FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本vsポーランド

<<   作成日時 : 2018/06/29 01:23   >>

トラックバック 0 / コメント 4

ロシアW杯。
H組の最終戦で日本はポーランドと対戦し0−1で敗戦しましたが、フェアプレーポイントで同勝ち点のセネガルを上回り2大会ぶりに決勝トーナメント進出を決めました。

2試合消化した時点でグループ首位に立つ日本。
相手がポーランドと聞いて思い浮かぶ飲食物がなかったので、今回は夕食にカツを口にしましたw

スタメンは以下の通り。
GK:川島
DF:長友、酒井宏、槙野、酒井高、吉田
MF:柴崎、宇佐美、山口
FW:岡崎、武藤

前の試合から6人を入れ替え。
FWは岡崎、武藤の2トップ。

試合はお互いに好機は作るものの、得点は生まれない。
日本は決定的なピンチがあったが、GK・川島選手の好守で防いで、前半は両チーム無得点で後半に折り返し。

後半10分過ぎに山口選手のファールでポーランドがFKを獲得。
このFKを合わせられてポーランドに先制点を奪われる。
尚、この時点でコロンビアvsセネガル戦は両チーム無得点。

このまま行くとグループリーグ敗退してしまう日本は点を取りに攻め上がるが、逆にポーランドのカウンターから幾度となくピンチを招く悪循環。
一方、他会場ではコロンビアが先取点。
この時点で日本とセネガルは勝ち点で並ぶが、イエローカードの合計枚数で少ない日本が2位の状態。

そして、3人目の交代枠に長谷部選手を起用すると、日本は最終ラインでボールを回し続ける作戦。
既に敗退が決まっているポーランドも無理に奪おうとせずに淡々と時間が過ぎ、このまま試合終了。

日本はポーランドに負けたものの、コロンビアがセネガルに1−0で勝利。
これでH組の決勝トーナメント進出国は、1位・コロンビア、2位・日本。
日本は2010年の南アフリカ大会以来、2大会ぶりに決勝トーナメントに進出しました。

最後は、普段サッカーを見ない人にとっては「何だこれ?」と思わせる内容でしたが、決勝トーナメントに進出するためには、これ以上の失点も退場者も出せないので、無難な選択でしょう。
でも、5分以上もあんな事をやっていると、高い金払ってスタジアムで観戦している人にとってはブーイングの1つはしたくなるでしょうね。

過去2試合からスタメンを6人入れ替える大胆な起用。
しかし、GKはそのまま。
短気決戦においてGKを変えるのはリスクがあるので、この選択は妥当かなと思います。
東口、中村両選手にしたって、今季のJリーグで安定しているわけではないわけだし。

CBで起用された槙野選手。
前半は攻守に奮闘していますたが、後半にイエローカードを貰ってから、らしさがなくなってしまいましたね。
それでも最終ラインで、よく守っていたと思います。(お世辞抜きに)

正直、この試合で初めてスタメン起用された6人とも、次の試合へのアピールには繋がらなかったと思います。
決勝トーナメント初戦は、コロンビア・セネガル戦のスタメンで行く事になるでしょうね。

いろいろゴタゴタがあって不安だらけの中で始まったW杯。
まさか、決勝トーナメントに進出するとは思いませんでした。
ハリル監督のままだったら、果たしてどうなっていたでしょうね。

(追記)
日本の決勝トーナメント進出の相手はベルギーに決定。
優勝候補の呼び声が高く、G組を3戦全勝で通過したチーム。
何とかいい試合になる事を祈っています。




amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 物語 ポーランドの歴史 - 東欧の「大国」の苦難と再生 (中公新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
何時もお世話になっております。

アジア勢の2大会連続グループリーグ敗退の危機を日本が最後の砦として守り抜いたという試合だったともいます。

この試合だけ観ている人にとって非常に面白くない事でしょうけれど、ここで敗退するのと決勝トーナメントに行く事どちらを選ぶか?と問われたら決勝トーナメントへ行く事を選んだ選択は間違いなく正しいと思います。

フルメンバーだったからと言ってゴールを奪えたか?と言われると難しいところですが、西野監督は人生最大の賭けに勝利したと言えるでしょう。敗退していたらいじめたい人たちがこの状況でも袋叩きなのにさらに袋叩きしていた事でしょうからね。
当初3連敗と言われていた代表が決勝トーナメントですからもう上出来以上です。

ベスト8入りすれば過去最高成績なのでベスト8入りになればこの試合での温存がどれだけ活かされたかと言われるでしょうね。
とはいえベルギーかイングランドなので2位がベストという状況で戦う両チームは逆に戦いづらいだろうと感じながら対戦相手が決まるのを待ちたいと思います。
PGM21
URL
2018/06/29 02:13
 >PGM21さん
日本が決勝トーナメントに進出するためには、あの戦術で良かったと思うし、結果的には吉と出ました。
それにしても決勝トーナメントに進出できるとは思っていませんでした。
決勝トーナメント初戦の相手はベルギーですね。
優勝を狙えるチームとの対戦ですが、何とか接戦に持ち込んでくれたらと期待しています。
FREE TIME
2018/06/30 07:09
こんにちはです。

色々ありましたが、とりあえず決勝トーナメント進出を果たしましたね。
最後のボール回しによる時間稼ぎは賛否両論出ていますが、良い悪いではなくて、結果論で語るしかないでしょうし、仮に普通にサッカーして失点していたら、それはそれで「どうして無理に攻めたんだ?」と批判が出るでしょうし・・・。

次はベルギーですか。厳しい相手ですが、日本がどういう戦い方をするか注目ですね。
うえ
URL
2018/06/30 12:34
 >うえさん
こんにちは。
監督交代などピッチの外で騒動が多かったけど、日本人として、決勝トーナメント進出は素直に嬉しいです。
もしセネガルが同点に追いついていたら、どうなっていた事でしょうか?
もう終わった事なので蒸し返される事がないでしょうけど、賛否両論が多いのも当たり前なのかもしれません。

次の相手はベルギー。
G組を盤石の強さで勝ち上がった国だけに、厳しい戦いになる事が必至ですね。
FREE TIME
2018/06/30 18:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本vsポーランド FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる