FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「空飛ぶタイヤ」

<<   作成日時 : 2018/06/30 17:30   >>

トラックバック 8 / コメント 2

映画「空飛ぶタイヤ」を鑑賞しました。

この映画は、人気ドラマ「半沢直樹」「下町ロケット」などの原作者として知られる池井戸潤のベストセラー小説を実写映画化。
トラックの脱輪事故で整備不良を疑われた運送会社社長が自社の無実を証明すべく、製造元の自動車会社がひた隠す不正を暴く闘いに挑む作品。

ストーリーは、トラックの脱輪事故で主婦が亡くなり、整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、警察の執拗な追及を受ける。
赤松はトラックの欠陥に気付き製造元のホープ自動車に再調査を要求するが、調査は進展せず自ら調査を開始。
やがて大企業のリコール隠しを知った赤松は、会社や家族を守るため、そして自身の正義のため、巨大企業に立ち向かっていく。

何作品かTVドラマ化されている池井戸作品。
しかし、映画化としては初作品。
予告から見ても、いかに池井戸作品っぽいなと思いつつ、劇場鑑賞してみる事にしました。

てっきり、この映画はTBS製作なのかと思っていましたが、TBSをはじめTV局はタッチしていなかったですね。
仮にTBS製作になっていたら、過剰な演出が多くなっていた事でしょう。

冒頭でトラックの脱輪事故が発生し、その脱輪したトラックが子供と一緒に歩道を歩いていた主婦に飛んでいき、その主婦を命を落としてしまう。
そこから赤松運送の社長である赤松徳郎が、真実を突き止めるために東奔西走していく。

そのトラックの製造元はホープ自動車。
ホープ自動車は以前にもリコール隠しをしていて、またホープ自動車製のトラックで過去にも今回の類似の事故が発生している。
ところで、ホープ自動車のモデルって、やはり〇菱自動車なんでしょうかね?
グループ会社で「ホープ銀行」だの「ホープ重工」なんて名前も出ていたし。

会社が危機的状況に追い込まれながらも、主人公を取り巻く周囲の協力で起死回生を図り、そして最後は逆転する。
典型的な池井戸作品の流れでしたが、そこに至るまでの過程も良く描かれていて、終始目が離せない展開でした。

また主要人物も魅力的。
長瀬智也演じた赤松社長は、不器用ながらも熱く仲間想いの男。
ディーン・フジオカ演じた沢田は、ホープ自動車の社員として内部の不正を見過ごさず組織と戦った冷静沈着な男。
高橋一生演じた銀行員の井崎は、上司から決済するよう促されながらも、稟議決済担当としての職務を全うする。
その井崎の出番が少なかったのは残念でしたね。
井崎だけ赤松や沢田と直接会う事がなかったのですから。

池井戸作品の映画化としては初作品だった「空飛ぶタイヤ」。
充分に満足できる内容ですが、やはり長編小説が原作だけに2時間ちょっとでは収め切れなかったかもしれませんね。
終盤でホープ自動車に捜査のメスが入ったシーンが、あまりにも唐突だったし、まだ警察が捜査中にも関わらず遺族が赤松運送に訴訟を起こしていたのも疑問でした。
この作品は、前後編の2部作で公開しても良かったと思います。

この映画に限った事ではなく、現実の社会でも企業の隠蔽体質などが問題視されています。
モリカケ問題しかり、日大アメフト部しかり。
そのような問題を目の当たりにした時に、どれだけの人が直面出来るのか。
それは、簡単そうで実は難しい。
だが、赤松や沢田のように誰かが動かないと何も解決できないので、そういう勇気を持つ事が誰にでも必要なのだと自分は思います。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
空飛ぶタイヤ
この映画を見るといかにひどい悪行が行われていたのかがわかる。それに対して、弱小運輸会社の若い社長が立ち向かう様子は溜飲を下げるものだった。今の世の中嘘を突き通せばなんとかなる風潮があるけど、それでは倫理的に認められないとわからせてくれた。 ...続きを見る
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ve...
2018/07/01 21:40
劇場鑑賞「空飛ぶタイヤ」
詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201806170000/ ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2018/07/02 05:19
「空飛ぶタイヤ」
やっとその月に観た作品をその月に書けるように追いついてきた(とはいえ、まだ追いついていない作品もあるにはあるのだが)。割と手堅い選択の「空飛ぶタイヤ」。本作は息子と観に行こうと思って誘ったものの「俺、池井戸潤ってあまり好きじゃないから」と体良く断られたものである。あらまあ、キミみたいな男っぽさを追求しているヤツにはきっと面白くてよ、と心の中で思いつつ、私は別に男男してはいないのだけれど、それでも面白かった。というか、ここまで長いことサラリーマンをやってきたら、作中の「どこかで見た風景」はひとつや... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2018/07/02 12:48
空飛ぶタイヤ
人気ドラマ「半沢直樹」「下町ロケット」などの原作者として知られる池井戸潤のベストセラー小説を実写映画化。トラックの脱輪事故で整備不良を疑われた運送会社社長が自社の無実を証明すべく、製造元の自動車会社がひた隠す不正を暴く闘いに挑む。メガホンを取るのは、『超高速!参勤交代』シリーズなどの本木克英監督。主人公を『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』などの長瀬智也が熱演する。あらすじ:トラックの脱輪事故で主婦が亡くなり、整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、警察の執拗(しつ... ...続きを見る
映画に夢中
2018/07/02 18:11
『羊と鋼の森』『コードギアスV』『空飛ぶタイヤ』『OVER DRIVE』『さらば青春、されど青春。』
摘まんで5本まとめてレビュー。 ...続きを見る
ふじき78の死屍累々映画日記・第二章
2018/07/03 00:42
空飛ぶタイヤ
トレーラーが脱輪事故を起こし、歩行中の主婦が死亡。 事故の原因は整備不良だと集中攻撃を受けた運送会社社長・赤松徳郎は、車両の欠陥を疑い、製造元の大手自動車会社ホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太に再調査を要求する。 一方、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮は、ホープ自動車の経営に疑問を抱き、独自の調査を開始する…。 企業サスペンス。 ...続きを見る
象のロケット
2018/07/05 18:15
「空飛ぶタイヤ」:時間が足りなくて・・・
『空飛ぶタイヤ』は、池井戸潤原作の初映画化作品なんですってね。あれだけテレビでは ...続きを見る
大江戸時夫の東京温度
2018/07/07 23:22
『空飛ぶタイヤ』('18初鑑賞47・劇場)
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 6月15日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 15:40の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2018/07/10 15:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>終盤でホープ自動車に捜査のメスが入ったシーンが、あまりにも唐突だったし、まだ警察が捜査中にも関わらず遺族が赤松運送に訴訟を起こしていたのも疑問でした。

そうなんですよね、尺の短さがこの辺りで違和感として表れちゃうんですよね。
前後篇として描くか、3時間越えにするかして、やっぱりこの中身の濃い作品を映画化して欲しかったですね。
にゃむばなな
URL
2018/07/01 23:39
 >にゃむばななさん
長編小説が原作なので、どこか端折られるのは仕方なかったですね。
本文にも書きましたが、個人的には前後篇に分けてくれたらと思います。
FREE TIME
2018/07/02 21:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画「空飛ぶタイヤ」 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる