FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 澤村投手の好リリーフで連敗脱出

<<   作成日時 : 2018/05/09 23:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

GWが明けて最初の水曜日。
今日は東京ドームにてジャイアンツvsタイガースの伝統の一戦を観戦しました。

昨日は秋山投手の投打に渡る活躍で9-0で完勝したタイガース。
ジャイアンツは連敗で勝率が5割に逆戻りしてしまったので、今日は負けられない戦い。
先発はジャイアンツ・吉川光夫、タイガース・メッセンジャーの両投手。
画像

試合はジャイアンツが初回に岡本選手と亀井選手の連続タイムリーで幸先よく2点を先制。
ジャイアンツの先発・吉川投手は4回までタイガース打線を無失点に抑えていたが、5回に1点を返されて、6回には先頭から二者連続四球を出してピンチを広げたところで降板。
ジャイアンツは2番手に澤村投手を投入。

その澤村投手はバッテリーエラーで逆転の走者を得点圏に背負ったが三者凡退に抑えてピンチ脱出。
ピンチを脱した直後の6回裏に亀井選手のホームランが出て追加点。
7回も任された澤村投手は、先頭から2連打を打たれたが二塁走者をけん制で刺すなどして再びピンチ脱出。

その後は8回・マシソン、9回・カミネロの投手リレーで逃げ切って試合終了。
ジャイアンツが3−1でタイガースの追い上げを凌いで連敗脱出。
一方、タイガースの連勝は3でストップしました。

両先発を見てタイガースが有利かなと多くの人が思ったと思いますが、勝ったのはジャイアンツ。
やはり勝負事は何が起こるかわかりません。

勝利投手こそ吉川投手でしたが、実質的な勝利投手は6回途中から登板した澤村投手。
6、7回ともに無死一、二塁のピンチを背負いましたが、ともに無失点に抑える投球。
特に6回のピンチに福留選手を三振に抑えた場面と、7回のピンチに二塁走者をけん制でアウトにしたのが見事でした。
画像

打のヒーローは亀井選手。
初回には2点目のタイムリー、6回にはホームランの2打点。
ヒーローインタビューで「岡本さんのおかげです。」を連発したのには笑いましたが、いずれにしても、いい場面で打つことが出来たと思います。

明日の予告先発はジャイアンツ・内海、タイガース・谷川の両投手。
ベテランとルーキーの対決になりますが、果たして勝利投手はどちらに。
カードの勝ち越しもかかっているだけに、両チームのいい試合を期待したいです。
画像

画像

他球場では、ホークス・内川選手が史上51人目の通算2,000本安打。
ファイターズ・清宮幸太郎選手がプロ初ホームランを、それぞれ達成しました。

内川選手は今季は成績が今ひとつで2,000本安打に王手をかけてから2試合足踏みしてしまい、今日の試合でも第3打席までノーヒット。
第4打席で、彼らしいバットコントロールでのヒット。
彼ほどの打者でも記録を目の前に足踏みしてしまうのですね。
しかし、これで重圧から解放されたと思うので、明日以降は本来の打撃を取り戻していけるかなとは思っています。

そして、ファイターズのルーキー・清宮選手がプロ初ホームラン。
1軍に昇格してから6試合連続安打を記録して、今日の試合では第1打席の初球に打った瞬間に、それとわかるホームラン。
やはり並みの選手ではないですね。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 侍ジャパン 内川 聖一 応援タオル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
澤村投手の好リリーフで連敗脱出 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる