マリーンズ 交流戦2連覇 

1ヶ月半かけて行われたセ・パ交流戦も千葉ロッテマリーンズの2連覇によって幕を閉じました。

既に優勝は決まっていて、最後の試合に勝って優勝を決めたかったところだったのですが、タイガースの前に0-2で敗戦。
一方で同率優勝がかかっていたスワローズもファイターズの前に2-4で惜敗してしまいマリーンズに単独優勝を決められてしまいました。
セギノール選手は「空気が読めない男」とブログ界で言われていたりしています。

マリーンズの交流戦23勝の内訳はジャイアンツ6勝、ベイスターズ5勝、ドラゴンズ・カープ4勝、スワローズ3勝、タイガース1勝といった内容。
昨年と違ってチームごとにバラつきはありますが、それでも2連覇できるとは素晴らしいの一言に尽きます。

マリーンズは交流戦期間中にセットアッパー・藪田投手を故障で欠いたりしましたが、逆に大松・根元・成瀬・ミラー(爆)などといった新戦力も台頭するなど、層の厚さがモノをいっての優勝。
私が観に行ったマリンでのベイスターズ戦なんて福浦・西岡・今江抜きでも勝ててしまうのだから恐れ入ります。

交流戦のMVPは優勝チームから選ばれることになるでしょうが、マリーンズだったらチームの半分以上の勝ちに貢献した小林雅英投手が妥当ではないでしょうか?

優勝賞金の5,000万円は今年は何に使っていくのかも気になります。
昨年はバスでしたが、果たして今年は・・・。小坂返却費用

そんなマリーンズではありますが交流戦優勝したからといって安心できません。
週末から負けが重なった影響で2位ライオンズとのゲーム差はわずかに1ゲーム。
そして、そのライオンズと土日に長野で直接対決が控えています。
ライオンズは間違いなく松坂投手が登板してくるでしょう。
首位の座がリーグ戦再開した途端に陥落するかもしれないな(汗)

千葉ロッテマリーンズ 優勝記念DVD BOOK

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0