日本vsブラジル

日本のW杯が終わりました。
予選リーグ最終戦・日本vsブラジルはブラジルが4-1で勝利。
ブラジルはグループ1位で予選を通過し、敗れた日本はこれで予選リーグ敗退が決まってしまいました。

オーストラリア戦はオージービーフを食べ、クロアチア戦は黒茶(黒烏龍茶)を飲んでTV観戦に臨みましたが、このブラジル戦は眠気覚ましを兼ねてブラジル豆を使った缶コーヒーを飲んでTV観戦に臨みました。

この試合を一言で片付ければ「力の差」
1点を先制されてしまったのはブラジルからすれば予想外だったかもしれないが、それを直ぐに追いついて追い越せて、さらに突き放せるブラジルの地力は流石だなと感じたし、攻撃面だけでなく守備力もオーストラリアやクロアチアとは比べ物にならないほどでした。

やはりロナウドは凄いですね(汗)
前半ロスタイムの同点ゴールにダメ押しとなる4点目のゴールと、ここぞという時にゴールを決められる彼はまさに「ストライカー」
彼が撃ったシュートのほとんどが枠の中を捉えていたのも技術の高さというものを感じたような気がします。

そのブラジルに力の差を見せつけられた日本でしたが、1点を先制した場面は誇張抜きに素晴らしかった。
アレックス選手が自分でドリブル突破を試みるや、玉田選手がすぐさま抜群のタイミングで相手の裏へ入り、パスを受けてから無駄な間がなく得意の左足からの先制ゴール。
高原や柳沢にはない玉田独特の持ち味を活かしたゴール。
そして何よりもFWの選手が決めてくれたことに価値があります。

それでも、結局は神様の「気まぐれ采配」に振り回された形となりました。
4-4-2のシステムは悪くないが、自分の好みで選手起用しているようにしか最後まで感じなかった。
クロアチア戦でいい所がなかった小笠原選手をこの試合でもスタメン起用していたし、そんな小笠原に代わって中田浩二選手っていうのには「はぁ?」でしたね。
攻めたいのか守りたいのかどっちなんだよって思ったし、選手起用でも交代枠でも「鹿島枠」を使うのかって思ったし、それに巻選手の交代にしても下げる時間帯が時期尚早じゃなかったのではないのか?

「オーストラリア戦の敗戦が痛かった」などと言ってはいたが、
「今さら、ソレ言うなよ!」
大体その敗因が自分の「采配ミス」であることを認めているのだろうか甚だ疑問だぞ(怒)
それに最後の最後までインタビューで日本語が全く交わらなかったし・・・。そういう所で選手間とのコミュニケーションそのものも不足していたのかも(汗)

残念な結果に終わってしまいましたが日本代表の選手達にはご苦労様と言った方がいいのでしょうか?
炎天下の中での2試合も大変だっただろうし、ドイツ入りしてからの日常生活にも気を遣ったことでしょう。
代表選手たちには、この悔しさを忘れずに、所属チームに帰ってからの更なる活躍と健闘を期待していきたいです。

それにしてもオーストラリアが決勝トーナメントに進出したのは大会前は全く予想していなかった。
やはり監督の力が大きいのかな?

地球の歩き方 ガイドブック B21 ブラジル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス