アンフェア 第10話

残り2回となった「アンフェア」ですが、今回のラストでますます真犯人が誰なのかわからなくなってきてしまいました。
最終回はどのような結末が待っているのでしょうか?

前回のラストで倒れていた蓮見(浜田マリ)ですが何とか命は助かりました。
雪平(篠原涼子)も蓮見が何でこんなことをしたのかが信じられなく、昏睡状態の蓮見に声をかけていた所からしても、友人に裏切られたショックが伺えます。

その蓮見の病室に現れたのが連絡が取れずにいた佐藤(香川照之)だったわけで、雪平としてはまたしても信じていた人間に裏切られてしまった形となり、小久保(阿部サダヲ)に犯人像を聞かれても本当の事を言わずに放心状態。
友人と元旦那と信じていたいた人間に相次いで裏切られ続けて、さすがの雪平も何が何だかわからない状態になっていましたね。

そんな雪平に関係なく警察内部では山路(寺島進)と小久保の醜い争いが続いています。山路が現れると毒づく小久保に対して、小久保を完全に見下している山路。
こんなバカなことをやり続けている限り、この二人が犯人ということはどうもありえない気がします。

ようやく蓮見の供述であるサイトの存在に辿り着く。
サイト名「アンフェアなのは誰か」、パスワード「私」でサイトを開くことに成功し、そのサイトの管理人の名前が「×」であったこと、瀬崎・牧村・蓮見がこのサイトでつながっていたこと、そして安藤の手によって管理人が佐藤和夫であったことが判明し、ついに佐藤が指名手配にかけられることに・・・。

そして最後に雪平がサイトの管理人あてに父が亡くなった場所に来るようにメッセージを残して、その場所に佐藤が現れてきました。
そして、拳銃を出した佐藤を雪平は撃ってしまったわけですが、果たして佐藤はこのまま死んでしまったのでしょうか?
それと本当に佐藤が犯人なのでしょうか?
二人の言い合いにかなりの食い違いが見られたし、雪平に問い詰められた佐藤も「何のこと?」みたいな感じでした。
確かに佐藤が本当に犯人なら、あのメッセージで簡単に来るようなことはないだろうし・・・。

やはり真犯人は佐藤以外ってことになると見ています。
雪平と離れて行動することが増えてきた安藤(瑛太)いう線もありますが、薫ちゃん(加藤雅也)か安本(志賀廣太郎)っていう線も考えられます。
これまで雪平が信じていた人間によって裏切られていたわけですから、最後の最後でまたしても雪平が信じていた人間が雪平を裏切るのか?

あれだけ警察内部の犯行を匂わせといて、真犯人は警察外部の人間の犯行だったなんて可能性もあるし、今から最終回がどんな結末になるのか気になって仕方がありません!

anego〔アネゴ〕 DVD-BOX
anego〔アネゴ〕 DVD-BOX