FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 広島の借りを東京で返すエースの投球

<<   作成日時 : 2018/07/06 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日は、オウム真理教の松本智津夫被告の死刑執行や西日本での大雨など日本中でいろいろあった日でしたが、私は仕事帰りに東京ドームにてジャイアンツvsカープ戦を観戦してきました。

3年連続リーグ優勝に向けて首位を独走するカープと、借金5で5位に低迷するジャイアンツ。
先週のマツダスタジアムでの3連戦はカープの3連勝だったが、東京ドーム3連戦はどうなるか。
先発はジャイアンツ・菅野、カープ・大瀬良の両投手。
画像

試合は、予想通りに両先発投手に投げ合い。
両投手が持ち味を発揮して5回まで0−0の展開。

カープは5、6回と三塁にまで走者を進めたが無得点。
一方のジャイアンツは6回裏に先頭打者がエラーで出塁すると、坂本選手にセンターオーバーの2ランホームランが出てジャイアンツが2点先制。

先取点を奪われたカープは7回表に先頭打者が三塁打で出塁する絶好のチャンスを作ったが、後続が菅野投手に打ち取られて無得点。
逆に8回裏にジャイアンツがダメ押しともいえる2点を追加。

ジャイアンツの先発・菅野投手は8回を無失点に抑えて、9回はマシソン投手が三者凡退に抑えて試合終了。
ジャイアンツが4−0でカープに勝って連敗を2でストップ。
菅野投手が勝利投手となり、前回KOされたマツダスタジアムでのリベンジをしました。

西日本での大雨の影響で3試合が雨天中止。
その中でナゴヤドームで行われる予定だった試合が、広島から移動して戦うスワローズの荷物が大雨の影響で届かない影響で中止に。
カープも心配だったが、こちらは前日のうちに東京へ移動していたとの事で無事に試合が行えて良かったです。

目下セ・リーグ最多勝の大瀬良投手と、セ・リーグ防御率1位の菅野投手。
試合は、予想通りに投手戦。
こういう展開で怖いのが一発とミスでしたが、6回裏には先頭打者がエラーで出塁したからのホームランと、まさにカープにとっては魔の回でしたね。

前回の登板では5回で100球を超える苦しい投球の末に2本のホームランを浴びてKOされた菅野投手。
今日の試合は中7日と充分な間隔を空けての登板もあって、本来の投球が出来ていましたね。
5〜7回と三塁に走者を背負いながらも、ここからギアを上げてホームを踏ませない。
これぞエースと呼べる投球でした。
画像

画像

この試合での、スタメン捕手は小林選手ではなくて大城選手でしたが、菅野クラスの投手なら捕手が誰でも自分の投球が出来れば打たれる事はないでしょう。
でも、菅野先発でもスタメンマスクでなかった小林選手が、一体どうなってしまうのでしょうね。

明日も東京ドームで試合が行われます。
予告先発はジャイアンツ・内海、カープ・野村の両投手。
ジャイアンツは、ここで負けるようだと、菅野投手の好投がフイになってしまうだけに負けられませんね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
広島の借りを東京で返すエースの投球 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる