帝京 サヨナラ負け

甲子園もいよいよ準々決勝に突入!
今日は東洋大姫路(兵庫)vs駒大苫小牧(南北海道)と智弁和歌山(和歌山)vs帝京(東東京)の2試合。

第1試合は大会3連覇を狙う駒大苫小牧が東洋大姫路に一時は4点差をつけられたものの、6回に一気に同点に追いつき、7回にタイムリー内野安打で勝ち越し。
エース・田中君はこの日も苦しい投球だったが、要所を締めて競り勝って夏3連覇へ向けてまた一歩前進。

第2試合の智弁和歌山vs帝京は点の取り合い。
智弁和歌山が長打攻勢で帝京相手に優位に試合を進めて8-4と智弁和歌山が4点リードのまま9回へ。
そして、ここから予期せぬ展開になりましたね。

9回表に帝京が怒涛の反撃。
二死一、二塁から4番・中村君が3点差に詰め寄るタイムリー。
5番・塩沢君から以下4連打で続いてついに逆転。
さらに代打として先頭打者に立っていた沼田君がこのイニング2度目の打席に立ち、何と3ランホームラン!
この回、一気に8点取って逆に4点差をつけてウラの守りへ。
自分も職場のTVで同僚と一緒に観ていたのですが(オイッ!)、この帝京の攻撃にはしびれましたね(^^)

しかし、さらに予期せぬ出来事が・・・。
帝京は投手を3人揃えているのだが、その投手を3人使った上に表の攻撃で投手の大田君に代打を出した関係で急造投手をマウンドに上げることに・・・。

その普段はセンターを守る急造投手・勝見君は2者連続四球。
正直、この2連続四球を観ていて「ひっくり返されるんじゃないか?」と思わず口に出してしまいました。
そして、智弁和歌山の4番・橋本君が1点差に詰め寄る3ラン。

正直、3ランを打たれた時は走者がいなくなって気分が楽になれたんじゃないかと思ったのですが、むしろその逆。
5番打者にも四球を出してしまい、ここで勝見君は降板。
代わったマウンドに立ったショート・杉谷君もいきなり死球を与えて傷口を広げてしまい、ついには同点に追いつかれる。

ここでまたしても投手交代するも、ここまで来たら焼け石に水。
この回の3人目に上がった岡野君も四球で満塁とし、結局は押し出しの四球まで与えてゲームセット。
智弁和歌山が一気に5点取り返して逆転サヨナラ勝ち。

「壮絶な打撃戦」とか「点の取り合い」とか言えば聞こえはいいかもしれませんが、この試合に関しては私は非常に冷めた目で振り返ってしまいます。
何故かというと、とても甲子園の準々決勝でやるような試合ではないということ。
9回の両チームの攻防は、まるで地区予選の1~2回戦を観ているかのような試合の流れでした。

方や単調な投球でメッタ打ちされ、その間に内野陣は誰も声もかけず。
方や四死球を連発し、相手にタダで点を与える。(事実、9回ウラに智弁和歌山が放った安打数は2安打のみ。)

両校の監督の采配ミスも、荒れた試合の要因の一つかもしれませんね。
あれだけメッタ打ちにあってパニック状態の投手を代えなかった智弁和歌山・高嶋監督と、先攻なのにもかかわらず、使える投手を全員ベンチに引っ込めてウラの守りに臨ませてしまった帝京・前田監督。
お互い、甲子園で優勝経験もある百戦錬磨の監督なのですが、お互いにらしくない采配をしてしまいましたね(汗)
文句ばかりになってしまいましたが、最後まで諦めることなく戦い抜いた両チームの球児達にはご苦労様とアッパレの一言を贈っておきたいと思います(笑)

これで帝京は負けてしまったために関東勢は早実のみ。
明日の日大山形戦も早実にとって厳しい戦いになるかもしれないが、何とか関東最後の砦としてベスト4に進んでもらいたいです。

勝った智弁和歌山は3連覇を狙う駒大苫小牧と対戦!
このカードが優勝の行方を左右しそうな気がしますよ!

今だからわかる分析!高校野球名勝負―因縁の対決・逆転劇 投手戦・打撃戦など

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0