FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 2018年セパ交流戦開幕

<<   作成日時 : 2018/05/29 22:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日からセ・パ交流戦が開幕。
近年、パ・リーグがセ・リーグを圧倒していますが、今年はどのような交流戦になるでしょうか。
今日はセ・リーグの主催試合で計6試合行われました。

北海道日本ハム5−3巨人
先発はジャイアンツ・山口俊、ファイターズ・マルティネス。

試合は初回にファイターズが近藤選手の2ランで先制。
対するジャイアンツも3回に坂本選手のホームランで1点を返し、2−1でファイターズリードのまま終盤へ。

7回にファイターズが西川選手に2ランが出て追加点を奪うが、その裏にジャイアンツがゲレーロ選手の特大ホームランで1点を返すも、8回にファイターズが貴重な追加点。
ジャイアンツは9回に亀井選手にホームランが出て反撃に出るが及ばず。
結局、ファイターズが逃げ切って4連勝し、敗れたジャイアンツは5連敗になりました。

千葉ロッテ5−1東京ヤクルト
先発はスワローズ・石川、マリーンズ・石川と、ともに石川同士の先発。

試合はマリーンズが2回に1点を先制。
その後は1−0のまま終盤に入り、7回にマリーンズが清田選手のタイムリーなどで3点を追加。

マリーンズの先発・石川投手は8回途中まで投げて1失点の好投。
結局、マリーンズが逃げ切って初戦をモノにしました。

DeNA9-2東北楽天
先発はベイスターズ・ウィーランド、イーグルス・古川の両投手。

試合は3回裏にベイスターズが1点を先制し、イーグルスが4回表にすぐ同点に追いつくが、ベイスターズは、その裏に宮崎選手のタイムリーなどで2点を取って再びリード。
8回には梶谷選手の3ランなどで一挙6点を追加してダメ押ししてベイスターズがイーグルスに快勝しました。

オリックス8−5中日
先発はドラゴンズ・マルティネス、バファローズの両外国人投手。

試合は初回にドラゴンズが2点を先制。
追いかけるバファローズが5回表に3点を取って逆転したが、ドラゴンズはその裏にアルモンテ選手の2ランなどで3点を取って逆転し、再びリードする。

再びリードを許したバファローズだったが、6回に打者一巡の猛攻で一挙5点を奪って再逆転。
このリードを継投策で逃げ切ってバファローズが逆転勝ちしました。

福岡ソフトバンク1-0阪神
先発はタイガーズ・メッセンジャー、ホークス・岡本。

試合はタイガーズがメッセンジャー投手が1人でホークス打線に立ちふさがれば、ホークスは5回から継投策に入りってしのぎ、8回まで両チーム0行進。
9回からタイガースも継投に入ったが、それが裏目になりホークスが柳田選手のタイムリーで待望の先取点。
その裏に一打サヨナラのピンチを招いたが、森投手が何とか踏ん張ってホークスが1−0で勝利。

尚、この試合で鳥谷選手に出番はなく連続試合出場記録も1,939試合でストップ。
ある意味では節目になる試合となりました。

埼玉西武7−3広島
先発はカープ・中村祐太、ライオンズ・カスティーヨ。

試合はライオンズが初回に幸先良く先制したが、2回にカープが会沢選手の2ランで逆転し、3回にも1点を追加。
対するライオンズも4回に金子侑司選手の満塁走者一掃の3点タイムリーで逆転し、5回には山川選手のホームランで追加点。
結局、ライオンズが7−3でカープに打ち勝って連敗を3でストップ。
一方のカープは3連敗。

まず交流戦開幕試合はパ・リーグの5勝1敗。
DHの使えないセ・リーグの主催試合だったのですが、それでも勝ててしまうというのはリーグ格差でしょうかね。
間もなくロシアW杯も開幕しますが、滅多に見られない対戦が見られるのも交流戦ならでは。
自分も何試合か交流戦を球場で観戦する予定です。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 週刊ベースボール 2018年 6/4 号 特集:交流戦大展望!広島カープ 王者の魂 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2018年セパ交流戦開幕 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる