
大嶺君はバレンタイン監督が謎のパフォーマンスでロッテが引き当て、増渕君には古田vs伊東と日本シリーズで何度か対戦した顔合わせとなりましたが、ここは古田監督に軍配が上がりました。

今回の指名の感想を言うと、まずは堂上君は中日でよかったかなと。
地元でもあるし、身内が同じチームにいることで逆に己を発奮させることができるような気がします。
昨年の平田選手といい、将来の中軸候補を2年続けて獲得できたことになってしまいましたね。

逆に田中君の楽天はついていないって感じ。
あそこの2軍の設備は最悪で、とてもプロの設備とは言えないほど酷い。
1年目から1軍で投げられればいいけど、あの親会社がケチケチ路線を敷いている間は2軍の宿舎もいつまでたっても民宿を借りながらの生活となるでしょうね。(それとも既に変わった?)

個人的に注目したいのは西武が増渕君のハズレ1位で指名した埼玉栄の木村君。
高校名の通り増渕君と同じ埼玉県の高校なのですが、増渕君とは高校2年時に公式戦で対戦していて、その時は木村君が投げ勝っています。
高校3年で立場が逆転してしまったとはいえ、木村君も増渕君のハズレ1位であることには穏やかでない部分があるかも(それがなければプロとしてやっていけない)
木村君は投手としてはもちろん打者としても中軸を打てる逸材です。

ドラフトの指名順位だけが全てでないのがプロの世界。
二巡目以下で指名された選手にも将来の球界を担っていく選手が出てきてくれるはず。
選ばれた選手の今後の活躍に期待していきたいですね(笑)

PS:来年は今年以上に逸材揃いと言われています。
大阪桐蔭・中田君は来年の今頃どうなっているのでしょうね。

野球小僧 2006年 10月号 [雑誌]