日本vsオーストラリア

うーん・・・(絶句)
何とも言い様がないよなぁ。
グループリーグ初戦のオーストラリア戦ですが1-3で敗れてしまいました(涙)

この日は定時に上がったのですが、帰りの電車は混んでいましたね(笑)
やはり考えることは皆一緒ということでしょうか?
夕飯も「オーストラリアを食う」とオージービーフを平らげました(笑)
おそらく、今夜のおかずはオージービーフって家が多かったのでしょうね(爆)

前半に中村俊輔選手のクロスボールがそのままゴールに入るラッキーな1点で先制しましたけど、試合そのものはオーストラリアの優勢だったので、まだまだわからないなと思っていました。

後半になってからもディフェンスの一角・坪井選手の負傷退場などもあってヒヤヒヤものの連続でしたね。
それでもGK・川口能活選手の好守があって踏ん張っていたのですが、同点に追いつかれてからは完全にオーストラリアに流れが行っちゃった。

同点後はオーストラリアの動きにDF陣が着いてくれずに痛恨の2失点!
勝ち点3まで、あと10分チョイだったのが、結局は勝ち点0で終わってしまいました。

今、思えばツボの退場が痛かった気がします。
彼の戻りの早さと1対1の強さをもってすれば、もう少し違った展開になっていたかも・・・。
退場後はベンチで大丈夫そうな表情をしていましたが、次の試合に出場するのは厳しいかもしれません。レッズの選手でもあるだけに心配です。

この試合で一番光っていたのはGK・川口選手。
3失点こそ喫したものの、相手の強烈なシュートを幾度となく好セーブを連発してくれました。
やはり、ヨシカツはこういう舞台ではとてつもない集中力を発揮しますね。
同点の場面は、やはりオーストラリアの高さに対応するには手の使える彼が飛び出さなければいけないし、あの同点は責められないでしょう。

試合を単純に総括するならば「監督の差」ではないのでしょうか?
高原・柳沢の2トップが全く機能していなかったことや、後半は西日を前に受けて戦ったことによって運動量が相手より早く落ちたことなども敗因に挙げられますが、交代した選手と代わりに下げた選手に監督の考えがわかったような気がします。

オーストラリア・ヒディング監督は点を取れる確立の高い選手を起用したのに対して、ジーコ監督はツボの交代は仕方ないにしても、小野選手の交代要員に、何故FWの柳沢選手を下げたのだろうか?
確かに柳沢は故障明けだったので交代は当然であるが、何故にMFである伸二だったのか?
追加点が欲しい場面では、やはりFWの選手を交代すべきなのは素人目でもわかるはず。
TVで解説していたFマリ・岡田監督と山本・ジュビロ前監督も、あの交代には首を傾げると語っていましたよね(爆)
確かに伸二のプレーは観たかったけど、あの交代は私も「はぁ?」でした。

そして1点リードされてからDF・茂庭選手を下げて大黒選手を投入しましたが、「もう1点取られるんじゃないのか?」とTVに向かってつぶやいた自分の予感が現実のものとなってしまいました(涙)
本当に神様の「気まぐれ采配」は我々の理解を超えるものがあります。

思いっきり愚痴りましたが、何はともあれ敗戦は敗戦。
次は中5日でフランス大会でも対戦したマリッチ(元・浦和レッズ)の祖国・クロアチア。
一番勝てる可能性の高い相手に負けてしまったので、正直、期待するのは難しいよな・・・。

実は大学時代にオーストラリアに旅行に行ったことがあります(笑)
地球の歩き方 ガイドブック C11 オーストラリア