FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 遠い1点

<<   作成日時 : 2018/05/13 22:04   >>

トラックバック 0 / コメント 4

Jリーグ第14節。
浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにてサガン鳥栖との対戦。

オリヴェイラ監督就任後、リーグ戦では5試合目となるレッズ。
相手は自動降格圏に低迷するサガン鳥栖。
残留争いに巻き込まれない為にも負けられない戦い。
画像

今日は14時キックオフ。
今季のホームゲームは、これまで16時キックオフだったのに、5月の試合だけ何で14時キックオフなのか、日程が決まった時は疑問だったが、今日に関しては14時キックオフで良かったかも。
でも前半途中から、あんなに雨が強く降るなんて思いませんでした(汗)

スタジアムに到着したのは正午過ぎ。
南広場では丼フェスタをおおなわれていたので、昼食に選んだのが「国産地鶏のカレー丼」(350円)。
相手がサガン鳥栖なので鶏肉を食べようと思った食べたわけですが、何か焦げ臭かった・・・・。
画像

さて、試合の方へ。
立ち上がりからレッズが優位に試合を進めるが、引いて守りを堅める相手の守備を崩せず、ゴール前のパスにも制度を欠くなどして1点が遠く。

対するサガン鳥栖はシュート本数が、前後半合わせてわずか2本。
後半途中にイバルボ選手を投入してカウンターを仕掛けようとするが、レッズの守備陣もそれをさせず。

結局、試合は0−0のドロー。
両チーム勝ち点1を獲得するに留まりました。
画像

雨の中での試合となりましたが、試合も天気同様に冷たい試合内容となっててしまいました。
今季、これまで全試合で失点しているサガン鳥栖に、今季初の無失点試合を献上してしまうとはね。
また得点の雰囲気すら感じないサッカーに逆戻りしてしまっている。
せっかく4万人入ったというのに、こんな試合をしているようでは、新規層獲得なんて夢のまた夢でしょう。

これまでの試合を見ていると、前線の選手よりも中盤の選手に問題があると思います。
中盤が弱いからゲームを支配できず、ドリブルも仕掛けられない上に、前線にいいパスが入らない。
その割には、依然としてDFからボールを繋いでいるスタイルにこだわっているのだから、観ていて歯がゆくなります。
テコ入れしなければならないのは前線ではなく中盤だと、今日の試合でも強く感じましたね。

ここまでレッズの総得点数はリーグワースト2位。
ワースト1位は鹿島だが、1試合少ない事を考慮するとレッズが事実上の最下位と言っていいでしょう。
一方で総失点はリーグ3位タイ。
この数字だけでも、点を取る事が出来れば勝てるという事を証明してくれています。
ただ、その1点が非常に遠い・・・。
画像

レッズの次の試合はルヴァン杯グループリーグ最終節をホーム・埼玉スタジアムでサンフレッチェ広島と対戦。
前節までレッズが首位であるが、最後の試合で負けるような事があると一転してグループリーグ敗退のピンチ。
後がないサンフレッチェとしてはベストメンバーで挑んでくるかもしれません。
リーグ戦では首位を独走するチームに対して、今まで控え中心でルヴァン杯を戦ってきたレッズが、どのようなメンバーで戦ってくるのか気になります。

そして、リーグ戦の次節の対戦相手は、アウェー・パナソニック スタジアム吹田にてガンバ大阪との対戦。
現在16位に低迷しているチームだが、勝ち点差はわずか2。
負けると順位が入れ替わってしまうだけに、この試合も落とせませんね。
次節は、自分も大阪へ行きます。(日帰りですが)
昨年はドローだった吹田スタジアムで、今度は勝ち点3を持って帰りたいです。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ビッグ・ハート 道を切り拓くメンタルの力 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
何時もお世話になっております。

雨の中の観戦お疲れ様でした。

今日の鳥栖のサッカーを観ているとうちがJ2のホームで戦う相手が今日のような感じのサッカーをしてくるんですよね。

明らかに自分たちは下と決め込んで最初から5バックでゴールを堅める鳥栖の場合はカテナチオですが、J2では穴熊です。みんな3バックという言葉が独り歩きしていますが3人が最終ラインなのにどうして破れん?という人はウイングバックが下がって5バックになる事を良くわからない人がいるんですよね。

この5バックの穴熊に裏もないしペナルティエリア内にスペースなんてないですからね。

このサッカーの場合カウンターだけ防げば何も怖くないのですが前掛かりになり過ぎるとカウンターに沈められるだけに今日の浦和は守備はほぼ満点でした。

ただ攻撃となるとどうしてズラタンを使わないんでしょうね?今の浦和で長身で競り勝てる選手ってFWではズラタン位しかいない訳ですからクロスのターゲットがいなかったらそれは鳥栖はクロスを放り込まれても楽にクリアします。

1度攻撃の形を無くしてしまった浦和にとってどういう攻撃を中断期間に構築していくか?そこが最大のカギになるでしょうね。

大阪遠征では是非とも勝ち点3を獲得してほしいと思います。
PGM21
URL
2018/05/13 23:55
 >PGM21さん
いつも、お世話になっております。
昨日の鳥栖のサッカーは勝つ気あるのかと思うようなサッカーでしたが、アウェーで勝ち点1取れればいいとわかるようなサッカーでしたね。
ズラタンは故障していると聞いていますが、仮にいたとしても機能しなかったと思うし、私もズラタンには見切りをつけているので、もう期待もしていません。
それなら岩波を使った方がいいと思います。
大阪遠征では、いい報告ができるようにしたいです。
FREE TIME
2018/05/14 06:30
こんばんはです。
昨日は雨の中お疲れ様でした。昨日は雨の事を考えると14時からで助かりましたね。
ドン引き鳥栖に最後まで守られてしまいましたが、鳥栖の守備が完璧だったとはいえ、レッズの攻撃判断の遅さとラストパスの精度の悪さ、そして受け手もポジショニングが良くないのか全く繋がらずと、あれだけ攻めた割に1発もゴールに繋がらないのも珍しいです。仕掛けない、仕掛けられる選手も居ない上にミドルもなかなか撃てない、うーん、厳しいですね。

順位的にもかなり不味い位置から抜けられないままなので、このままでは本当に不味いですね。ここからオリヴェイラの手腕が発揮される事を期待したいですが・・・。
うえ
URL
2018/05/14 17:52
 >うえさん
こんばんは。
昨日は雨の中お疲れ様でした。
本当にあそこまで引いて堅められると、なかなか点を取るのは難しいけど、それにも増してアイデアのない攻撃では無策と言われても仕方ないですね。
次のガンバ戦が終われば中断期間に入るので、そこから立て直していくしかないですね・・・。
FREE TIME
2018/05/14 23:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
遠い1点 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる